簡単な宇宙旅行 8

主クリシュナは物質宇宙の中のすべての惑星は4,300,000x1,000x2x30x12x100太陽年の後に破壊されると教えます。物質世界の壊滅に伴って、居住しているすべての生命体も物質的に破壊されます。生命体は本質的に反物質粒子です。しかし、反物質的な活動を重ねて自身を反物質世界の領域まで上昇させない限り、生命体は物質世界が破壊されるときにその体を破壊され、新しい物質宇宙が形成されるときに再び物質の体の中に入ることになります。言い換えれば、繰り返す生と死の痛みを経験しなければならないのです。物質の体を持っている間に人格神に愛情ある奉仕をした生命体だけが疑いの余地なく物質の体を離れた後に反物質世界に移動できます。反物質的な活動を実行することで神のもとに帰るものだけが不死の生命を得ることができるのです。

この反物質的な活動というのは何でしょうか。これは薬なのです。例えば、人は病気になったときに医師を訪れます。医師は薬を処方し、それが徐々に苦しむ患者を治します。同様に、物質主義者は病気で弱った状態にあり、専門家である超越主義者という医師の診断を仰ぐべきであるのです。彼らの病は何なのでしょうか。それは繰り返す生老病死の苦しみです。「神のもとへ帰る」という治療を受けることに合意しさえすれば、生と死を繰り返すのではなく、永遠の生命がある反物質世界に移動することができるのです。
物質世界の破壊には2つの形があります。部分的な破壊は4,300,000x1,000太陽年毎に起こります。これは物質世界の最高位であるブラーマロカの一日の終わりです。これらの部分的な破壊においてはブラーマロカなどの高位の惑星は破壊されませんが、4,300,000x1,000x2x30x12x100太陽年が過ぎたら顕現した宇宙の全体が反物質体に同化吸収されます。物質的な空間からはるか離れた反物質世界は決して破壊されることがありません。それは物質世界を吸収します。科学者たちが言うように物質と反物質の世界が「衝突」して物質世界が破壊されることはあるかもしれませんが、反物質世界の破壊ということはありえません。永遠に存在している反物質世界は物質主義的な科学者たちには顕現していません。物質世界の相にその存在の原則が相反する限りにおいて情報を得ることができるだけです。反物質宇宙に関する詳細は、反物質原則の本来的な性質を完全に理解した、(物質世界から)解放された(解脱した)権威者たちという絶対に間違いのない源からしか知りえません。この情報は口伝によって人格神の受動的な弟子から受けられます。

ヴェーダの知識はこのようにして物質的創造における最初の生命体であるブラーマーの心に授けられました。この知識をナーラダ・ムニという聖者に伝えたのはブラーマーでした。同様に、バガヴァッド・ギーターは人格神シュリ・クリシュナによって太陽の支配神であるヴィヴァスヴァーンに語られ、この口伝による師弟継承が壊れたときに主クリシュナはバガヴァッド・ギーターをクルクシェトラの戦場でアルジュナに再び語りました。そのとき、シュリ・クリシュナから超越的な知識を受けるためにアルジュナは弟子であって生徒である役割をしました。この世の全くの物質主義者たちが持っているであろう疑いをすべて拭い去るために、アルジュナはすべての適切な質問をし、クリシュナはいかなる俗人でも理解できるように答えを与えました。物質世界のきらめきに囚われた者だけは主シュリ・クリシュナの権威を受け入れることができません。反物質世界の詳細を理解できるようになる前に、人はその習慣とこころにおいて完全に清潔にならなければなりません。バクティ・ヨガは入門者であっても完璧なヨギーであっても実行できる詳細で科学的な超越活動なのです。

物質世界は反物質世界を映し出す影のような存在に過ぎません。心と習慣において清潔な知性ある人は、バガヴァッド・ギーターの文書から反物質世界の詳細のすべてをかいつまんで学ぶことができます。そして、これらは実際のところ物質的な詳細よりもっと完全なのです。基本的な詳細は以下の通りです。

反物質世界の支配神はシュリ・クリシュナであり、本来的で独自の人格ならびに多数の完全な拡張体として存在しています。この基本人格と拡張体は、一般的にバクティ・ヨガや献身奉仕として知られる反物質活動によってしか知ることができません。至高の人格神は至高の真理であり、反物質原理の全体でもあります。物質原理と反物質原理は、どちらもその人格神から放射されるものです。主は完全なる木の根であるとも言えます。木の根に水を注ぐと、枝や葉は自動的にその恩恵を受けます。同じように、至高の人格神であるシュリ・クリシュナが礼拝されると物質世界がすみずみまで啓発され、献身者の心は物質的な方法で努力することなく滋養に満たされるのです。これがバガヴァッド・ギーターの秘密です。

反物質世界に入るための方法は、物質的な過程とは異なります。個々の生命体は、物質世界に住んでいる間に反物質活動を実行することでたやすく反物質世界に入ることができます。しかし、根っからの物質主義者たちは実験的な考え方や精神的な推量や物質的な科学の持つ限られた力に頼っているので、反物質世界に入るのが大変困難になります。彼らは宇宙船や人工衛星やロケットなどを宇宙空間に飛ばして反物質世界に近づこうと努力するでしょうが、そういうやり方では物質空間の上位の領域にある惑星にさえ決して行き着けません。神秘的な能力を完全に統御できるヨギーでさえ、その領域に入るのは難しいのです。道を究めたヨギーは神秘的な能力の修練によって物質的な体の中にある反物質粒子を統御することができます。彼らはある特定の適切なタイミングで自分で意思で物質の体から抜け出ることができます。そして物質世界と反物質をつなぐ大通りを通って反物質世界に入ることができます。彼らは、そうする能力がある場合には以下のようにバガヴァッド・ギーターに示された規定の方法に従って行動します。

「超越性を認識した者はウッタラーヤナの期間に物質の体を離れて反物質世界に入ります。それは太陽が北の道を辿っているとき、すなわち火と輝きの神が大気を統御している縁起の良い時間のことです。」
[PR]
by ammolitering4 | 2008-01-27 09:20 | 「簡単な惑星旅行」


<< 簡単な宇宙旅行 9 簡単な宇宙旅行 7 >>