人間の解釈

先日、ふらふらとインターネットで人生の貴重な時間を無駄に費やしておりますと、こちらのサイトに行き当たりました。名古屋の動物園にいるゴリラの記事です。探したらこっちのサイトにもいろいろ写真が出ています。

シャバーニという名前のそのゴリラ、なんとものすごくハンサムなのです。ネギを食べてるところもしぶいわ、精悍だわ、たくましいわ、シャバーニさま~!すてき~!!!と、道ならぬ恋に落ちてしまいそうです。
d0152550_1593876.jpg



ファッションブランドのモデルにもなれます。今時の頼りない人間のオスなど足元にも及ばぬ風格があります。地球の男には飽きたと思っていたけれど、まだまだ素敵な男性はいたのですね。
d0152550_215987.jpg



さて、こんなにかっこいいシャバーニさんの姿を見て、あのお方を思い出したのはこちらの読者の方であれば少なくないはず。そう、ハヌマン様です。あの方はお猿さんとのことですが、きっとシャバーニさんのようなお顔でいらしたのだろうなと思います。そういえばクリシュナの6番目だか7番目だかのお妃様もゴリラでしたね。お父様がゴリラの王様でいらして、それもまたきっとシャバーニさんみたいだったはず。姫のご容貌はあんまり想像がつきませんが、その息子さん、つまりクリシュナの息子のたしかサンバ様とおっしゃる方は、大層かっこよかったとどこかに書いてありました。いいなあ、どんな感じだったのかなあ。昔は熊とか牛とか狼とかも人間のように話ができて、人間と意思の疎通もできていたようですね。おとぎ話みたいなことではありますが、シャバーニさんを見ているとさにあらんという気がしてきます。

ところで、ときどき出てくる「40万種類の人間」という描写について、何のことだろうかと考えた方も多いと思います。これを「人間の心のあり方によって40万種類に分けられる」と解釈している方もあるようですが、それは違います。これは文字通りの解釈をすべきで、プラブパーダのご発言からもホモサピエンスを一つと数えることは明らかです。そうすると残る39万9999種は何なのでしょうか。とりあえず地球に限定するとして、ネアンデルタール人、北京原人、クロマニョン人、ジャワ原人、えーと、それから、、、コロボックル、妖怪、妖精、巨人、、、どこまで拡大解釈しても数が足りません。たぶん、別の次元にいるのだろう、時間というのは関係なくて、地球ができたときから壊れるときまで含むのだろう、ということで納得するしかありません。

逆にその他の生き物の種類は数が足りません。460万のうちの40万が人間で、その残りをさらに幾つにも分けていくので、微生物だけで終わってしまいます。こういうところも???と思うのですが、それでもやっぱり単なる与太話として片付けられないという気持ちがあるのだから不思議なものです。

それにしてもハヌマン様、実際にどんな感じで生きていらしたのでしょうね。私にとって、ヴェーダのいろんな話の中でも一番気になる存在です。
[PR]
by ammolitering4 | 2015-06-29 02:28


<< 第4章 第3章 後半 >>