人気ブログランキング |

読解力とボキャブラリー、表現の幅を広げる

では次に、片言脱却のための方法を見てみましょう。これには読書が有効です。子供の頃に日本語を学んだのと同じですね。絵本に始まって児童のためのお話や図鑑や、あれやこれや。。。たくさんの日本語を読んで、私たちは日本語を覚えました。そんな、今さら、と思っても、残念ながらこれを飛ばして大人の英語に近づくことはできません。洋画を見るだけじゃだめ?と思う人もいるのでしょう。もちろんそれで英語をものにする人もいるでしょうが、私はやっぱり読む経験は欠かせないと思います。英語のつづりを見て視覚的に理解することは大切です。

そこで問題は、何をどう読むか、です。これは結構大切です。読解力、と聞いたらすぐに「じゃあ英字新聞を買ってこよう」という人がいるのですが、そうではないのです。英字新聞は、すでに英語が得意で日頃から日本語の新聞を隅々まで読むような人に適しています。そうじゃない人にはそれなりの方法があります。

まず大切なことは、自分のレベルより少し下のものを読むこと。つまり、辞書などなくても全く大丈夫、という読み物を探します。これはつまり、子供のための本を読むということです。「俺は大人だぞ、子供の本など読めるか」というプライドを捨てなければなりません。物事には順序というものがあります。英語を母国語としている人も、日本語を母国語としている私たちも同じです。

絵で理解を助ける絵本から始まって、簡単な表現の短い文章で書いた本をたくさん読み、子供向けのお話や漫画などに夢中になり、中学生向けくらいの小説など読み出し、少しずつ新聞も覗き始め、好きな作家の作品に凝ったりすることを覚え、、、、そうこうするうちに大人の顔をして当然のように母国語を使えるようになるのです。

何よりも大切なのはレベルと量です。「これなら簡単」と思えるものをたくさん読みましょう。質より量、と言い切ってもいいほどです。子供の頃と違って、大人が子供の本を読むときは手早くいきましょう。じっくり鑑賞する必要はありません。読書感想文も不要です。

数をこなして読み飛ばせるくらいになったら、ちょっとレベルを上げてみます。ほとんど分かるけどところどころ知らない言葉や表現もある、でも前後の内容からしてこんなものだろう、と思える程度のものです。これもたくさん読みます。この段階ではあまりジャンルを絞らず、手当たり次第で結構です。

こういう練習をしていくと、「英語を読む」という行為に慣れてきます。大切なのは、この「慣れ」の感覚です。ここで試しに全然しらない言語で書かれたものを見てみましょう。フランス語でもサンスクリットでも、何でも結構です。それをしばらく眺めた後で英語を見ると、ほっとしませんか。あるいは、インドに一人旅をしたと想像してもらっても結構です。小さな祠のある辺鄙な村に旅したはいいけれど、まったく言葉が通じない。困り果てているところに片言の英語を話せる人が現れたらどうでしょう。その人の英語はあなたよりちょっとへたくそです。「ああ、良かった!」と思って、いつもよりべらべらと英語で話すのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。イタリアでの経験ですが、「不完全でも自分の言葉」という感覚がはっきりと目覚めたのはそのときでした。

さて、英語を母国語とする人なら誰でも辿る最低限の読書経験をなぞった後は、再び「自分の興味関心」という幅にしぼって読書を続けます。具体的にどうするのかというと、例えばインドに興味のある人なら子供のための「世界の旅シリーズ」みたいなののインドの巻を読む、というようなことです。お料理が好きな人なら、子供のための料理の本もちゃんとあります。本が手に入らない場合でも、今はインターネットがあるので子供のための読み物サイトなどを探してみるといいと思います。

こういう自分の興味関心に絞った子供の本の読書でも、大切なのは数です。できるだけたくさん読みましょう。こうすると、そもそも関心のあることですから日本語で知識があるので分かりやすく、同じテーマで何冊も読んでいると内容も重複してきます。プラブパーダもおっしゃるように、反復は大切なのです。だんだん、だんだん染み込んでいって、その分野に関する表現を通して英語が自分のものになっていきます。もちろん、レベルが上るにつれて辞書で調べるという段階も重要になってきます。これも、興味があることなら調べる甲斐もあるというものです。無駄な努力は省き、効率的に楽しく、かつ熱心に勉強してください。学ぶことは喜びであるものです。
by ammolitering4 | 2008-02-23 15:05 | 英語の勉強法


<< 英語のサイト 復習です。 >>