ナレーション

ナレーション

サンデータイムズがこのやり取りを掲載した後、ハレ・クリシュナ運動は公けにコヴォール博士に彼の「生命は偶然の生化学的な組み合わせから生じたのである」という言明を証明するように挑戦しました。ISKCONは、もしもコヴォール博士が何らかの形の生命―――ネズミ、猫、蚊、あるいは他の何であれ明らかに視覚し得る生物―――を不活性な化学物質から作り出せる場合は50万ルピー(6万ドル)を提供する、と公けに発表しました。サンデータイムズ紙は、次の記事を掲載しました。

「何十年もの間、人々に神の存在を証明するように挑戦してきたスリランカ合理主義者の高僧、アブラハム・T.コヴォール博士は、今、それを受ける側に立っています。

ISKCON(国際クリシュナ意識協会)は今、コヴォール博士に生物が物質から生じたという彼の主張を証明するように挑戦しました。

“ハレ・クリシュナ運動のメンバーである私たちは彼に、化学物質を混ぜることで蚊の一匹でもかまわないので、何らかの形の生命を作り出すように公けに挑戦しています。もしも彼が自分の理論を実証できないなら、彼は永遠に黙るべきです”とISKCONのメンバーは言います。

彼らは、9月20日午後6時半にラマクリシュナ・ミッション会館でコヴォール博士を待っています。一般市民の入場料は無料です。」

この問題がこのように紙上で交わされていた間、ハムサドゥータ・スヴァーミーとコヴォール博士は、手紙の交換を通じて独自に刀を交えていました。
by ammolitering4 | 2009-09-24 07:41 | 「生は生より来たる」


<< 手紙1 記事3 >>