第1章 8段落より

第8段落

The atomic soul, although so small, is moving the entire body to act in so
many wonderful ways.
原子レベルの大きさしかない魂は、そんなに小さくても体全体に素晴らしい動きをさせることができます。

In the world we see so many cities, highways, bridges, great buildings, monuments, and great civilizations, but who has done all this?
世界を見渡すと、たくさんの都市や高速道路や橋や、素晴らしい建物や記念碑や偉大な文明があります。誰がこれらのものを作ったのでしょう。

It is all done by the minute spirit spark within the body.
すべて、体の中の小さな霊的な輝きの為せる業なのです。


If such wonderful things can be performed by the minute spirit spark, we cannot begin to imagine what can be accomplished by the Supreme Spirit Whole.
小さな霊的な輝きにこれほど素晴らしいことができるのなら、至高の霊的全体にはどれほどのことができるのか、私たちには想像の端緒を掴むことさえできません。

The natural hankering of the minute spirit spark is for the qualities of the whole--knowledge, bliss, and eternality--
小さな霊的な輝きが自然に求めるものは、全体の持つ性質である知識と幸福と永遠性です。

but these hankerings are being frustrated due to the material body.
しかし、こうした欲求は物質の体が原因で満たされず、挫折感と不満が募っています。

The information on how to attain the soul's desire is given in Bhagavad-gita.
魂の欲求を満たすための方法はバガヴァッド・ギーターに記されています。

第9段落
At present we are trying to attain eternity, bliss, and knowledge by means of an imperfect instrument.
今は私たちは不完全な機器を使って永遠性と幸福と知識を得ようとしています。

Actually, our progress toward these goals is being blocked by the material body;
実際には、これらの目標への進歩は物質の体によって阻止されています。

therefore we have to come to the realization of our existence beyond the body.
したがって、私たちは体を越えたところにある自分の存在を認識できるようにならなくてはなりません。

Theoretical knowledge that we are not these bodies will not do.
私たちはこの体ではない、という理論上の知識はその役には立ちません。

We have to keep ourselves always separate as masters of the body, not as servants.
私たちは常に、体の従者ではなく主人として、自己を体から切り離しておかねばならないのです。

If we know how to drive a car well, it will give us good service; but if we do not know how, we will be in danger.
車を上手に運転する方法を知っていれば大いに役立ちます。しかし、その方法を知らないと危険な目にあいます。

第10段落

The body is composed of senses, and the senses are always hungry after their objects.
体は感覚からできており、感覚は常に貪欲に対象を求めています。

The eyes see a beautiful person and tell us, "Oh, there is a beautiful
girl, a beautiful boy. Let's go see."
目は美しい人を見て「あそこに美しい娘がいる、美しい若者がいる、見に行こう」と私たちを促します。

The ears are telling us, "Oh, there is very nice music. Let us go hear it."
耳は「美しい音楽が聞こえる。聞きに行こう」と誘います。

The tongue is saying, "Oh, there is a very nice restaurant with palatable dishes. Let us go."
舌は「おいしい料理を出すレストランがある、食べに行こう」と言います。

In this way the senses are dragging us from one place to another, and because of this we are perplexed.
このようにして感覚は私たちをあっちこっちへ引きずりまわします。そして、私たちはそのために途方に暮れているのです。

indriyanam hi caratam
yan mano 'nuvidhiyate
tad asya harati prajnam
vayur navam ivambhasi

"As a boat on the water is swept away by a strong wind, even one of the
senses on which the mind focuses can carry away a man's intelligence." (Bg.2.67)
「水の上の舟が強い風に流されるように、これらの感覚の一つにでも心が集中すれば、人の知性は引きずられます。」

第11段落
It is imperative that we learn how to control the senses.
私たちは緊急に感覚を制御すること学ぶ必要があるのです。

The name gosvami is given to someone who has learned how to master the senses.
ゴスヴァーミーという名前は、感覚を制御する方法を身につけた人に与えられます。

Go means "senses," and svami means "controller";
ゴは感覚を、スヴァーミーは制御する者を表します。

so one who can control the senses is to be considered a gosvami.
したがって、感覚を制御することができる人はゴスヴァーミーであると見なされます。

Krsna indicates that one who identifies with the illusory material body cannot establish himself in his proper identity as spirit soul.
クリシュナは、錯覚に基づく物質の体を自分であると認識する者は自分を霊魂として正しく自覚できないと述べています。

Bodily pleasure is flickering and intoxicating, and we cannot actually enjoy it, because of its momentary nature.
身体的な喜びは明滅する明かりのようであり、理性を酔わせ、つかの間に現れては消えるという性質のため、私たちは本当にその喜びを楽しむことはできません。

Actual pleasure is of the soul, not the body.
本当の喜びは魂のものであり、体のものではありません。

We have to mold our lives in such a way that we will not be diverted by bodily pleasure.
私たちは体の喜びによって道を見失うことのないように人生を形作らねばなりません。

If somehow we are diverted, it is not possible for us to establish our
consciousness in its true identity beyond the body.
もし何かの理由で道をそれてしまったら、体を越えたところにある本当の自己認識を確立させることができません。

bhogaisvarya-prasaktanam
tayapahrta-cetasam
vyavasayatmika buddhih
samadhau na vidhiyate
traigunya-visaya veda
nistraigunyo bhavarjuna
nirdvandvo nitya-sattva-stho
niryoga-ksema atmavan

"In the minds of those who are too attached to sense enjoyment and material opulence, and who are bewildered by such things, the resolute determination for devotional service to the Supreme Lord does not take place.
「感覚の喜びと物質的な富に執着しすぎている者、およびそれらのものに惑わされる者の心には、至高主への献身奉仕への断固たる決心は生じません。

The Vedas deal with the subject of the three modes of material nature.
ヴェーダは物質自然の3つの相という事項について述べています。

Rise above these modes, O Arjuna.
「おお、アルジュナよ、これらの相の上に上りなさい。

Be transcendental to all of them.
これらのどれからも超越しなさい。

Be free from all dualities and from all anxieties for gain and safety, and be established in the Self." (Bg. 2.44-
45)
すべての二重性と、利益と安全のためのすべての不安から自由になり、自己の本来の姿を確立しなさい。」
[PR]
by ammolitering4 | 2008-03-11 13:14 | 「生と死の彼方に」


<< 第一章12段落より 第1章続き。 >>