人気ブログランキング |

第1章18段落より

第18段落

God expanded into many, and we constitute those expansions.
神はご自身を多くの拡張体に広げました。私たちはこれらの拡張体の一部なのです。

God is one without a second, but He willed to become many in order to enjoy.
神は比べるもののない唯一最高の存在ですが、楽しむために多数になろうと望みました。

We have experience that there is little or no enjoyment in sitting alone in a room talking to oneself.
私たちは経験上、部屋に一人で座って独り言を言ってもほとんど、あるいは全く楽しくないことを知っています。

However, if there are five people present, our enjoyment is enhanced,
しかし、そこに5人いれば楽しみは増しますし、

and if we can discuss Krsna before many, many people, the enjoyment is all the greater.
多くの人々の前でクリシュナのことを語ることができれば楽しみはなおさら大きくなります。

Enjoyment means variety.
楽しみとは多様性を意味するのです。

God became many for His enjoyment, and thus our position is that of the enjoyed.
神はご自分の楽しみのためにたくさんになりました。そして、私たちの立場は楽しまれる者のそれです。

That is our constitutional position and the purpose for our creation.
それが私たちの本来の立場であり、私たちが創造された目的です。

Both enjoyer and enjoyed have consciousness,
楽しむ者と楽しまれる者は、どちらも意識を持っています。

but the consciousness of the enjoyed is subordinate to the consciousness of the enjoyer.
しかし、楽しまれる者の意識は楽しむ者の意識に従属しています。

Although Krsna is the enjoyer and we the enjoyed, the enjoyment can be participated in equally by everyone.
クリシュナが楽しむ者であって私たちは楽しまれる者ではありますが、楽しさはすべての者に平等に及びます。

Our enjoyment can be perfected when we participate in the enjoyment of God.
私たちの楽しみは、私たちが神の楽しみに参加するときに完成します。

There is no possibility of our enjoying separately on the bodily platform.
身体的な水準で、私たちだけが神から離れて楽しむことは不可能です。

Material enjoyment on the gross bodily platform is discouraged throughout Bhagavad-gita.
バガヴァッド・ギーター全体を通して、密度の濃い物質である身体の水準での物質的な楽しみを思いとどまるよう語られています。

matra-sparsas tu kaunteya
sitosna-sukha-duhkha-dah
agamapayino 'nityas
tams titiksasva bharata

"O son of Kunti, the nonpermanent appearance of heat and cold, happiness and distress, and their disappearance in due course, are like the appearance and disappearance of winter and summer seasons.
「おお、クンティーの息子よ、熱と冷たさ、幸せと不幸せが現れては消える非永遠なる様子は、冬や夏の季節が訪れては去るようなものです。

They arise from sense perception, O scion of Bharata, and one must learn to tolerate them without being disturbed." (Bg. 2.14)
どれも感覚認知が原因なのです。おお、バーラタの末裔なる者よ、人はこれらに惑わされずに耐えることを学ばなければなりません。」

The gross material body is a result of the interaction of the modes of material nature, and it is doomed to destruction.
密度の濃い物質の体は物質自然の相の相互作用の結果であり、いずれ破壊される運命にあります。

antavanta ime deha
nityasyoktah saririnah
anasino 'prameyasya
tasmad yudhyasva bharata

"Only the material body of the indestructible, immeasurable, and eternal living entity is subject to destruction;
「破壊され得ず、測り知れず、永遠なる生命体の、単に物質的な体だけが破壊される運命にあります。

therefore, fight, O descendant of Bharata." (Bg. 2.18)
だから、おお、バーラタの子孫よ、戦いなさい。」

Sri Krsna therefore encourages us to transcend the bodily conception of existence and attain to our actual spiritual life.
シュリー・クリシュナは、そのため、存在の物質的な概念を超越して本来の霊的な人生に到達するように私たちに勧めます。

gunan etan atitya trin
dehi deha-samudbhavan
janma-mrtyu jara-duhkhair
vimukto 'mrtam asnute

"When the embodied being is able to transcend these three modes [goodness, passion, and ignorance], he can become free from birth, death, old age, and their distresses and can enjoy nectar even in this life." (Bg. 14.20)
「体に閉じ込められた者がこれらの3つの相(善、熱情、無明)を超越することができるとき、その者は生、死、老と苦しみから解放され、現在の人生においてさえ甘露を楽しむことができます。」

第19段落
To establish ourselves on the pure brahma-bhuta spiritual platform, above the three modes, we must take up the method of Krsna consciousness.
純粋なるブラーマ・ブータの霊的な水準に、3つの相を超えたところに自己を確立するために、私たちはクリシュナ意識という手段を用いなければなりません。

The gift of Caitanya Mahaprabhu, the chanting of the names of Krsna- Hare Krsna, Hare Krsna, Krsna Krsna, Hare Hare. Hare Rama, Hare Rama, Rama Rama, Hare Hare--facilitates this process.
チャイタンニャ・マハープラブは、私たちにクリシュナの名前を唱えることという贈り物を下さいました。ハレ・クリシュナ、ハレ・クリシュナ、クリシュナ、クリシュナ、ハレ、ハレ、ハレ・ラーマ、ハレ・ラーマ、ラーマ、ラーマ、ハレ、ハレ。御名を唱えることで、霊的な水準に自己を確立する過程が容易になります。

This method is called bhakti-yoga or mantra-yoga, and it is employed by the highest transcendentalists.
この方法は、バクティ・ヨガ、またはマントラ・ヨガと呼ばれ、最高位の超越主義者たちによって用いられています。

How the transcendentalists realize their identity beyond birth and death, beyond the material body, and transfer themselves from the material universe to the spiritual universes are the subjects of the following chapters.
この後に続く章では、超越主義者たちがいかにして生と死と物質の体を越えたところにある自己を認識し、自らを物質宇宙から霊的な宇宙に移行させるのかという主題について論じていきます。
by ammolitering4 | 2008-03-23 10:49 | 「生と死の彼方に」


<< プラブパーダのメッセージ 第一章15段落より >>