<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

人を指す言葉 3

人の形容のいろいろ
intelligent/less intelligent/unintelligent    知性的な・あまり知性的でない・知性的でない
superior/inferior   優れた・劣った
perfect   完全な
exalted   卓越した
pious   信心深い, 敬虔な
broad-minded   心の広い
soft-hearted   心の柔らかい
righteous  高潔な, 有徳な
peaceful   平和な、心の穏やかな
religious   宗教心の厚い
fortunate 幸運な
honest 正直な
enlightened 悟りを開いた、賢明な、啓蒙された(英知の光の差した、というのはどうでしょう?)
faithful/faithless    信心深い ・信仰心のない
...staunchly faithful ゆるぎない信仰心のある
...rigidly faithful 不動の信仰心のある
determined 決意の固い
steadfast   確固とした, 不変の, 不動の (in principle, in determination)
sober 落ち着いた、冷静な、分別のある
humble 謙虚な
tolerant 忍耐強い
enthusiastic 熱意のある
confident   自信のある、大胆な
proper (礼儀)正しい;上品な
pleasure-seeking 快楽主義的な
patient 辛抱強い
introspective 内省的な
properly purified 正しく浄化された
innocent   無邪気な、純粋な
empowered    権限を与えられた

否定的な形容
ordinary 普通の、一般的な
mundane 世俗的な
jealous    妬み深い
foolish    愚かな
low-minded    心が低劣な
lazy  怠惰な
idle   〈人が〉怠惰[無精]な, のらくらしている
undesirable   望ましくない
unwanted   望ましくない
materialistic    物質至上主義の、唯物的な
miscreant   邪悪な, 堕落した 、悪者の
ignorant  無学の, 無教育の、無知の、気づかない
passionate   情熱的な

..................................................................................................
enlightened について。 to enlightenという動詞は、文字通りもともとは「明るくする」という意味です。ただ、古い表現なので現在では同じ意味でto brightenという動詞が使われます。現行では、同じ「明るくする」でももっと抽象的な、「物を知らない人に教えて、その人の内的な世界を明るく開けさせる」という意味を持ちます。これは仏教の言葉では「悟りを開いた状態」を指しますが、そうなると「悟りとは何ぞや」という問題を避けて通るわけにはいきません。

まあ、そのまま使ってもいいのでしょうけど、ちょっと漠然としてる気もします。いろいろ考えてましたが、プラブパーダのご本には「クリシュナは知恵にあふれている」という表現が何度もでてきて、私たちがenlightened な状態になったらその光が差すわけですから、「神様の知恵」に当たるような言葉を当たると、「英知」(真実在や真理を捉(とら)えることのできる最高の認識能力)が適切じゃないかなと思います。

そういうわけで、「英知の光の差した」という表現はどうでしょう?
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-25 10:47 | 英語の勉強法 | Comments(5)

人を指す言葉 2

職業など
householder   家庭人
philosopher   哲学者
...empiric philosopher    実地経験主義の, 経験偏重の
speculator   思索[理論]家
...dry mental speculator   無味乾燥な精神的な理論家
...philosophical speculator   哲学的な理論家
scholar   学者
...well-read scholar   学識豊かな学者
...learnt scholar   学識豊かな学者
...renowned scholar   有名な学者
...so-called scholar   いわゆる学者
...passable scholar   何とか通用する学者
director (of a temple)   寺院長
minister   大臣
scientist   科学者
astrologer   占星術師
doctor   医者
physician   医師
...expert physician   経験を積んだエキスパートな医師
businessman   ビジネスマン
client   顧客、依頼人
writer   作家
author   著者
poet   詩人
biographer   伝記作家
...contemporary biographer   (伝記の主人公と)同時代の伝記作家
secretary   秘書
gardener   園芸家
cobbler    靴[革製品]の修繕屋
marchant   商人
farmer    農民(農場経営者を指す。小作人はfarm worker)
labourer   労働者
cowherd boy/girl   牛飼いの少年・少女
prostitute   売春婦
hunter   狩人

