第一章15段落より

第15段落

The body must be considered a diseased condition.
体(を持っている状態)は病気であると考えねばなりません。

A diseased man cannot enjoy himself properly;
病人は感覚を正しく使うことができません。(直訳は、「自分自身を正しく楽しむ事ができません」)

a man with jaundice, for instance, will taste sugar candy as bitter, but a healthy man can taste its sweetness.
例えば、黄疸患者は砂糖菓子を苦いと感じますが、健康な人は甘さを感じることができます。

In either case, the sugar candy is the same, but according to our condition it tastes different.
どちらの場合も砂糖菓子は同じものですが、私たちの在り様によって異なる味に感じられます。

Unless we are cured of this diseased conception of bodily life, we cannot taste the sweetness of spiritual life.
同様に、体を持って生きているという病的な状態が治らない限り、霊的な生活の甘さが味わえません。(直訳、「身体的な生活というこの病的な概念が治癒しない限り」)

Indeed, it will taste bitter to us.
実に、霊的な生活が苦く感じられるのです。

At the same time, by increasing our enjoyment of material life, we are further complicating our diseased condition.
同時に、物質的な生活の楽しみを増すことで、私たちはさらに病状を悪化されています。

A typhoid patient cannot eat solid food,
腸チフス患者は固体食を食べることができません。

and if someone gives it to him to enjoy, and he eats it, he is further complicating his malady and is endangering his life.
誰かが「食べたいだろうから」と与えて、その患者がそれを食べると、病状が悪化して命を危険にさらすのです。

If we really want freedom from the miseries of material existence, we must minimize our bodily demands and pleasures.
もしも私たちが本当に物質的な存在の悲惨さからの解放を望むのであれば、身体的な欲求と快楽を最小限に抑えなければなりません。

第16段落

Actually, material enjoyment is not enjoyment at all.
実際のところ、物質的な快楽は本当は全く快楽ではないのです。

Real enjoyment does not cease.
本当の快楽は消えることがありません。

In the Mahabharata there is a verse--ramante yogino 'nante--to the effect that the yogis (yogino), those who are endeavoring to elevate themselves to the spiritual platform, are actually enjoying (ramante), but their enjoyment is anante, endless.
マハーバーラタには、霊的な水準に上昇しようと努力しているヨギー(ヨギノ)は本当の楽しみ(ラマンテ)を得ており、彼らの楽しみはアナンテ(終わりがない)である、という記述があります。(ラマンテ ヨギノ ナンテ)

This is because their enjoyment is in relation to the supreme enjoyer (Rama), Sri Krsna.
これは、彼らの快楽は至高の享楽者(ラーマ)であるシュリー・クリシュナと関連しているからです。

Bhagavan Sri Krsna is the real enjoyer, and Bhagavadgita (5.29) confirms this:
バガヴァーン・シュリー・クリシュナは本物の享楽者であり、バガヴァッド・ギーターにも以下のように確認されています。

bhoktaram yajna-tapasam
sarva-loka-mahesvaram
suhrdam sarva-bhutanam
jnatva mam santim rcchati

"The sages, knowing Me as the ultimate enjoyer of all sacrifices and austerities, the Supreme Lord of all planets and demigods, and the benefactor and well-wisher of all living entities, attain peace from the pangs of material miseries."

「すべての犠牲と禁欲の究極の享楽者であり、すべての天体と半神たちの至高の主であり、すべての生命体に恩恵を施し幸せを祈る者、そのようなものとして私を知る聖者は、物質的な悲惨さの牙を逃れて平安を得ます」

Bhoga means "enjoyment," and our enjoyment comes from understanding our position as the enjoyed.
「ボーガ」は「快楽」を意味し、私たちの快楽は楽しまれる者(楽しませる者)としての立場を理解することで得られます。

The real enjoyer is the Supreme Lord, and we are enjoyed by Him.
本当に楽しむ者は至高主であり、私たちは主によって楽しまれるのです。

第17段落
An example of this relationship can be found in the material world between the husband and the wife:
物質世界では、この関係は夫と妻の間に見られます。

the husband is the enjoyer (purusa), and the wife is the enjoyed (prakrti).
夫は楽しむ者(プルシャ)であり、妻は楽しまれる者(プラクリティ)です。

The word pri means "woman."
「プリ」という言葉は女性を意味します。

Purusa, or spirit, is the subject, and prakrti, or nature, is the object.
プルシャ、すなわち霊は主体であり、プラクリティ、すなわち自然は受身体です。

The enjoyment, however, is participated in both by the husband and the wife.
しかし、快楽は夫と妻の両方に及びます。(直訳、「快楽には夫も妻も参加します。」)

When actual enjoyment is there, there is no distinction that the husband is enjoying more or the wife is enjoying less.
本当の快楽が存在するときは、夫のほうが余計に楽しんでいて妻には楽しみが少ない、というようなことはないのです。

Although the male is the predominator and the female is the predominated, there is no division when it comes to enjoyment.
男性が優性で女性が劣性ではありますが、こと快楽に関しては区別はありません。

On a larger scale, no living entity is the enjoyer.
大きな視野で見ると、生命体は誰一人として享楽者ではないのです。
by ammolitering4 | 2008-03-22 04:34 | 「生と死の彼方に」


<< 第1章18段落より 第一章12段落より >>