第3段落 前半

第3課

(サンスクリット原文)

(翻訳)

純粋な献身奉仕の遂行にとって好ましい、6つの原則があります。

1、熱意があること。
2、自信をもって努力すること。
3、忍耐強くあること。
4、規律的な原則に従って行動すること。(クリシュナについて聞くこと、御名を唱えること、クリシュナを思い出していること(サンスクリット引用)など)
5、非献身者との関わりを放棄すること。
6、以前のアーチャーリャたちの足跡を辿ること。

これらの6つの原則は、疑いもなく純粋な献身奉仕の完全な成功を保証します。

(解説)

第1段落

献身奉仕は、感傷的な推察や想像上の恍惚状態ではありません。その本質は実際的な活動です。シュリーラ・ルーパ・ゴスヴァーミーは、自著バークティ・ラサームリタ・スィンドゥー(1.1.11)において、献身奉仕を以下のように定義しています。

(サンスクリット引用)

「ウッタマー・バークティ、すなわち至高の人格神クリシュナへの純粋な献身は、主にとって好ましいやり方による献身奉仕を捧げることです。この献身奉仕は、いかなる無関係な動機も含むべきではなく、結果を求めるカルマ、非人格的なジニャーナ、および他のすべての自己中心的な欲望も含むべきではありません。

第2段落

バークティは一種の修養です。修養といえば、私たちは直ちに活動に言及しなければなりません。冷静の修養とは、一部の偽物のヨギーが教えるように、瞑想のためにじっと座っていることではありません。そのような無駄な(idle)瞑想は、献身奉仕について何も知らない者には良いかもしれません。そしてこの理由によって、それは時として、気を散らしがちな物質的な活動を制止するために勧められます。

瞑想とは、少なくとも当面のところすべての無意味な活動を止めることを意味します。しかし、献身奉仕はすべての無意味な俗世の活動を終息させるだけでなく、人を意味のある献身奉仕に携わらせもします。シュリー・プラーラーダ・マハーラージャは、以下のようにお勧めになります。

(サンスクリット引用)

献身奉仕の9つの過程は以下のようなものです。

1、至高の人格神の名前と栄光を聞くこと。
2、主の栄光を唱えること。
3、主を思い出していること。
4、主の御足に奉仕すること。
5、神像を崇拝すること。
6、主の敬意を捧げること。
7、主の従者として活動すること。
8、主と友人になること。
9、自分自身を完全に主に服従させること。

第3段落

シュラヴァナム、すなわち聞くことは、超越的な知識を得るための第一歩です。人は正統でない人々に耳を傾けるべきではありません。そうではなく、バガヴァッド・ギーター(4.34)に勧められているように、適正な人物に近づくべきです。

(サンスクリット引用)

「ただ、霊的指導者に近づくことによって真実を学ぼうとしなさい。彼から従順に問い、彼に奉仕をしなさい。自己を認識した魂は、あなたに知識を捧げることができるからです。彼は真実を見たからです。」


第4段落


それはムンダカ・ウパニシャッドにおいても勧められています。(サンスクリット引用)「超越的な科学を理解するためには、人は真正なる霊的指導者に近づかねばなりません。」このように、超越的な秘密の知識を従順に受け取るというこの方法は、単に精神的な推量に基づいているのではありません。このことに関して、シュリー・チャイタンニャ・マハープラブはルーパ・ゴスヴァーミーに次のようにおっしゃいました。

(サンスクリット引用)

「ブラーマーの創造した宇宙を横切る途上で、一部の幸運な魂はバークティラターの種、献身奉仕のつる草を受け取るかもしれません。これはすべて、グルとクリシュナの恩恵によるものです。」(CC、マデャー19.151)

この物質世界は、生命体にとっての監禁の場所です。そして生命体は生来アーナンダマヤ、すなわち喜びを追い求めます。彼らは実際は制約されたこの世界の監禁から自由になりたいのですが、解放の過程を知らないので、一つの生命の種から別のそれへと、そして一つの惑星から別のそれへと転生する運命にあるのです。

このようにして、生命体は物質宇宙全体をさまよっています。幸運によって純粋な献身者との接触があって、その人から辛抱強く聞くとき、人は献身奉仕の道を辿り始めます。そのような機会は、誠実(sincere、真摯)な人に与えられます。クリシュナ意識協会は、そのような機会を人類全体に与えています。もしも幸運にも人が献身奉仕に携わるこの機会を利用するなら、解放への道は直ちに開けます。

