第2章15段落より

第15段落
It is of utmost importance, therefore, that we know the nature of our constitutional position:
したがって、私たちが本来の立場を知ることは何よりも大事なことなのです。

we want eternity, complete knowledge, and also pleasure.
私たちは永遠性と完全な知識と喜びを欲する存在です。

When we are left alone for a long time in the impersonal brahmajyoti, we cannot have pleasure, and therefore we accept the pleasure given by the material world.
長い間たった一人でブラーマジョティの中に放っておかれると、喜びを得ることができないので、物質世界が与えてくれる喜びを受け入れます。

But in Krsna consciousness, real pleasure is enjoyed.
しかしクリシュナを意識していると本物の喜びを楽しむことができます。

In the material world it is generally accepted that the highest pleasure is sex.
物質世界では一般に最高の快楽は性行為であると理解されています。

This is a perverted reflection of the sex pleasure in the spiritual world, the pleasure of association with Krsna.
これはクリシュナと関わることの喜びという霊的世界における性の喜びが歪んだ形で反映されたものです。

But we should not think that the pleasure there is like the sex pleasure in the material world.
しかし、私たちはそこでの喜びが物質世界での性的な喜びのようなものだと考えてはなりません。

No, it is different.
それは異なっているのです。

But unless sex life is there in the spiritual world, it cannot be reflected here.
しかし、霊的世界に性生活がなければここに反映されることもありません。

Here it is simply a perverted reflection, but the actual life is there in Krsna, who is full of all pleasure.
ここではそれは単なる歪んだ反映に過ぎませんが、本当の生活はすべての喜びに満ち溢れたクリシュナの中にあるのです。

Therefore, the best process is to train ourselves now, so that at the time of death we may transfer ourselves to the spiritual universe, to Krsnaloka, and there associate with Krsna.

したがって、最良の方法は今自分自身を訓練して、死のときに霊的宇宙へ、クリシュナロカへと移行して、クリシュナと関わることができるようにすることです。

In Brahma-samhita (5.29) Sri Krsna and His abode are described thus:
ブラーマ・サムヒター(5.29)に、シュリー・クリシュナと主のお住まいが以下のように描写されています。

cintamani-prakara-sadmasu kalpa-vrksalaksavrtesu
surabhir abhipalayantam
laksmi-sahasra-sata-sambhrama-sevyamanam
govindam adi-purusam tam aham bhajami

"I worship Govinda, the primeval Lord, the first progenitor,
「私は父祖の初めであり太古の主であるゴヴィンダを崇拝します。

who is tending the cows, fulfilling all desire,
主は牛の世話をし、すべての望みを叶え、

in abodes built with spiritual gems, surrounded by millions of wish-fulfilling trees,
そのお住まいは霊的な宝珠で作られ、何百万という望みを叶える木々に囲まれ、

always served with great reverence and affection by hundreds and thousands of laksmis, or gopis."
いつも大いなる尊敬と愛情をもって何百何千というラクシュミ、すなわちゴピー(牛飼いの娘)たちがお仕えしています。」

This is a description of Krsnaloka.
これがククリシュナロカの描写です。

The houses are made of what is called "touchstone."
家々は「タッチストーン」というもので作られています。

Whatever touchstone touches immediately turns into gold.
タッチストーンが触れたものは、何でもすぐに黄金に変わります。

The trees are wish-fulfilling trees, or "desire trees," for one can receive from them whatever he wishes.
木々は「望みの木」と呼ばれる、望みを叶える木です。何でも望むものをそれらの木々から得ることができるからです。

In this world we get mangoes from mango trees and apples from apple trees, but there from any tree one can get whatever he desires.
この世界ではマンゴーの木からはマンゴーを、リンゴの木からはリンゴを得ることができますが、そこではどの木からでも何でも欲しいものを得ることができます。

Similarly, the cows are called surabhi, and they yield an endless supply of milk.
同様に、牛はスラブヒと呼ばれ、無限に牛乳を与えてくれます。

These are descriptions of the spiritual planets found in Vedic scriptures.
これらがヴェーダ文献に見られる霊的な天体の描写です。

第16段落
In this material world we have become acclimatized to birth, death, and all sorts of suffering.
この物質世界で、私たちは生や死や様々な苦しみに慣れてしまいました。

