人気ブログランキング |

惨めな物質界

暗い話のついでですので、もっとたくさん並べましょう。物質界の描写です。なお、霊的な世界の描写はこのブログのずっと前の記事に詳しく書いてますので、一番下まで行って「次のページ」で見つけてください。
inferior  劣性で、
temporary  一時的で、
miserable  惨めで、
bestial  野蛮で、
insignificant  取るに足らず、
destructive  破壊的で、
dark  暗くて、
inauspicious  縁起が悪くて、
unclean  不潔で、
inpure  不純。。。

それはひどい。Prison、「刑務所」はまだしも、口の悪い人によればstool pit「肥溜め」とさえ比べられています。そんなところにいるのですから、私たちの様子もぱっとしません。
mortal  死ぬ運命にあり、
conditioned  本来自由だったはずなのに様々に制限され、制約され、束縛され、、、
lost  道に迷っていて、
trapped  ワナにはまっていて、
misled  間違ったふうに導かれ、
misguided  間違ったふうに指導され、
illusioned  惑わされ、
fooled  騙され、
cheated  ペテンにかけられたものだから、
distressed  当然、ストレスをためこんでいて、
disappointed  落胆していて、
suffering  苦しんでいて、
frustrated  いらいらしていて、
ailing  体も弱って病気になり、
restless  落ち着きもないし、
forgetful  記憶力も落ちる。
condemned  つまり、私たちには苦しみが運命づけられているのです。
doomed  お先真っ暗、確実です。

参りましたね。どうしましょう。

ちょっと詳細を見てみましょう。カッコの中は反対語です。
inferior  劣性の (superior)
名詞形はinferiorityだと「劣っていること」というような意味になりますが、inferiorそのままだと「部下、後輩、目下の者」という意味になります。

temporary  一時的な (eternal, permanent)

miserable  惨めな
名詞形はmisery、惨めさ、です。

bestial  野蛮な (sophisticated)
凶暴で獣みたいな様子を表す言葉です。類似の言葉にbarbaricやunsophisticatedがあります。今でももう十分にbestialなのに、カリユガはまだ助走段階なんですね。

insignificant  取るに足らない (significant)
insignificanceだと名詞で「無意味さ、重要性のないこと」という意味になります。反対語はsignificance、「重要性」などの意味です。

destructive  破壊的な (constructive, creative)
動詞はto destroy、名詞はdestructionです。

dark  暗い (bright)
動詞はto darken、暗くする、があります。名詞はdarknessです。

inauspicious  縁起が悪い (auspicious)

unclean  不潔な (clean)
清潔にする、という動詞はto cleanですが、わざわざ不潔にする、という動詞は、、、何でしょう、to mess upかな。清潔さ、という名詞はcleanlinessなので、不潔さ、という場合はuncleanlinessになります。なお、類義語にdirty, filthyなどがあり、後者だと「けがらわしいほど汚い」というくらい強い意味です。

inpure  不純な (pure)
名詞形はinpurityです。なお、「純粋にする」という動詞はto purifyですが、これも先のto clean同様、「不純にする」という意味の一般的な動詞はないようです。あえていえば、曇らせる、という意味のto cloudでしょうか。
by ammolitering4 | 2008-01-27 14:57 | 英語の勉強法


<< スピリチュアル・マスター 物質の場合 >>