人気ブログランキング |

第一章12段落より

第12段落

The word veda means "book of knowledge."
ヴェーダという言葉は「知識の書」を意味します。

There are many books of knowledge, which vary according to the country, population, environment, etc.
様々に異なる国や民族や環境などに伴って、多くの知識の書があります。

In India the books of knowledge are referred to as the Vedas.
インドでは知識の書はヴェーダと称されます。

In the West they are called the Old Testament and New Testament.
西洋では旧約聖書、新約聖書と呼ばれます。

The Muhammadans accept the Koran.
イスラム教徒はコーランを聖なる書として受け入れます。

What is the purpose for all these books of knowledge?
これらの知識の書の目的は何でしょうか。

They are to train us to understand our position as pure soul.
これらは私たちが純粋な魂としての立場を理解するのを助けるために存在しているのです。

Their purpose is to restrict bodily activities by certain rules and regulations,
目的は特定の規則や規律で身体的な活用を制約することにあり、

and these rules and regulations are known as codes of morality.
これらの規則や規律は道徳律として知られています。

The Bible, for instance, has ten commandments intended to regulate our lives.
例えば聖書には私たちの生活を規律することを目的とした十戒があります。

The body must be controlled in order for us to reach the highest perfection,
最高の完成に至るためには体を制御せねばならず、

and without regulative principles, it is not possible to perfect our lives.
規律原理なくして人生を完成させることはできません。

The regulative principles may differ from country to country or from scripture to scripture, but that doesn't matter,
規律原理は国によって、あるいは聖典によって異なるでしょうが、それは構わないのです。

for they are made according to the time and circumstances and the mentality of the people.
聖典はそれぞれの時代と状況と人々の精神性に合わせて書かれているからです。

But the principle of regulated control is the same.
しかし、規律正しい制御という原理は同じです。

Similarly, the government sets down certain regulations to be obeyed by its citizens.
同様に、政府は市民が従うべき特定の規律を作ります。

There is no possibility of making advancement in government or civilization without some regulations.
政府や文明では、何らかの規律無くして発展することは不可能なのです。

In the previous verse, Sri Krsna tells Arjuna that the regulative principles of the Vedas are meant to control the three modes of material nature--goodness, passion, and ignorance (traigunya-visaya vedah).
先の節でシュリー・クリシュナはアルジュナに「ヴェーダの規律原理は物質自然の3つの相、すなわち徳、熱情、無明を制御するためにある」と語っていらっしゃいます。

However, Krsna is advising Arjuna to establish himself in his pure constitutional position as spirit soul, beyond the dualities of material nature.
しかし、クリシュナはアルジュナに物質自然の二重性を越えて霊魂としての純粋な本来の立場を確立するように助言しています。


第13段落
As we have already pointed out, these dualities--such as heat and cold, pleasure and pain--arise due to the contact of the senses with their objects.
すでに指摘したように、熱と冷たさ、喜びと苦しみなどの二重性は、感覚が対象と接することによって生じます。

In other words, they are born of identification with the body.
言い換えると、これらは体を自分であると認識することで生成するのです。

Krsna indicates that those who are devoted to enjoyment and power are carried away by the words of the Vedas, which promise heavenly enjoyment by sacrifice and regulated activity.
クリシュナは、快楽と権力に身を捧げた者は犠牲と行動の規制によって天上の快楽を約束するヴェーダの言葉に流される、と述べています。

Enjoyment is our birthright, for it is the characteristic of the spirit soul,
快楽は霊魂の性質であるので、それは私たちの生来の権利です。

but the spirit soul tries to enjoy materially, and this is the mistake.
しかし霊魂は物質的に楽しもうとしており、それが間違いなのです。

第14段落
Everyone is turning to material subjects for enjoyment and is compiling as
much knowledge as possible.
人々は皆、楽しみを求めて物質的な事柄に目を向け、できる限りの知識をかき集めています。

Someone is becoming a chemist, physicist, politician, artist, or whatever.
ある者は化学者となり、別の者は物理学者となり、政治家となり、芸術家となり、そのほかのあれこれとなっています。

Everyone knows something of everything or everything of something, and this is generally known as knowledge.
誰もが何でも少しずつ知っているか、そうでなければ何かを全部知っていて、こういうことが普通は知識だと思われています。

But as soon as we leave the body, all of this knowledge is vanquished.
しかし、体を去ると同時にこれらの知識はすべて奪い去られます。

In a previous life one may have been a great man of knowledge,
前世において、ある人は素晴らしい知識を蓄えていたかもしれません。

but in this life he has to start again by going to school and learning how to read and write from the beginning.
しかし、今世においては学校に行って読み書きを習うところから始めて一からやり直さなければならないのです。

Whatever knowledge was acquired in the previous life is forgotten.
過去世で得た知識はすべて忘れられます。

The situation is that we are actually seeking eternal knowledge,
本当は私たちは永遠の知識を求めているのです。

but this cannot be acquired by this material body.
しかしそれはこの物質の体では得られません。

We are all seeking enjoyment through these bodies, but bodily enjoyment is not our actual enjoyment.
私たちは皆この体を通して楽しみを求めていますが、身体的な楽しみは私たちの本当の楽しみではありません。

It is artificial.
それは人工的なものなのです。

We have to understand that if we want to continue in this artificial enjoyment, we will not be able to attain our position of eternal enjoyment.
この人工的な楽しみを続けたいなら永遠の楽しみを味わえる立場に至ることはできない、ということを、私たちは理解しなければなりません。
by ammolitering4 | 2008-03-22 03:14 | 「生と死の彼方に」


<< 第一章15段落より 第1章 8段落より >>