伝えたいことは何か。(知りたいことは何か)

さて、長年英語を勉強してきたけどものにならないでいるあなた、あなたはそれだけの労力を費やして結局何がしたいのでしょうか。インドに行ってお寺で各国の献身者と交流したい、英語で行われる法話を理解したい、という目的がはっきりしている人もあるでしょうし、何となく英語が好き、できたらかっこよさそう、という人もいるでしょう。特に目的はない、という人でも、「誰かと英語でコミュニケーション」を取るという目的があります。英語はコミュニケーションのための道具に過ぎません。道具を使うには材料が必要です。その材料とは何か、つまり、誰と何を語り合いたいか、が重要なのです。

伝えたいことは何か、知りたいことは何か。誰かとのコミュニケーションは、自分が自分の「様子」を伝え、相手がその人の「様子」を伝えるのを聞いて理解する、という形でなされます。そのためには質問もします。この基本を忘れていると勉強しても全然伸びないことになります。そして、順番としては以下のような法則があります。

1.自分の様子を描写する

これができるようになれば、

2.相手がその人自身のことを描写する

のが理解しやすくなります。なんでかというと、自分はクリシュナのことを話しているのに相手は野球のことを話している、ということはあんまりないからです。

3.質問の仕方を学ぶ

そしてついでに質問の仕方を覚えましょう。これは、普通の文の「私」を「あなた」に替えて、いかにも「質問してるんですよ」という感じに語尾を上げればなんとかなります。こんなものは後回しでいいのです。

改めて考えてみましょう。普通日本語で何を話していますか。普段は映画の話ばかりしてる、という人は、英語では突然世界経済の話をする、ということはあんまりないでしょう。まったくの日常会話では、普段自分や相手がしていること、昨日の出来事、洗濯機が壊れたこと、居眠りして電車を乗り過ごしたこと、変な夢を見たことを話しているものです。

さらに、会って話したい人はいますか。その人と会えたら、何を語り、何を尋ねるでしょうか。

矛盾しているように思えるかもしれませんが、英語の勉強とはつまるところ日本語と自分自身の勉強です。どうか一度時間をとって、何を伝え、何を知りたいか、できるだけ詳しく日本語で書き出してください。
[PR]
by ammolitering4 | 2008-02-23 04:13 | 英語の勉強法


<< 復習です。 知ってることしか聞こえない。 >>