第2章第6段落より

第6段落
At this point the yogi determines where he is to go.
この時点でヨギーはどこに行くのかを決めます。

In the material universe there are innumerable planets, and beyond this universe there is the spiritual universe.
物質的な宇宙には無数の天体があり、この宇宙の外には霊的な宇宙があります。

The yogis have information of these places from Vedic literatures.
ヨギーはヴェーダ文献からこれらの場所に関する情報を得ています。

Just as one going to America can get some idea what the country is like by reading books, one can also have knowledge of the spiritual planets by reading Vedic literatures.
アメリカへ行こうとする人が本を読んでそこがどんなところかを幾らか知ることができるように、人はヴェーダ文献を読んで霊的な天体に関する知識を得ることができるのです。

The yogi knows all these descriptions, and he can transfer himself to any planet he likes, without the help of spaceships.
ヨギーはこれらすべての描写を知っており、宇宙船の助け無しにどこでも好きな天体に自分を移行させることができます。

Space travel by mechanical means is not the accepted process for elevation to other planets.
機械的な手段による宇宙旅行は、他の天体への昇格のために認められた方法ではありません。

Perhaps with a great deal of time, effort, and money a few men may be able to reach other planets by material means--spaceships, space suits, etc.--but this is a very cumbersome and impractical method.
もしかしたら、多大な時間と労力と資金をつぎ込めば、宇宙船や宇宙船などの機械的な方法でほんの2-3人は他の天体に行きつけるかもしれませんが、これはとてもやっかいで非現実的な方法です。

In any case, it is not possible to go beyond the material universe by mechanical means.
どちらにしても、機械的な方法では物質宇宙の外へ行くことはできません。

第7段落
The generally accepted method for transferral to higher planets is the
practice of the meditational yoga system or jnana system.
高位の天体へ移行するための方法として一般的に認められているのは、ジナーヤ方式と呼ばれる瞑想的なヨガ体系です。

The bhakti-yoga system, however, is not to be practiced for transferral to any material planet,
ひるがえって、バクティ・ヨガ体系は物質的な天体への移行のために実践されるものではありません。

for those who are servants of Krsna, the Supreme Lord, are not interested in any planets in this material world
至高主であるクリシュナに仕える者は、この物質世界のどの天体にも興味がないからです。

because they know that on whatever planet one enters in the material sky, the four principles of birth, old age, disease, and death are present.
彼らは物質宇宙のどの天体に入っても生老病死という4つの原理が存在することを知っているからです。

On higher planets, the duration of life may be longer than on this earth, but death is there nonetheless.
高位の天体ではこの地球上より寿命は長いでしょうが、それでも死はあります。

By "material universe" we refer to those planets where birth, old age, disease, and death reside, and by "spiritual universe" we refer to those planets where there is no birth, old age, disease, and death.
「物質宇宙」と言うとき、私たちは生老病死が存在する場所を指し、「霊的宇宙」はそれらが存在しない場所を指しています。

Those who are intelligent do not try to elevate themselves to any planet within the material universe.
知性ある者は、物質宇宙の中のどの天体へも昇格しようとはしません。

第8段落
If one tries to enter higher planets by mechanical means, instant death is assured,
もし人が機械的な手段で高位の天体に入ろうとすれば、瞬間的な死は確実です。

for the body cannot stand the radical changes in atmosphere.
体は環境の急激な変化に耐えられないからです。

But if one attempts to go to higher planets by means of the yoga system, he will acquire a suitable body for entrance.
しかし、もし人がヨガの体系という手段で高位の天体に行こうとするなら、その天体での誕生に適した体を得るでしょう。

We can see this demonstrated on this earth,
このことは、この地球上でも例を見ることができます。

for we know it is not possible for us to live in the sea, in a watery atmosphere, nor is it possible for aquatics to live on the earth.
私たちは水の中という環境の海中には住めませんし、水生生物が地上に住めないことも知っています。

As we understand that even on this planet one has to have a particular type of body to live in a particular place, so a particular type of body is required for other planets.
この地上でさえ特定の場所に住むには特定の体を持たねばならないことからも分かるように、他の天体に住むにもそれなりの体が必要です。

On the higher planets, bodies live much longer than on earth, for six months on earth is equal to one day on the higher planets.
高位の天体では体は地上でよりずっと長持ちします。地上の6ヵ月が1日に相当するからです。

