第15章

第15章 科学と信仰について

シュリーラ・プラブパーダと彼の弟子の一人との間の次の会話は、1975年5月にオーストラリアのパースにおいて早朝の散策の間に録音されました。

弟子:  (物質主義的な科学者の役割をとって)なぜあなたはクリシュナ意識を科学と呼ぶのですか?それは単に信仰であるように見えます。

SP:  あなたのいわゆる科学もまた信仰です。もしもあなたが自分の方法を科学と呼ぶなら、それなら私たちの方法もまた科学です。

弟子:  しかし、私たちの科学では、私たちは自分たちの信仰(訳注:信じていること)を証明することができます。

SP:  それなら、化学物質が生命を作ると証明しなさい。あなたの信仰は、生命は化学物質から作られているというものです。ですから、それを証明しなさい。そうすればそれは科学です。しかし、あなたはそれを証明することができません。したがって、それは信仰でありつづけます。

弟子:  しかし(Well)、あなたは魂を信じていますが、あなたはそれが存在すると証明することができません。私たちは魂を見ることができないので、生命は物質から生じると結論しなければなりません。

SP:  あなたは自分の鈍感な感覚で魂を見ることはできませんが、それは知覚され得ます。意識は知覚されることができ、そして意識は魂の徴候です。しかし、もしもあなたが言うように生命が物質から生じるのなら、それならあなたは、死体が再び生きるようにするために、欠けている化学物質を提示することによって、それを立証しなければなりません。これが私の挑戦です。

弟子:  正しい化学物質を見つけるには、しばらく時間がかかります。

SP:  それはあなたが無意味なことを話しているということを意味します。あなたの信仰は、生命は化学物質から生じる、というものです。しかし、あなたはそれを証明することができません。したがってあなたは自分自身を悪者であると証明します。

弟子:  しかし、あなたはバガヴァッド・ギーターを信仰に基づいて受け入れます。どうしてそれが科学的なのですか?それは単にあなたの信仰です。そうではありませんか?

SP:  なぜそれが科学的でないでしょうか?バガヴァッド・ギーターには(サンスクリット引用)とあります。「すべての生命体は十分な穀物(訳注:food grains、この場合は広く「食物」を指すものと考えるできでしょう)を食べることによって生存し、そして穀物は雨から作られます。」それは信仰ですか?

弟子:  それは本当のことに違いありません。

SP:  同様に、バガヴァッド・ギーターの中のすべてのものは真実です。もしもあなたがそれについて注意深く考えるなら、あなたはそれがすべて本当であることを知るでしょう。バガヴァッド・ギーターにおいて、クリシュナは、社会には魂と神を知っているブラーマナ、知的な階層の人々がいなければならない、とおっしゃいます。それが文明化された人類(man)です。しかし、今日の社会において、そのような階層の人々がどこにいますか?

弟子:  多くのラビ(訳注:ユダヤ教の聖職者)、神父、そして牧師がいます。

SP:  しかし、彼らは神について何を知っていますか?ただ、この一点を明らかに見ようとしなさい。至高の権威が存在します。あなたは独立してはいません。したがって、あなたは至高の権威が存在するということを受け入れなくてはなりません。しかし、あなたはその至高の権威が誰か知りません。ですから、もしもあなたが至高の権威を知らないなら、あなたの知識の価値は何ですか?

(改行)たとえば、ある人が自分の国の政府について知らないと仮定しましょう。彼はどんな人でしょうか?彼は単に三流の人物、ろくでなし(訳注:rascal)です。文明化された人は、自分の国の政府について知っています。同様に、宇宙全体の政府が存在します。しかし、もしもあなたがそれを知らないなら、あなたは三流の非文明人です。

したがって主クリシュナはバガヴァッド・ギーターにおいて、人間の社会には、神を知り、宇宙全体の管理について、それがいかに神の命令の下で働いているかを理解している、知性的な階層の人々がいなければならない、とお教えになります。私たちクリシュナ意識の献身者は、これらのことを知っています。したがって私たちは文明化されています。

弟子:  しかし、バガヴァッド・ギーターは五千年前に書かれました。ですから、それは今日とは関係ありません。

SP:  バガヴァッド・ギーターは五千年前に書かれたのではありません。それは既にそこにありました。それはいつも存在していました。あなたはバガヴァッド・ギーターを学んでいますか?

弟子:  はい。

SP:  それでは、あなたはバガヴァッド・ギーターのどこに、それが五千年前に書かれたということを見出すのですか?それは1億2000万年以上前に最初に語られました。クリシュナは(サンスクリット引用)とおっしゃいます。「私はこの科学を1億2000万年以上前にヴィヴァスヴァーンに語りました。」

あなたはこれを知らないのですか?あなたはどういうバガヴァッド・ギーターの読者なのですか?(訳注:あなたはそれでもバガヴァッド・ギーターの読者なのですか?)バガヴァッド・ギーターはアヴャヤムです。それは永遠に存在しています。ですから、どうしてあなたはそれが五千年前に書かれたと言えるのですか?

(改行)(シュリーラ・プラブパーダ、ご自分の杖で昇る朝日を指す)ここに私たちは太陽がちょうど昇っているのを見ます。(訳注:「ごらんなさい。太陽が昇っています。」)しかし、それはいつもそこに、宇宙空間にあります。バガヴァッド・ギーターはそのようなものです。それは永遠の真理です。太陽が昇っているとき、私たちはそれがちょうど今存在し始めているとは言いません。

それはいつもそこにあります。しかし、私たちはそれが昇るまで見ることができません。人間は、夜には、太陽は死に、朝には新しい太陽が作られるのだと考えていました。彼らはまた、地球は平らであるとも信じていました。これがあなた方の科学的な知識です。毎日、新しい知識です。

弟子: これは、私たちが真実を発見しているということを意味します。

SP:  いいえ。それはあなた方が真実とは何かを知らないということを意味します。あなた方は単に推量しています。今はあなた方は何かを真実として受け入れます。しかし、2-3日するとあなた方は、それは真実ではない、と言います。そして、あなた方はこれを科学と呼びます!

弟子:はい、おっしゃるとおりです。わずか2-3年前に書かれた科学的な教科書の多くは、今では古びています。

SP:  そして、あなた方が今使っている科学的な教科書は、2-3年すると役に立たなくなります。これがあなた方の科学です。

弟子:  しかし、少なくとも私たちが今知っていることは、私たちがかつて知っていたことよりも真実に近く、そしてもしも私たちが努力を続けるなら、私たちはより多くを知るでしょう。

SP:  これはあなた方がいつも無明の内にあるということを意味します。しかし、バガヴァッド・ギーターはそのようなものではありません。クリシュナはアルジュナにおっしゃいます。「私はこの科学を最初に1億2000万年前に教えました。そして今日、私はあなたに同じことを教えています。」

それが科学的な知識です。真実はいつも同じです。しかし、あなた方科学者たちは、いつも変化しています。「真実を発見している」と、あなた方はそれを呼びます。それは、あなた方が真実とは何かを知らないということを意味します。

弟子:  (自分自身として)問題は、 すべての人が詐欺師であるということです。誰もが推量しており、自分の結論を真理として提示しています。

SP:  そうです。したがって私たちは、騙さない人であるクリシュナを受け入れなければなりません。そして私はクリシュナがおっしゃったことだけを提示しているので、私もまた、詐欺師ではないのです。それが私たちと科学者たちとの間の違いです。
[PR]
by ammolitering4 | 2011-04-16 02:00 | 「ハレ・クリシュナの挑戦」


<< 第16章 宣伝のお願い >>