教師と弟子など
lord   主、王様
Emperor   皇帝
master   主人
professor   教授
teacher   教師
leader   指導者
guide   指導者、案内人、ガイド
authority   権威者
...higher authority   より高い権威者
spiritual master   霊的指導者
...bona-fide spiritual master   真正なる霊的指導者
...authorized spiritual master   権威者によって認定された霊的指導者
disciple   弟子
...principle disciple   主要な弟子
...direct disciple   直接の弟子、直弟子
audience   聴衆
reader   読者
student   学生、学徒
...host of student   大勢の学生たち
pupil   生徒
servant   従者
...eternal servant   永遠の従者
...maid servant   侍女、女性の従者
servitor   従者, 従僕, 召使 (古風な表現)
host   (客人に対して)主人
guest   客人
visitor   訪問者
traveler   旅行者
landlord    地主, 家主;土地所有者、経営者
tenant   借地[小作, 借家]人
proprietor   所有者, 経営者, 所有経営者
dependent   (金銭・衣食など)他人に頼って生活している人;家来, 従者, 扶養家族

信仰者と無神論者
devotee   帰依者、献身者
...pure devotee   純粋な献身者
...advanced devotee   高度に発達した献身者
...confidential devotee   (霊的指導者からの)信任の厚い献身者
...perfect devotee   完全な献身者
...exemplary devotee   模範的な献身者
...genuine devotee   本物の献身者
...pseudo devotee / imitator   偽物の献身者、模倣者
...neophyte devotee   新しく改宗した献身者
non-devotee   非献身者
heretic   異教徒
novice    新帰依者, 新改宗者
convert   改宗者
spiritual aspirant   霊的な完成を求める人
spiritual practitioner   霊的な修練をする人
follower   (思想・信仰などの)信奉者, 支持者;弟子, 門下
...sincere follower   誠実な信奉者
...numerous follower   大勢の信奉者
admirer   賛美者, 崇拝者
worshipper   崇拝者;礼拝者, 参拝者
advocate   支持者、運動を提唱する活動家
meditator   瞑想者
missionary   伝道者、布教者、宣教師
priest   聖職者、司祭、牧師
preacher   説教師, 伝道者;牧師
religious preacher   宗教的な伝道師
Hindu   ヒンズー教徒
Vedantist    ヴェーダ主義者
Christian   キリスト教徒
Buddhist   仏教徒
Jain   ジャイナ教徒
Judaist   ユダヤ教徒
Moslem/Muslim/Mohammedan   イスラム教徒
atheist   無神論者
theist   有神論者
monist   一元論者
materialist   物質主義者、唯物論者
spiritualist   心霊主義者;精神主義者;唯心論者
transcendentalist   超越主義者
impersonalist   非人格論者
utilitarian    実利主義者; 功利主義者
capitalist   資本主義者、資本家
communist   共産主義者
plan-maker   計画を立てる人
...materialistic plan-maker   物質的な計画を立てる人

聖人と凡人
sage   聖人
holy man   聖人
saintly person   聖人
all-perfect person   全てにおいて完全な人
purified man   浄化された人
gentleman   紳士
prophet   預言者, 神意の代弁者, 神託を述べる人
broad-minded man   心の広い人
yogi   ヨギー
mystic yogi   神秘的な力を持ったヨギー
genius   天才
...gigantic genius   類まれなる天才
hero   主人公、ヒーロー
cripple-minded man   心の歪んだ人
fruitive worker   結果を求めて行動する人
fruitive actor   結果を求めて行動する人
worldly men   世俗的な人
worldly-minded man   世俗的な心を持った人
layman   俗人
a common human being   一般の人
common people   一般の人々
common man   一般の人
rascal   悪人
fool   愚か者
enemy   敵
thieve   泥棒
demon   悪魔、極悪非道の[鬼のような]人
scholarly demon   学識のある悪魔
demoniac person   悪魔的な人

その他
eye-witness   目撃者
informant   情報源である人
victim   被害者
leper    ハンセン病患者;つまはじきにされる人
one Mr. Smith   スミスさんという人
..........................................................................................................................
この単語リストはOpenOffice3.1で作ったファイルです。ご希望の方にはお送りしますので、コメント欄でご連絡ください。削除用パスワードをご自分で設定していただければ、どなたでも書きこめます。自由に工夫を加えて使いやすいリストにしてください。なお、この単語帳はこれからもときどき追加していきます。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-25 09:30 | 英語の勉強法 | Comments(2)

人を指す言葉 1

ここ2-3日、翻訳をサボって単語帳を作っています。これはどっちにしてもいずれはしなきゃいけないものなのです。まず手始めに、私たち人間を指す表現を集めてみました。プラブパーダのご本をほんの何冊か見ただけですが、基本的なところは集まったと思います。英語で読むとき、あるいは外国の献身者とお話しをするときの手助けになれば幸いです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

soul    魂
。。。individual soul 個々の魂
。。。spirit soul    霊魂
。。。pure soul    純粋な魂
。。。surrendered soul   服従した魂
。。。liberated soul   解放された魂・悟りを得た魂
。。。realized soul   (自己を)認識した魂・(真実を)悟った魂
。。。self-realized soul   自己を認識した魂
。。。fallen soul   堕落した魂
。。。conditioned soul   制約された魂
living entity   生命体
。。。created living entity   創造された生命体
。。。atomic living entity   原子的な大きさの生命体
。。。finite living entity   微細な生命体
creature    生命体
。。。created creature   創造された生命体
being   存在

