ジャガナータのガラス絵

久しぶりにガラス絵を描きました。すっかり忘れてましたが、私は絵描きだったのです。絵の具のチューブを開けようとしたら固まってるし、ガラス絵の要領も「え~と。。。」という感じだし、何だか悲しいです。どうもいろんなことが中途半端で、二兎を追う者どころか三兎も四兎も追ってる感じなので、少し頭を冷やさねばと思います。

ともあれ、マントラと共に現れましたるジャガナータ、ご覧のように裏返しです。単になぞっただけなのです。鏡に映してみたら表に戻ります。中学校で美術部に入っている姪に送るつもりです。宗教色の希薄な家庭なので本人も何の関心もないと思いますが、単にアート的な関心からでも傍に置いてくれたら、クリシュナが見守ってくださるだろうと思うのです。

ガラス絵というものに馴染みのない方に簡単にご説明しますと、これはガラスの片面から絵の具の層を重ねていって、反対側から鑑賞するという絵です。私はこれをずっと前から独学でやっていて、ガラス絵博物館というサイトで細かいことを紹介しています。ご興味と暇があればご覧ください。膨大なサイトです。
d0152550_930273.jpg

by ammolitering4 | 2014-03-17 09:40


<< バークティ・ヨガ、永遠の愛の術... おまけ >>