第2章11段落より

第11段落
Om ity ekaksaram brahma:

at the point of death the yogi can pronounce om, omkara, the concise form of transcendental sound vibration.
ヨギーは死のときに超越的な音の振動の簡潔な形であるオーム、オームカーラを発音することができます。

If the yogi can vibrate this sound and at the same time remember Krsna, or Visnu (mam anusmaran), he attains the highest goal.
もしもヨギーがこの音を振動させることができて、同時にクリシュナを、すなわちヴィシュヌ(マーム・アヌスマラン)を覚えていることができれば、そのヨギーは最高の目的地に至ることができます。

It is the process of yoga to concentrate the mind on Visnu.
ヨガの過程というのは心をヴィシュヌに集中させることなのです。

The impersonalists imagine some form of the Supreme Lord, but the personalists do not imagine this; they actually see.
非人格主義者は何らかの至高主の形を想像しますが、人格主義者はそれを想像するのではなく、実際に見るのです。

Whether one imagines Him or actually sees Him, one has to concentrate his mind on the personal form of Krsna.
クリシュナの姿を想像するのであれ、実際に見るのであれ、人はクリシュナの人格的な形に心を集中させなければなりません。

ananya-cetah satatam
yo mam smarati nityasah
tasyaham sulabhah partha
nitya-yuktasya yoginah

"For one who remembers Me without deviation, I am easy to obtain, O son of Prtha, because of his constant engagement in devotional service." (Bg. 8.14)
「おお、プリサーの息子よ、わき目を振ることなく私を覚えている者は、簡単に私を手に入れます。常に献身的な奉仕に携わっているからです。」

第12段落
Those who are satisfied with temporary life, temporary pleasure, and temporary facilities are not to be considered intelligent, at least not according to Bhagavad-gita.
(他での判断がどうあれ)少なくともバガヴァッド・ギーターによれば、一時的な生命、一時的な喜び、そして一時的な設備に満足している者はあまり知性的ではありません。

According to the Gita, one whose brain substance is very small is interested in temporary things.
ギーターによると、脳の内容が大変乏しい者は一時的な物に興味を持ちます。

We are eternal, so why should we be interested in temporary things?
私たちは永遠です。それなら、なぜ一時的なものに関心を持たなければならないのでしょう。

No one wants a nonpermanent situation.
非永遠な状況を望む者はいません。

If we are living in an apartment and the landlord asks us to vacate, we are sorry,
アパートに住んでいて家主に「出て行ってくれ」と言われたら、悲しく思うでしょう。

but we are not sorry if we move into a better apartment.
しかし、もっといいアパートに移るのであれば悲しくはありません。

It is our nature, because we are permanent, to want permanent residence.
私たちは永遠なので、永遠の住まいを求めるのは本来の性質なのです。

We don't wish to die, because in actuality we are permanent.
私たちは本当は恒久的な存在なので、死にたくありません。

Nor do we want to grow old or be diseased, because these are all external or nonpermanent states.
また、老いたり病気になったりすることも望みません。これらはどれも外的な、あるいは非恒久的な状態だからです。

Although we are not meant to suffer from fever, sometimes fever comes, and we have to take precautions and remedies to get well again.
私たちは元来は熱にうなされたりするはずではないのですが、時には熱が出ます。そして、熱が出ないように予防したり、良くなるために薬を飲んだりしなければなりません。

The fourfold miseries are like a fever, and they are all due to the material body.
四重の悲惨さは熱のようなもので、どれも物質の体に起因します。

If somehow we can get out of the material body, we can escape the miseries that are integral with it.
もしも何とかして物質の体から抜け出すことができれば、それに必ず付き物の悲惨さからも逃れることができます。

第13段落
For the impersonalists to get out of this temporary body, Krsna here advises that they vibrate the syllable om.
クリシュナはここで、非人格主義者のために、この一時的な体から抜け出すためにオームの音節を振動させることを薦めています。

In this way they can be assured of transmigration into the spiritual world.
こうすることで、彼らは確実に霊的世界に移行することができます。

However, although they may enter the spiritual world, they cannot enter into any of the planets there. '
しかし、彼らは霊的世界に入ることはできても、そこにある天体には入れません。

They remain outside, in the brahmajyoti.
彼らは外側であるブラーマジョティに留まります。

The brahmajyoti may be compared to the sunshine, and the spiritual planets may be compared to the sun itself.
ブラーマジョティは太陽光と、霊的な天体は太陽そのものと比較することができます。

In the spiritual sky the impersonalists remain in the effulgence of the Supreme Lord, the brahmajyoti.
霊的な天空の中で、非人格主義者たちは至高主の光輝であるブラーマジョティの中に留まります。

