第5章

第4段落
Although Sri Krsna indicates that He can be easily reached by one who is devoted to Him,
献身的な愛情を持つものは簡単にご自分に手が届く、とシュリー・クリシュナは述べていらっしゃいますが、

there is an element of risk involved for the yogis who practice other methods of yoga.
ヨガの方法を修行しているヨギーには危機的な要素が関わっています。

For them, He has given directions in Bhagavad-gita (8.23) regarding the proper time to leave the gross body.
彼らのために、主は密度の濃い(物質の)体を去るための正しい時間について、バガヴァッド・ギーターの中で方法を示しておられます。

yatra kale tv anavrttim
avrttim caiva yoginah
prayata yanti tam kalam
vaksyami bharatarsabha

"O best of the Bharatas, I shall now explain to you the different times
「おお、バーラタのうちで最も優れた者よ、私は今、異なる時間について説明します。

at which, passing away from this world, one does or does not come back."
それらの時間にこの世界を離れることで、人は戻ってきたり戻ってこなかったりします。」

Here Krsna indicates that if one is able to leave his body at a particular time,
ここでクリシュナは、もし人がある特定の時間にこの世を去ることができれば

he can become liberated, never to return to the material world.
解放されることができ、再び物質的な世界に戻る必要はない、と示しています。

On the other hand, he indicates that if one dies at another time, he has to return.
一方で、もし別の時間に去れば戻って来なければならない、とも述べていらっしゃいます。

There is this element of chance,
このように、偶然の要素があるのです。

but there is no question of chance for a devotee always in Krsna consciousness,
しかし、常にクリシュナ意識にある献身者には偶然の要素が入り込む余地はありません。

for he is guaranteed entrance into the abode of Krsna by dint of his devotion to the Lord.
献身者には、主への献身的な愛の力によってクリシュナのお住まいに入ることが保証されているからです。

agnir jyotir ahah suklah
san-masa uttarayanam
tatra prayata gacchanti
brahma brahma-vido janah

"Those who know the Supreme Brahman pass away from the world during the influence of the fiery god, in the light, at an auspicious moment, during the fortnight of the moon and the six months when the sun travels in the north." (Bg. 8.24)
「至高のブラーマンを知る者は、火のような神の影響のうちに、光の中で、縁起の良い瞬間に、月の出ている2週間の間に、そして太陽が北を巡る6ヶ月のうちに、この世を去ります。」

The sun spends six months on the northern side of the equator and six months on the southern side.
太陽は赤道の北を6ヶ月巡り、南を6ヶ月巡ります。

In Srimad-Bhagavatam we have information that as the planets are moving, so also the sun is moving.
シュリーマッド・バーガヴァタムにおいて、私たちは惑星が動いているように太陽も動いていると知らされています。

If one dies when the sun is situated in the northern hemisphere, he attains liberation.
もし人が太陽が北半球にあるときに死ねば、解放されることができます。

dhumo ratris tatha krsnah
san-masa daksinayanam
tatra candramasam jyotir
yogi prapya nivartate
sukla-krsne gati hy ete
jagatah sasvate mate
ekaya yaty anavrttim
anyayavartate punah

"The mystic who passes away from this world during the smoke, the night, the moonless fortnight, or in the six months when the sun passes to the south, or who reaches the moon planet, again comes back.
「煙(のような神の影響)のうちに、夜、月のない2週間のうちに、あるいは太陽が南を巡る6ヶ月の間にこの世を去る神秘主義者、あるいは月に至った者は、再び戻ってこなければなりません。

According to the Vedas, there are two ways of passing from this world--
ヴェーダによれば、この世を去るには二つの方法があります。

one in light and one in darkness.
光の中と闇の中です。

When one passes in light, he does not come back;
光の中で去るとき、人は戻ってくる必要がありません。

but when one passes in darkness, he returns." (Bg. 8.25-26)
しかし、闇の中で去れば、戻ってこなければなりません。」

第5段落
This is all by chance.
これらはすべて偶然によります。

We do not know when we are going to die,
私たちは、自分がいつ死ぬか分かりません。

and we may die accidentally at any time.
何らかの事故で急に死ぬかもしれません。

But for one who is a bhakti-yogi, who is established in Krsna consciousness,
しかし、バクティ・ヨギー、すなわち確固たるクリシュナ意識の持ち主には、

there is no question of chance.
偶然の入り込む余地はありません。

He is always sure.
いつでも確実なのです。

naite srti partha janan
yogi muhyati kascana
tasmat sarvesu kalesu
yoga-yukto bhavarjuna

"The devotees who know these two paths, O Arjuna, are never bewildered.
「これらの二つの道を知る者は、おお、アルジュナよ、決して惑わされません。

Therefore, be always fixed in devotion." (Bg. 8.27)
だから、いつも確かな献愛の心を持っていなさい。」
by ammolitering4 | 2008-04-11 03:16 | 「生と死の彼方に」


<< 第5章 第6段落より 第5章 第1段落より >>