個人
person/man/one人
。。。man in general    一般の人(人は一般に、というような表現)
personality   人(性格, 性質, 人格, 人柄、という意味合いが含まれる)
individual    個人
character    人物(変わり者、癖のある人、という意味合いが含まれる)
。。。abominable character   忌まわしい,(憎むべき)人物
personage   社会的地位の高い人, 著名人, 名士, 有力者
。。。a great personage   同上。強調表現

社会
people/men   人々
。。。chosen people   選ばれた人々
。。。people in general   一般庶民
。。。masses of people   群集
civilized men   文明化された人々
crowd   人ごみ、群集
community   共同体
society   社会
。。。human society人間社会
mankind    人類
humanity    人類
。。。humanity at large   人類全体
human beings   人間たち、人々
。。。human beings all over the world   世界中の人々
caste   階級
generation   世代
。。。future generations   未来の世代
。。。next generation   次の世代
ancestor    先祖, 祖先
descendant   子孫、末裔

成長
embryo    (妊娠8週未満の)胎児
infant 幼児
off-spring    (人・動物の)子
child    子供
。。。foster child  里子
lad    若者、少年(普通は男の子を指す)
。。。whimsical lad  気まぐれな若者
。。。frolicsome lad  陽気な若者
youth  若者
adult  大人
lady    女性(本来は「淑女」という意味だが、普通に女性を指すことが多い)
damsel  (高貴な生まれの)少女
grown man  大人(体が大人として成熟した、という意味合いがある)
married man/woman  結婚した男・女
male/female  男性・女性
elder(s)    年長者、長老(普通は複数の高齢者を指す)

家族
family   家族、家庭
。。。the whole family   家族全体
。。。a member of the family   家族の一員
。。。low family    身分の低い家庭
husband/wife   夫・妻
father/mother   父・母
。。。seed-giving father   命を与える父(クリシュナを指す。普通に父親を指す表現ではない)
。。。widowed mother   夫を亡くした母
。。。dear mother   愛する母
brother/sister   兄弟・姉妹
。。。elder/older brother   兄 
。。。younger brother   弟
。。。brother-in-law   義理の兄弟
son/daughter   息子・娘
uncle/aunt   伯父・伯母(叔父・叔母)カッコの中は父母の弟や妹を指す。
nephew/niece   甥・姪
godbrother/godsisiter   宗教的に同じグルに入門した者たちを指す。
designation   「称号」。自分の体を指して「これである、あれである」と考えること。
relationship   (人間)関係
。。。conjugal relationship   夫婦関係
。。。family relationship   家族関係
consort   身分の高い人の配偶者
。。。eternal consort   永遠の配偶者

友人
friend   友人
。。。childhood friend   幼馴染
comrade     同志、仲間
associate    友人、仲間
entourage    側近の人々, 取り巻き連;随員
mate   配偶者、仲間(複数形が多い)
lover/beloved   恋人・愛されている人
brotherhood   兄弟意識
。。。spiritual brotherhood   霊的な兄弟意識

住人
inhabitant   住人、住民
resident    住人、住民
citizen   市民
townspeople   町民, 市民
villager    村人
people of ~   ~に住む人々
the whole population of ~   ~に住む人々みんな
inmate   家人
neighbouring ladies   近隣の女性たち
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-25 05:30 | 英語の勉強法 | Comments(0)

タッチストーンとは何ぞや

タッチストーン、触る石、とは一体何でしょう。これは日本語では試金石と呼ばれ、その昔、金や銀の純度を測るのに使われた玄武岩などの硬くて黒っぽい石を指します。霊的な世界では建物は全部これでできてるそうですが、そうするとずいぶん黒っぽい町並みです。実はずっと前にどこかでこれとは違う説明を読んだような気がしていたのですが、記憶が定かでなかったので、これまでの翻訳では「試金石」のままにしていました。

そしたら、見つけました。やっぱり霊的な世界のタッチストーンは玄武岩とは関係ないものでした。「主チャイタンニャの教え」の20章16段落によると、鉄がこの石に触れると金に変わってしまうそうです。錬金術ですね。なお、このタッチストーンは「物質的な物体」と書いてあります。ということは、どこかにあるのでしょう。いわゆる「賢者の石」というのがこれにあたると思います。

