規律は何のため

いつも思うのですが。。。私はどれくらい真剣なのでしょう。クリシュナのもとに帰りたい、本来の姿に戻りたい、という気持ちは、確かにそこにあります。それは本来すべての生命体の心の中に潜在的に存在するものであり、自分の中にあるそれも否定するわけではありません。それは強く感じられるときもあるし、しかし忘れているときのほうが多いような気がします。チャンティングにしても4つの規律的な原則にしても、べつに守らなかったからと言って地獄へ直行というわけではないと思います。でも、こういうのは「特定の目的に照らして、最も効率的に目標を達成するためにはこれは避けなさい、これをしなさい」という性格のものです。当然、守らなければ自分の発達が阻まれます。それが分かっていながら、本気で厳密に守ろうとしていません。罪悪感あるいは自己嫌悪と共に、「まあ、この程度は、、、まあ今日は面倒くさいから、、、」と言って自分に怠慢の許可を与えてしまいます。そういう自分を見ていると、結局心から本気で神様のもとへ帰ることを望んではいないのだろうなと結論せざるを得ません。

ひるがえって物質界を見れば、心のひっかかりがたくさんあります。苦しい時には神頼みしますが、日頃はそれくらいの真剣さをもって物質界における人間関係について考えていたりします。築くべき関係を築いていない相手や、修復すべき関係を修復していない相手、(私が)果たすべき責任を果たしていない相手などに対して、きちんとした働きかけをしていません。それもやっぱり単なる怠慢であるわけですが、行動せずに悶々と無駄に思い悩むわけです。これも同じように、結局は真剣さの欠如ということなのでしょう。でも、多くの場合はこちらの問題のほうが身近に感じられ、根源的ではあるけれどかすかな神への渇望は容易に忘れさられてしまいます。

心から本気で何かを望めば、自分を律することも苦痛ではなくなり、むしろ今では誘惑と感じられるものが嫌いになるのではないかと思います。今現在でも、私はテレビドラマを観たりナイトクラブに行ったりしませんが、これは別に我慢しているわけではなく、私の嗜好に合わないからです。肉を食べないのも、死体を食べるということが生理的に受け付けがたいから、というのが原点にあります。子供の頃は抵抗感を感じつつも出されたものは食べていましたが、それをおいしいと感じる自分の舌が屈辱的だと感じていました。体をもって生きていること自体が屈辱的だと感じていたのですが、その大きな原因の一つはこれだと思います。ただ、この感覚は大人になるにつれて薄れていきましたけれど。

正直なところ、魚と卵に関してはそれほどの抵抗感はありません。でも、卵を食べないのは鶏が怒るから、あるいは卵の生産工場の様子を実地で知っているから。そして魚を食べないのは川や海にゴミとか排水とかし尿などを平気で投棄しているから。みんな気持ち悪くないのかな、と不思議です。いくら「検査したら水銀濃度は規定以下でした」とか言っても、気持ちの問題です。小さい頃に遊んでいた川の横に大きな工場ができて、太いパイプから不気味な排水がどんどん川に流されるようになりました。海は大きいので、それでも綺麗な部分は綺麗なのでしょうけれど、どうもねえ、やっぱり海流とかあるし、、、と思ってしまいます。でも、そういう気持ちは哺乳類の肉に対する抵抗感よりもずっと少ないので、「ベジタリアンであれば肉を食べない人」の私のために誰かが作ってくれた料理の中に卵や魚が混じりこんでいても、まあいいや、と思って食べたりします。目玉焼きとか刺身とかはご遠慮しますが。。。

こういうのって、非献身者との付き合いが多い、あるいは日頃の暮らしでそれしかないに等しい私にとっては割と難しいものです。白でないなら灰色も黒、戒律なんかもうどうだっていい、とまで割り切る気持ちにはなれませんが、かといって真っ白で生きていくのは私には無理でしょう。他の事項だって、酒も煙草もしない、とは言いつつ、もともと多少ならず陶酔物好きな私は今でもときどき酒粕で甘酒を作ったりします。アルコールはほとんどないですけど。奈良漬の一気食いと同程度ではないでしょうか。それにカフェインだって、ほとんど摂らないとはいえ、お茶に招いて頂いた時など飲んだりします。こういうのもすべて「じゃあちょっとだけ。。。」という気持ちを全く感じないようになったら、そのときは私ももうちょっと真剣になったということなのだと思います。

舌と性器を統御するものは心を統御できるとプラブパーダもおっしゃいます。舌の働きは、味わうことと喋ること。(これには書くことも含まれます。)無駄なお喋りも結構してるかも。。。もう一つのシタの統御については、とりあえず素敵なお兄さんたちから次々と誘われてどうしようもないという問題がないので安泰です。でも、これもグレーゾーンはかなり広そうです。かくも難しきは肉体の統御かな。やっぱりこれを最後にお願いしたいものです。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-03-26 00:10 | その他


<< お待たせしてます 第1章 ルーパ・ゴスヴァーミー... >>