地震(修正あり)

寒がりな私でもようやく手袋も要らない季節になりました。水仙の花が咲いています。
b0200190_1104534.jpg



カメリアの花も咲いています。椿ですね。お菓子みたいなピンク色です。
b0200190_1111860.jpg



こうやって春が来る様子など見ていると自然の優しさや美しさを感じるのですが、一面では鬼の形相を呈するものでもあります。火山が噴火したり、地震が起きたり、津波がやってきたりするのは、決して新しいことではありません。でも、最近はどうもそういう事態があまりに立て込んでいるような気がします。次から次へと、順番待ちでもしているみたいに。。。

念のため、HAARPモニターの観測を続けている方のブログをご紹介します。
次なる大地震の可能性
非常に近い将来、もしかしたら明日か明後日くらいにも、環太平洋帯のどこかでもう一度巨大地震が起こる可能性が危惧されています。念のため、灯油ストーブなど使っている方は片付けておかれることをお勧めします。また、日本で発生して放射能が大規模にもれた場合を想定して、ヨウ化カリウムを入手してください。ただ、これは手に入りにくいかもしれません。副作用もある薬品です。

チェルノブイリ事故の際には、ウガイをするときに使うヨウ素で代用したそうですから、そっちのほうが入手しやすいかもしれません。(一日2-3滴摂取。)(今日、ニュースを見ていたら、「ウガイ薬で代用してはいけません!」と出てました。ほんとにどうもすみません。内用すると害があるそうなのです。でも、だからチェルノブイリではほんの2-3滴ずつ飲んでたのかもしれませんね。どんな害があるのか分かりませんが、チェルノブイリのときには人々は副作用を承知で飲んでいたのかもしれないなと思ったりします。専門的なことは分かりませんが、チェルノブイリのときに人々が自衛のためにしたことを本気で調べたほうがいいかもしれません。)

また、それもない場合には昆布が有効だそうです。とくにトロロ昆布がいいそうですが、なぜでしょう。なければ他の昆布製品でもいいでしょう。スーパーでは昆布100%を粉にしたダシの素みたいなのも売ってますから、特にお子さんがいらっしゃるご家庭では、できるだけ買っておかれるといいと思います。

こういうのは、杞憂に終わればそれが一番なのです。あとになって「葉子さんのせいで、この山ほどの昆布、、、どうしよう!?」とぶつぶつ言えるようになることを期待して、ぜひ買い込んでおいてください。

HAARPモニターで観測されている動きは、日本の近くを指すものではないかもしれず、地震でさえないかもしれません。でも、今回の地震の後揺れは震源が南下傾向にあり、また、個人で地震予測を続けておられる方の予想によれば、1週間くらいのうちに九州地方を中心とする地震がある可能性が示唆されているそうです。万が一に備えて、家の中に頭の上に落ちてきそうなものがないか確認してください。また、家族で集合場所を決めておく必要もあるでしょう。小さなお子さんの場合は下着や持ち物に名前と連絡先を書いておくのも有効だと思います。

この地震はバンクーバーに来たらおしまいですね。耐震構造って何?という程度の建築ばかりですから。どうぞみなさま、ご無事でお過ごしください。
[PR]
by ammolitering4 | 2011-03-13 11:25


<< 「ハレ・クリシュナの挑戦」 はじめに 本の表紙 >>