ハリナム

こんにちは。またまた間が空いていてすみません。皆様お元気でいらっしゃいますか?先日、ハロウィーンのパレードが行われているときにダウンタウンを通りかかると、久しぶりにハリナムの一団に出会いました。ちょっと離れたところからあの独特のリズムが聞こえてきて、もしかしたら、と思ったので、近づいていって彼らの姿が見えたときにはとても嬉しかったです。その割には後ろからひっそりとついていっただけで、声を掛けることもしなかったのですけれど。。。どうもすみません。

私はもともとハリナムの音が好きで、あの変な格好をした浮かれた人たちはいったい何の冗談なのだろうと思ったのがハレ・クリシュナとの出会いでした。当時仲良くなったお坊さんたちはみんなどこか遠くに散らばってしまって、この日見かけた方たちはみんな私にとっては顔見知りという程度ですが、それでもやっぱり献身者の皆さんの姿を見ることができてよかったです。

翻訳はぼちぼち進んでいます。最近はまたしょうもないクラフトを熱心にやっていて、私は非常に忙しいのです。対象年齢7歳以上という子供向けの組紐作りキットを買ったら、すっかりはまってしまったのです。皆さんも組みひもは中毒性があって危険ですのでうかつに手を出されないほうがよろしいかと思います。
d0152550_12432459.jpg

by ammolitering4 | 2014-10-22 12:51


<< 第6章 終わりまで 第6章 第6段落まで >>