第5段落

人は、家へ、至高神へと帰るこの機会を非常に熱心に受け入れるべきです。熱心さがなくては、人は成功し得ません。物質世界においてさえ、人は成功するためには自分の特定の活動の分野で非常に熱心でなければなりません。自分の分野での成功を望む学生、ビジネスマン、アーティスト、その他誰であれ、熱心でなければなりません。同様に、人は献身奉仕において非常に熱心でなければなりません。熱心さは活動を意味しますが、しかし、誰のための活動でしょうか?答えは、人はいつもクリシュナのために活動すべきであるというものです。(サンスクリット引用)

第6段落

人生のすべての段階において、バークティ・ヨガにおける完成を得るために人は霊的指導者の指揮の下で献身奉仕を行うべきです。自分の活動を押さえ込んだり(to confine)狭めたりしなければならないというものではありません。クリシュナはあまねく行き渡られます。したがって、クリシュナご自身がバガヴァッド・ギーター(9.4)において述べていらっしゃるように、クリシュナから独立したものは何もありません。

(サンスクリット引用)

「私によって、私の非顕現なる形において、この宇宙全体が満たされています(to be pervaded)。すべての存在は私の中にありますが、私はそれらの中にはありません。」真正なる霊的指導者の指揮の下で、人はすべてをクリシュナへの奉仕にとって好ましいようにしなければなりません。例えば、現在私たちはディクタフォン(速記用口述録音機)を使っています。この機械を発明した物質主義者は、それをビジネスマンや俗世的な主題について書く作家のために作りました。

しかし、私たちはこのディクタフォンをクリシュナ意識の文献を書くために使っています。もちろん、このディクタフォンの製造者は完全にクリシュナのエネルギーの内にあります。電気的な機能を含む機械のすべての部分は、5つの基本的な種類の物質エネルギー(サンスクリット引用)の異なる組み合わせと相互作用からできています。

発明家は、この複雑な機械を作るために自分の脳を使いました。そして彼の脳も(訳注:機械の)材料と同じくクリシュナによって供給されました。クリシュナの言明によれば、(サンスクリット引用)「すべては私のエネルギーに依存しています。」こうして献身者は、クリシュナのエネルギーから独立しているものは何も無いので、すべてはクリシュナへの奉仕のために波長をそろえるべきであるということを理解することができます。

第7段落

クリシュナ意識において知性とともに遂行される努力は、ウツァーハ、すなわち熱意と呼ばれます。献身者は、それによってすべてが主への奉仕のために利用されるところの正しい方法を見つけます。(サンスクリット引用)献身奉仕の遂行は、無駄な瞑想ではなく、霊的な人生の最前面における実際的な行動です。

第8段落

これらの活動は、辛抱強く遂行されねばなりません。人はクリシュナ意識において短気であるべきではありません。実際、このクリシュナ意識運動はたった一人で始められました。そして初めは何の反応もありませんでした。しかし、私たちは忍耐強く自分たちの献身活動を遂行し続けたので、人々は徐々に運動の重要性を理解し始めました。そして今では、彼らは熱心に参加しています。人は献身奉仕を遂行する上で短気であるべきではありません。そうではなく、人は霊的指導者からの指示を受け、グルとクリシュナの恩恵に頼ってそれを忍耐強く遂行すべきです。

クリシュナ意識の活動に成功するには、忍耐と自信(confidence、確信)の両方が必要です。結婚したばかりの女の子は当然(naturally)夫から子供を期待しますが、彼女はそれを結婚直後に得ることを期待することはできません。もちろん、結婚したらすぐに彼女は子供を得ようとすることはできますが、彼女は自分の子供がやがて発育して生まれるという自信をもって、夫に服従しなければなりません。

同様に、献身奉仕の服従とは、人が自信を持たねばならないということを意味します。献身者は(サンスクリット引用)と考えます。「クリシュナは必ず私を守り、献身奉仕の遂行の成功のために助けを与えてくださるでしょう。」これが自信と呼ばれます。
[PR]
by ammolitering4 | 2009-12-06 04:28 | 「教えの甘露」


<< 第3段落 後半 第2段落 後半 >>