物質の場合

いいことづくめの霊的世界ですが、あいにく私たちはまだそこにいません。じゃあどこにいるのかと言うと、ここですね、物質界。。。

物質界には4つの基本的な苦しみがあります。
Birth  誕生
Old age  老い
Disease  病気
Death  死

そこで生命体は4つの動物的な活動をしています。マンモスを捕まえて食いちぎる、というメニューから子牛のプロバンス風ラズベリーソース添えに変わっても、単に見かけがsophisticated(洗練された)だけで、本質は変わりません。
Eating  食べること
Sleeping  眠ること
Defending/Fearing  身を守ること、恐れること(家族、財産、国土、などと広がっていきます。名詞はdefence)
Mating/Sense-gratifying  生殖すること、感覚を満足させること(名詞はgratification)

物質元素には8種類あります。なお、心や知性に似た言葉に「感情」がありますが、これはemotionといいます。
Earth  土
Water  水
Fire  火
Air  空気
Ether  エーテル(気のようなものなのでしょうか?)
Mind  心、精神(形容詞はmental)
Intelligence  知性(形容詞はintelligent)
False ego  仮の、あるいは偽りの自我。体を自分自身だと思っていること。なお、falseの反対はtrueです。

これらの元素には密度の濃淡があります。物質の体のように、個体や液体や気体など、重くて濃いもの。それと、心などのかすかなものです。
gross  重い、大きい、密度の濃い
subtle  かすかな、繊細な、密度の薄い

物質的な、という言葉がつくと、ろくな表現がありません。霊的な、という言葉と対になっていないものを集めてみました。
Material tribulation  苦難、試練
Material loss and gain  損失と獲得
Material bondage  束縛
Material misery  悲惨さ
Material misgiving  疑い、恐れ
Material aquisition  獲得
Material facility  設備
[PR]
by ammolitering4 | 2008-01-27 14:27 | 英語の勉強法


<< 惨めな物質界 スピリチュアルなあれこれ >>