Material scientists have discovered many facilities for sense enjoyment and destruction,
物質的な科学者たちは感覚的な快楽と破壊のための多くの設備を発明しました。

but they have discovered no solution to the problems of old age, disease, and death.
しかし、彼らは老と病と死という問題に対しては何の解決策も見出していません。

They cannot make any machine that will check death, old age, or disease.
彼らは死と老と病を食い止める機械を作ることはできません。

We can manufacture something that will accelerate death, but nothing that will stop death.
私たちは死を加速させるものを作ることはできますが、死を止めるものを作ることはできません。

Those who are intelligent, however, are not concerned with the fourfold miseries of material life, but with elevation to the spiritual planets.
しかし、知性的な者は物質生活の四重の悲惨さには関心がありません。その代わり、霊的な天体への昇格に興味があるのです。

One who is continuously in trance (nityayuktasya yoginah) does not divert his attention to anything else.
永続的に恍惚状態(ニッチャ・ユクタシャ・ヨギナー)にある者は、他の何事にも関心をそらしません。

He is always situated in trance.
その人は常に恍惚状態にあります。

His mind is always filled with the thought of Krsna, without deviation (ananya-cetah satatam).
その人の心は常に、それることなくクリシュナのことで満たされています。(アナニャ・セター・サタタム)

Satatam refers to anywhere and any time.
「サタタム」は、「いつでもどこでも」と意味します。

第17段落
In India I lived in Vrndavana, and now I am in America, but this does not mean that I am out of Vrndavana,
インドでは私はヴリンダーヴァナに住んでいました。今はアメリカにいますが、だからといってヴリンダーヴァナにいないわけではありません。

because if I think of Krsna always, then I'm always in Vrndavana, regardless of the material designation.
なぜなら、私がいつもクリシュナのことを思うなら、物質的な場所の如何にかかわらず、私はいつもヴリンダーヴァナにいるからです。

Krsna consciousness means that one always lives with Krsna on that spiritual planet, Goloka Vrndavana, and that one is simply waiting to give up this material body.
クリシュナを意識しているということは、その人がゴロカ・ヴリンダーヴァナというその霊的な天体に常にクリシュナと共に住んでいるということ、そして、単にこの物質の体を捨てるときを待っているに過ぎないということを意味しています。

Smarati nityasah means "continuously remembering," and for one who is continuously remembering Krsna, the Lord becomes tasyaham sulabhah--easily purchased.
「スマラティ・ニチャサー」は、「永続的に思い出していること」を意味し、永続的にクリシュナを思い出している者にとっては、主は簡単に買い求めることのできる存在「タシャーハム・スラブハー」となります。

Krsna Himself says that He is easily purchased by this bhakti-yoga process.
クリシュナ御自身が、自分はこのバクティ・ヨガの方法で簡単に買い入れられる、とおっしゃいます。

Then why should we take to any other process?
それなら、なぜ他の方法に目をくれる必要があるでしょう。

We can chant Hare Krsna, Hare Krsna, Krsna Krsna, Hare Hare. Hare Rama, Hare Rama, Rama Rama, Hare Hare twenty-four hours daily.
私たちは毎日24時間「ハレ・クリシュナ、ハレ・クリシュナ、クリシュナ、クリシュナ、ハレ、ハレ。ハレ・ラーマ、ハレ・ラーマ、ラーマ、ラーマ、ハレ、ハレ」を唱えることができます。

There are no rules and regulations.
難しい規則は何もありません。

One can chant in the street, in the subway, or at his home or office.
路上でも、地下鉄でも、家でも、職場でも、唱えることができます。

There is no tax and no expense.
税金も費用もかかりません。

So why not take to it?
ぜひ実行してください。

“Excerpted from “Beyond Birth and Death” by A.C. Bhaktivedanta Swami Prabhupada, courtesy of the Bhaktivedanta Book Trust International, www.Krishna.com.”
This book and electronic file is Copyright 1972-2003 Bhaktivedanta Book Trust International, 3764 Watseka Avenue, Los Angeles, CA 90034, USA.
All rights reserved.
[PR]
by ammolitering4 | 2008-03-28 13:08 | 「生と死の彼方に」


<< 第3章 1段落から 第2章11段落より >>