昔々、どこかの国に欲張りな王様がいて、指先で触れるものを何でも金に変えられるようになりたい、と願いました。どうにかこうにかしてその願いは聞き入れられ、お城も王座もきらきらの金になりました。ところが、愛するお妃様に触れると、彼女も動かぬ金に変わってしまいました。。。というお話があったような気がします。「賢者の石」が欲に目のくらむ人間たちの前に容易に現れないのは、ありがたいことであるかもしれません。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-22 08:02 | 英語の勉強法 | Comments(8)

おいしい水

先日のビデオの中には水をかきまぜる場面が何度も出てきました。まず一定の方向にかきまぜ、水の抵抗がなくなったら反対方向に混ぜる、というのを繰り返します。こうやって水の本来の力をよみがえらせるのだそうです。これを見た私はどうしたかというと、、、簡単に影響されて、自分でもやってみたのです。あいにくうちには牛糞もないし、畑もないので、肥料を作っても仕方ありません。その代わり、自分用の肥料、すなわちハーブティーを作ってみました。

規模もごくささやかに、ヨーグルトの入れ物に半分くらい水道の水を入れて、お箸でかき混ぜました。D君が「水の抵抗が大きいほうがいい」と言うので、途中でスプーンに替えました。10分くらい延々とかきまぜ、それから小鍋に入れてさらにかき混ぜました。

お鍋に入れてからしばらくしてティーバッグも放り込みました。全然高級じゃない、普通の安いティーバッグです。これはお鍋に入れたらすぐに破れてしまったので、お箸で破れた袋を押さえながら混ぜました。右へ左へと混ぜ続けること5分以上だったと思いますが、やがて沸騰直前になったので火からおろし、飲める程度に冷めるまで、さらにかきまぜ続けました。

できあがりは、驚くほどまろやかでクリーミーなお茶になりました。こんなにおいしいカモミールティーは初めてでした。労働をして汗をかいた後だからおいしかったのかもしれませんが、ほんとに水の濃度が変わり、甘みが強くなります。私は普通は一度にたくさん水分を取ると気持ち悪くなるのですが、これはおつまみ無しでたくさん飲んでも平気でした。すごーい、と思いました。時間のある方はどうぞお試しください。どんなお茶もすごく上等になりますよ。

。。。なお、労働して汗をかいたというのは冗談ですが、たったこれだけでもかき混ぜていたら結構いい運動になるような気がします。少なくとも腕の運動になります。これをバケツで毎日何倍もかき混ぜたら、両腕がすごくたくましくなるかもしれません。

Dear friends,

I'm having the best camomile tea I've ever had right now. It's the cheap tea bag kind, so it's not the tea which is making the difference. It's the water, but that's also just a tap water which is not even filtered.

I watched bio-dynamic farming video yesterday. There, they were showing stirring the water in certain way to activate it. I was easily influenced, and tried it out in an empty yogurt container. I stirred using a chopstick at first, then a spoon. I stir in one direction until all the resistance is gone, then I stir in the opposite direction. I repeated this for about 10 minutes.

Then I put that special water in a pot, and kept stirring in the same way with a teabag in it. The tea bag broke, and I used the bag (which eventually lost all the content) as a stirring aid for my chopstick. I brought the water to almost boil, removed from heat, and kept stirring until cool enough to drink.

The result is the creamiest, thickest tea I've ever had. It's SO nice. You should try it, most definately, when you have lots of time : )
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-13 16:39 | その他 | Comments(0)

第3章以下、最後まで

第3章 工場農業と思いやり

「もしも苦しみを感じたり見たりすることができるなら、あなたは躊躇しないでしょう。生命を返しなさい。肉を食べてはいけません。」
キム・ベイシンガー(訳注:アメリカ人の女優。「そんなことは誰でも知ってる」と思われるかもしれませんが、私は誰も知らないもので。。。)

第1段落

USDAのアメリカ農務省農業統計局(NASS)によると、2003年には、(魚などの)水生動物を含まないで、(アメリカで)100億頭の動物が殺されました。NASSは水生動物は数えませんが、殺された水生動物の数は屠殺された地上の動物の数を上回ると推定しています。NASSはまた、2004年には殺される動物の数は2.5%増えると予想しました。

