霊の性質、詳細に

次に、以上の単語について詳しく見てみましょう。
Transcendental (from material contamination)
動詞はto transcend、何らかの境界や限界を超える、という意味です。名詞はtranscendence、超越性、卓絶、などです。

Contamination、汚染の動詞形はto contaminate、形容詞形はcontaminatedといいます。物質って汚染源なのですね。

Superior (to material nature) 
名詞として使われる場合は、上役とか上司とか、そういう意味になります。優性性、優越性という場合にはsuperiorityという形になります。

Free/liberated (from material bondage)
Freeは形容詞ですが、to freeという動詞形もあります。名詞はfreedomです。
To liberateもほぼ同義です。

Bondageは束縛の他にも屈従とか囚われの身とか、拘束、苦役、強制労働など、ろくな訳語がありません。動詞はto bondがあります。接着剤をボンドと言いますね。縛り付ける、密着させる、というのがもともとの意味です。束縛する、という意味で使われることはないようです。その場合の動詞はto restrain (someone’s freedom)などの表現になります。制約する、と訳されているto conditionは、あまり一般的な表現ではないようですが、同じように誰かの行動に何らかの規制がされることを指します。

Eternal/Permanent
Eternalは、神と共にある永遠性、始めも終わりもないとか、そういう意味合いが強いようです。永遠なるもの、という名詞として使われる場合もあるし、the Eternalだと神を指します。名詞形はeternalityです。

Permanentも基本的に永遠を指すのですが、もっと俗な永遠性を指すときにも使われます。毎度毎度飽きもせず繰り返されることとか、物の耐久性とか、場所が長期間一定している場合などです。

Perfect
To perfect、完成させる、という動詞としても使われます。名詞形はperfection.

Natural
これは形容詞で、名詞はnatureですね。

Opulent
richとほぼ同義ですが、もうちょっと格式的な言葉みたいです。名詞はopulenceです。

Effulgent
名詞はeffulgenceです。目もくらむような輝きですね。豆電球の光には使いません。

Vital
名詞はvitality、日本語でもバイタリティーというカタカナ語を使いますね。生命力や活気に溢れた、という意味ではenergetic(名詞はenergy、エネルギー)と同義です。なお、エネルギッシュというカタカナ語は英語ではなくてドイツ語です。英語では通じないので注意しましょう。

Happy/Blissful/Full of pleasure/Full of enjoyable energy
Happyの名詞形はhappinessですね。幸せ、という意味の一番一般的な言葉です。

Blissfulの名詞形はblissです。どちらも幸せな状態を指しますが、後者の方が「天上の恍惚たる至福の喜び」とでも言うべき意味合いが強いです。英語にはFollow your bliss.という格言があります。心の中に感じる、何か特別な輝きを持った幸福感を追い続けなさい、という意味です。物質の暗闇の中で神様のところへ道案内をしてくれる光がblissとして感じられるからです。

Full of 何とか、というのは、何かが溢れるほどたくさんある状態を表します。Pleasureは喜び全般を指す言葉です。感覚的な満足も指します。動詞はto pleaseです。喜びに関する言葉はたくさんあります。私たちにとって喜びの感覚がいかに大切かということでしょう。Delight, gladness, ecstasy, rapture, joy, enjoymentなど、程度の違いこそあれ同じようなことを意味しています。

Enjoyableの動詞形はto enjoyです。名詞はenjoymentが一般的です。

Full of knowledge
動詞はto know、形容詞はknowledgeable、知性のある、博識な、という意味です。知識と言ってもいろいろありますが、宇宙が終わればそれで終わりの物質的な知識ではなく、永遠の知識に溢れた状態、つまり私たちと神さまとの関係をしっかり知って忘れないでいる状態を指すのだと思います。
by ammolitering4 | 2008-01-27 08:58 | 英語の勉強法


<< 霊の性質、否定形の詳細 霊の性質 >>