Thus the Vedas describe that those who live on higher planets live upward to ten thousand earth years.
このように、ヴェーダでは高位の天体の住人の寿命は1万年以上だと描写しています。

Yet despite such a long life span, death awaits everyone.
しかし、そのように長い寿命にも関わらず、誰もが死を迎えます。

Even if one lives twenty thousand or fifty thousand or even millions of years, in the material world the years are all counted, and death is there.
たとえ人が2万年生きようと、5万年生きようと、何百万年生きようと、物質世界ではきっちりと年月が数えられ、死が待ち受けています。

How can we escape this subjugation by death?
どうやってこのような死による征服を逃れることができるでしょうか。

That is the lesson of Bhagavad-gita.
それがバガヴァッド・ギーターの教えです。

na jayate mriyate va kadacin
nayam bhutva bhavita va na bhuyah
ajo nityah sasvato 'yam purano
na hanyate hanyamane sarire

"For the soul there is never birth nor death.
「魂には生も死もありません。

Nor, once having been, does he ever cease to be.
また、一旦存在すると、存在しなくなることもありません。

He is unborn, eternal, ever-existing, undying, and primeval.
魂は生まれず、永遠であり、常に存在し、死なず、太古の存在です。

He is not slain when the body is slain." (Bg. 2.20)
魂は体が死んでも死にません。」

第9段落
We are spirit soul, and as such we are eternal.
私たちは霊魂なので、したがって永遠です。

Why, then, should we subject ourselves to birth and death?
では、なぜ私たちは自らに生と死を運命付けるのでしょう。

One who asks this question is to be considered intelligent.
この問いかけをする者は知性のある者です。

Those who are Krsna conscious are very intelligent,
クリシュナを意識している者は大変知性的です。

because they are not interested in gaining entrance to any planet where there is death.
彼らはどこであれ死の待つ天体には入ろうと思わないからです。

They will reject a long duration of life in order to attain a body like God's.
神のそれに似た体を得るためには、彼らは長い寿命を退けます。

Isvarah paramah krsnah sac-cid-ananda-vigrahah.

Sat means "eternal," cit means "full of knowledge," and ananda means "full of pleasure."
「サット」は「永遠」を、「スィット」は「あふれる知識」を、そして「アーナンダ」は「あふれる喜び」を意味します。

Krsna is the reservoir of all pleasure.
クリシュナはすべての喜びの宝庫なのです。

If we transfer ourselves from this body into the spiritual world--either to Krsnaloka (Krsna's planet) or any other spiritual planet--we will receive a similar sac-cid-ananda body.
霊的な世界に移行すれば、それが(クリシュナの天体である)クリシュナロカであれ、他の霊的な天体であれ、私たちは(クリシュナの体に)似たサック・スィット・アーナンダな(永遠で知識と喜びに溢れた)体を受け取るのです。

Thus the aim of those who are in Krsna consciousness is different from those who are trying to promote themselves to higher planets within this material world.
このように、クリシュナ意識の者の目的はこの物質世界の中の高位の天体に昇格しようとしている者とは異なるのです。

第10段落
The self, or soul, of the individual is a minute spiritual spark.
個人の自己、すなわち魂は、微細で霊的な輝きです。

The perfection of yoga lies in the transferral of this spiritual spark to the top of the head.
ヨガの完成は、この霊的な輝きを頭の頂上に移動させることによって完成します。

Having attained this, the yogi can transfer himself to any planet in the material world, according to his desire.
この過程に成功すると、ヨギーは物質世界の中のどこであれ、望む天体に移行することができます。

If the yogi is curious to know what the moon is like, he can transfer himself there,
月がどんなところか知りたいという好奇心を持っているヨギーは、そこに行くことができます。

or if he is interested in higher planets, he can transfer himself there,
高位の天体に興味があるなら、そこに行けます。

just as travelers go to New York, Canada, or other cities on the earth.
旅行者が地球上でニューヨークなりカナダなり他の街なりに行くのと同じようなものなのです。

Wherever one goes on earth, he finds the same visa and customs systems operating,
地球上では、どこに行っても同じように査証や税関の制度が機能しています。

and on all the material planets one can similarly see the principles of birth, old age, disease, and death operating.
そして、物質的な天体も同じくどこに行っても生老病死という原理が機能しています。
by ammolitering4 | 2008-03-28 07:16 | 「生と死の彼方に」


<< 第2章11段落より 第2章一段落から >>