The impersonalists are placed in the brahmajyoti as spiritual sparks, and in this way the brahmajyoti is filled with spiritual sparks.
非人格主義者たちは霊的な火花としてブラーマジョティに置かれ、このようにしてブラーマジョティは霊的な輝きで満ちるのです。

This is what is meant by merging into the spiritual existence.
霊的な存在への同化というのは、このような状態を指します。

It should not be considered that one merges into the brahmajyoti in the sense of becoming one with it;
しかし、人がブラーマジョティに同化することを、それと一つになることとして考えるべきではありません。

the individuality of the spiritual spark is retained, but because the impersonalist does not want to take a personal form, he is found as a spiritual spark in that effulgence.
霊的な火花の個体性は維持され、しかし非人格主義者たちは人格的な形を取りたくないので、光輝の中の一粒の火花となるのです。

Just as the sunshine is composed of so many atomic particles, so the brahmajyoti is composed of so many spiritual sparks.
ちょうど太陽の光が無数の原子の粒から成るように、ブラーマジョティは無数の霊的な火花から成ります。

第14段落
However, as living entities we want enjoyment.
しかし、生命体として私たちは楽しみを求めます。

Being, in itself, is not enough.
存在することは、それだけでは十分ではないのです。

We want bliss (ananda) as well as being (sat).
私たちは存在すること(サット)だけでなく幸せ(アーナンダ)をも欲します。

In his entirety, the living entity is composed of three qualities--eternality, knowledge, and bliss.
生命体は、その完全な姿においては、永遠性、知識、幸福という3つの性質から成ります。

Those who enter impersonally into the brahmajyoti can remain there for some time in full knowledge that they are now merged homogeneously with Brahman,
非人格的にブラーマジョティに入る者は、いまやブラーマンと同質に融合したということを完全に知りつつ、しばらくの間そこに留まることができます。

but they cannot have that eternal ananda, bliss,
しかし、彼らはその永遠のアーナンダ、幸福を得ることができません。

because that part is wanting.
その部分が欠けているからです。

One may remain alone in a room for some time and may enjoy himself by reading a book or engaging in some thought,
人はしばらくの間は部屋で一人で本など読んだり考え事をしたりして楽しく過ごすことができます。

but it is not possible to remain in that room for years and years at a time, and certainly not for all eternity.
しかし、何年も何年もその部屋でそうしていることはできません。そして、当然ながらずっと永遠にそうしていることはできません。

Therefore, for one who merges impersonally into the existence of the Supreme, there is every chance of falling down again into the material world in order to acquire some association.
だから、非人格的に至高存在に同化する者にとっては、何らかの人格的な関わりを得るために物質界に転落する恐れが常に待ち受けているのです。

This is the verdict of Srimad-Bhagavatam.
これがシュリマッド・バーガヴァタムの結論です。

Astronauts may travel thousands and thousands of miles, but if they do not find rest on some planet, they have to return again to earth.
宇宙飛行士は何千キロも何万キロも旅するでしょうが、どこかの星に安らぎを見つけることができなければ、またこの地球に戻ってこなければなりません。

In any case, rest is required.
どうあろうと休息は必要なのです。

In the impersonal form, rest is uncertain.
非人格的な形では、安らぎは不確実です。

Therefore Srimad-Bhagavatam says that even after so much endeavor, if the impersonalist enters into the spiritual world and acquires an impersonal form, he returns again into the material world because of neglecting to serve the Supreme Lord in love and devotion.
そのため、シュリマッド・バーガヴァタムは、「どんなに大変な努力をしても、非人格主義者が霊的な世界に入って非人格的な形を得れば、至高主に愛と献身をもって仕えないので、再び物質界に戻ってくる」と述べています。

As long as we are here on earth, we must learn to practice to love and serve Krsna, the Supreme Lord.
この地上にいる限り、私たちはクリシュナを、至高主を愛して仕えることを学ばなければなりません。

If we learn this, we can enter into those spiritual planets.
これを学ぶことができれば、私たちは霊的な天体に入ることができます。

The impersonalist's position in the spiritual world is nonpermanent, for out of loneliness he will attempt to acquire some association.
霊的な世界での非人格主義者の立場は非永遠であり、淋しさから何らかの人格的な関わりを持とうとします。

Because he does not associate personally with the Supreme Lord, he has to return again to the world and associate with conditioned living entities there.
(しかし)非人格主義者は至高主と人格的な関わりを持たないので、(物質)世界に戻ってそこにいる制約された生命体たちと関わらねばならないのです。
by ammolitering4 | 2008-03-28 07:25 | 「生と死の彼方に」


<< 第2章15段落より 第2章第6段落より >>