人気ブログランキング |

「霊的なヨガ」第9章

第9章 「執着の結び目をほどく」

第1段落

(サンスクリット引用)

過去の行いの結果のために物質的な人生に関わることになった人の心の中の強い結び目が緩むとき、人は家と妻と子供への執着から離れます。このようにして人は幻想の基本的な原則(私と私のもの)を放棄し、解放されます。こうして人は超越的な世界に行きます。(SB5.5.9)

第2段落

サドゥーと関わり、献身奉仕にいそしむことによって、知識と実行と非執着の結果として人が徐々に物質的な概念から自由になるとき、心の中の執着の結び目が緩まります。こうして人は制約された人生から自由になり、家へ、至高神のもとへ帰る資格ができます。

第3段落

ここで主リシャバーデヴァは解放の過程を描写していらっしゃいます。解放とは、これ以上物質的な人生がないことを意味し、物質的な人生の基本的な原則は性です。したがってヴェーダの文明は人々にどうやって性的な欲望から自由になるかを訓練することに基づいています。偉大な皇帝ヤームナーチャーリャは、このことに関する自分自身の経験を描写していらっしゃいます。

(サンスクリット引用)

「主クリシュナの蓮の御足への愛を込めた奉仕に私の精魂を捧げて以来、私の人生はそのような奉仕をすることによってもっと超越的で幸せなものとなりました。そして、そのため、たまたま性生活のことを考えると、私はそれをとても不愉快なものと考え、その考えにつばを吐きます。」このような性への嫌悪は、クリシュナを意識した人生に発達したしるしです。

第4段落

堕落の四つの柱は、不正な性交、肉食、陶酔物の摂取、および賭け事です。したがって、私たちは生徒たちにこれらの行いにふけることを禁じます。もしもあなたがクリシュナ意識において発達したいなら、あなたはこれらを放棄しなければなりません。シュリー・チャイタンニャ・マハープラブがこれらのすべての行いを習慣としていたジャガーイとマーダーイを解放なさったとき、主は次のような条件を出されました。「もしもあなたがたがこれらの四つの罪深い生活の原則を放棄することを約束するなら、私はあなたがたを受け入れます。あなたがたが過去にしたことを気にしてはいけません。すべての人は大なり小なり罪深いのです。それは疑いようもないことです。それは資格を剥奪しません。しかし、もしも今これらのことを放棄することに同意するなら、そうすれば直ちにあなたがたは解放されます。」解放はあまり難しくありません。もしもあなたがそれを得たいと欲するなら、すぐに得ることができます。クリシュナはバガヴァッド・ギーターの中でこれを約束なさいます。(18.66)

(サンスクリット引用)

「すべての種類の宗教を放棄し、ただ私に服従しなさい。私はあなたをすべての罪深い反応から解放します。恐れてはなりません。」もしもあなたが罪深い生活の反応から自由であるなら、あなたは解放されています。言い換えると、もしもあなたがクリシュナの蓮の御足に拠り頼み、再び罪に落ちるような行いをしなければ、あなたは解放されています。シュリマッド・バーガヴァタムは解放を(サンスクリット引用)、、、「密度の濃い体と密度の薄い体が自分だ」と考える謝った認識を放棄して、私たちのスヴァルーパに位置していること、、、と定義しています。スヴァルーパは、私たちの本来の正しい立場を意味します。主チャイタンニャはこう説明なさいます。(サンスクリット引用)「生命体の本来の立場は、クリシュナの永遠の従者であるというものです。」そして、私たちが本来の正しい立場に身を置くと同時に、私たちは解放されます。

第5段落

クリシュナは私たちの本来の立場をバガヴァッド。ギーターにおいて非常に簡素に描写なさいます。(サンスクリット引用)「いつも私のことを考え、いつでも私に奉仕できる心積もりでいなさい。それだけです。」バークタ(献身者)はバークティ(献身奉仕)を意味し、バーガヴァーンは至高の人格神を意味します。つまり、人が至高の人格神、主クリシュナへの献身奉仕にいそしむとき、その人は本来の立場におり、解放されています。これは心の中の執着の堅い結び目が緩んでいることを意味します。

第6段落

人は、性的な欲望から始まってますます物質的な執着によって絡まって動きが取れなくなっていること、そしてこれらの執着が彼をしてもっともっと結果を求める行いに深入りさせていることを理解しなければなりません。私たちがこれを理解してこの仕組みから自由になろうとするとき、私たちには家へ、至高神のもとへ帰る資格ができます。ここでリシャバーデヴァはサムパリヴァルタテという言葉を使われます。人は呪縛の原因、、、性、妻、家など、、、から離れて、クリシュナのもとへ立ちもどらなければならない、という意味です。それが解放です。
by ammolitering4 | 2009-07-05 04:30 | 「霊的なヨガ」 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「霊的なヨガ」第10章 「霊的なヨガ」第8章 >>