人気ブログランキング |

翻訳をせずにしていること

こんにちは。またまたずいぶんとご無沙汰しております。ほんとに申し訳ございません。なんだかいろいろとあって、心と時間が日々のいろんなことに追われている感じがします。自分が何人かいたらいいのに、と思うことがあります。そうしたら、私の一部を欲しがる人々のところに自分というエネルギーを小分けにせずに分け与えることができるのに、と思うのです。毎日でも私と会いたがってくださる人たちもいるし、日銭を稼ぐための仕事もあるし、遠くにいるけれど気にかかる人たちもいるし、対処しなければならない諸々の問題もあるし、掃除や洗濯や食事もしなければならず、ときたま会う人たちもいるし、絵日記のようなアルバム作りもしているし、翻訳も途中だし、絵も途中までで進んでません。自分が散り散りになっているような気持ちです。

そんな中で、長いことかかってこの絵を仕上げました。86歳の知り合いのおじいさんが音楽と共に生きた人生の集大成としての肖像画を「ぜひ君に描いてほしい」と依頼なさったのです。ありがたいことです。キャンバスという慣れない素材に加え、頂いた資料もあいまいだったので、かなり苦労しました。顔のパーツの配置の歪みで別人のようになったりして困りましたが、修正を重ねて特徴をとらえることができました。

だいぶ進んでから致命的な失敗に気づくと、やり直す決心をするのに大きなエネルギーを要します。まあ、これでいいか、黙ってりゃ分からないだろう、などといろんな言い訳が心の中を巡って、私もそれで納得するように努力しますが、結局はその後さらに進んでから「いや、やっぱりいけない」と思って余計苦労してやり直す、ということになります。何度同じことを繰り返しても「おや、失敗した。ただちにやり直そう」というふうに思えない私は馬鹿ではないのかと真剣に思います。
翻訳をせずにしていること_d0152550_16234664.jpg

by ammolitering4 | 2014-08-09 16:40 | Comments(2)
Commented by acha at 2014-08-10 10:10 x
お久しぶりです。
生き生きとし描いてらして素晴らしい!

一瞬一瞬が一生を形成してるんだな・・・様々な思いが巡ります。

ご多忙なご様子、根を詰めすぎずにご自愛下さいね。
Commented by ammolitering6 at 2014-08-12 09:13
ありがとうございます、achaさん。86年の人生で、6歳から音楽を始めたので80年の音楽人生だそうです。私の知り合いはロシア系の労働者が多く、この方のその一人です。物を作ったり修理したり、いろんなことをして働きながら、その一方でずっと音楽活動をなさっていたのです。色濃い人生だったんだろうなと思います。私が知っているのは彼のそんな人生のたった一日分にも満たないかもしれませんが、そんな私が「ぜひ君に描いてほしい」とのお願いを頂戴したのは本当に光栄なことだと思います。お気持ちに応えられるような作品にしたくて、つたないながらできるだけがんばりました。気に入っていただけるといいなと心から思います。

私はといえば、なぜかいろいろと心の疲れることの多い日々なので、深い穴を掘って冬眠したい気持ちです。最近シベリアに都合よくボコボコと穴が空いているそうなので、気持ちがそそられます、ほんと。。。

でも、なんとかかんとか切り抜けようと思います。ご心配ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 第3章 (たったの)第2段落まで こんにちは >>