農業動物改善運動(FARM)は次のように書いています。「今年(2004年)殺される予定の102億頭の家畜のうち、8億6800万頭(8.7%)は屠殺場に至る前に、病気、栄養不良、怪我、窒息、ストレス、「間引き」、あるいは他の致命的な工場農業手法によって死ぬでしょう。屠殺によらない死を割合が最も高いのは「レイヤー(採卵用の)」鶏でしょう。64.5%という、驚くべき数字です。

これは主に、すべてのオスが生まれたときに故意に窒息させられるからです。。。世界的には、国連のFAO(食糧農業機関)によれば、食糧として屠殺された動物の数は527億頭でした。この控えめな数字は、屠殺によらない死は含みません。また、小さな国々による過少申告も反映されておらず、何十億という水生生物も含みません。

第2段落
これらの数字は途方もなくて理解しがたいものですが、屠殺と、自分の食卓の上に出てくる肉製品との間に、意識的な関連付けをする人はほとんどいません。格好の例を挙げましょう。テレビのコマーシャルで、ドナルド・マクドナルド(訳注:マクドナルド・ハンバーガーの宣伝をするピエロ)は子供たちに、ハンバーガーは「ハンバーガー畑」に育つのだと言います。事実はそれよりはるかに不快なものです。

商業的な屠殺場(訳注:近代的な機械化された大型屠殺場)は地獄絵です。叫び声を上げる動物たちは、ハンマーで殴ったり、電気ショックを与えたり、衝撃弾で撃ったりして気絶させられます。それから気絶した動物たちは生きたまま逆さまに吊るされ、機械化されたコンベヤーシステムの上で死の工場を通り抜けます。喉は生きたまま切られ、生きたまま皮をはがれます。

「ビジネス倫理(Business Ethics)」誌の1999年11月・12月号に、この情景が描写されています。「私たちは、マクドナルドの原料提供者による屠殺場の残虐性に対して、懸念を表明せざるをえません。連邦の基準では、牛の皮をはぐ前に、100%の牛が完全に気絶していなければならない、と定めています。しかし、マクドナルドのトレーニングビデオによれば、皮をはいだり手足をばらばらにしたりする前に100頭の牛のうちの5頭に意識があるなら、それは許容されます。そして、本当の間違いの割合は5%をはるかに超えるかもしれません。」

テニスのチャンピオン選手、ピーター・バーウォッシュは、「ベジタリアン入門(A Vegetarian Primer)」誌の中で、屠殺場を訪問したときの自分の反応を描写して次のように書いています。「私は弱々しいデリケートな人物ではありません。歯の半分が折れてしまうまでホッケーをしましたし、テニスコートでは非常に競争心旺盛(competitive、競争、闘争意識が強い)です。しかし、屠殺場でのあの経験は私を打ちのめしました。

私は菜食主義を支えるすべての生理学上、経済的、そしてエコロジー的な論点を(訳注:頭では)知っていましたが、あそこから出てきたとき、動物に対する人間の残虐さを直接体験したことで、菜食に対する私の誓いに本当の基礎が築かれました。」

第3章は、「二十世紀」の節に菜食をしている有名人のリストが加えられています。それ以外は同じですので、今は省略します。

作家、哲学者、科学者などで菜食をする人は多くいましたが、現在ではその他にも多くの有名人が
菜食のエコロジー的で健全な考え方や、(動物への)思いやりを受け入れています。彼らの多くは、肉を食べないことにするという自分の選択について率直(outspoken)に語っています。(以下、リストには映画スター、歌手などのレコーディング・アーティスト、モデル、およびスポーツ選手が挙げられています。)

第4、第5、第6章も省略します。変更はありません。

第7章 レシピ

この章も省略します。最初にギーとパニールの作り方があります。

アジア料理
*ホット・アンド・サワー・トムヤムクン(タイのスープ)
*アジア野菜と豆腐とヌードルの炒め物
*ベトナム野菜のサラダ
*カレー・パフとタマリンドのチャトニー
*タイのもち米とマンゴーのデザート

インド料理
*ジャイプール風のダール
*グリーンピースとアーモンドのご飯もの
*北インド風のカリフラワーとジャガイモのカレー
*ほうれん草とパニールのカレー
*チャパティ
*ホット・アンド・サワー・パイナップル・チャトニー
*クルミとレーズンのハラヴァ

中東の料理
*スグリと松の実入りのトルコ風ピラフ
*レバノンのナスビのディップ
*ひよこ豆とゴマのペースト
*クスクスの野菜ソース添え
*イスラエルのひよこ豆のコロッケ
*レバノンのブルガー麦のサラダ
*フルーツコンポートのシリア風ミルクプディング添え

ヨーロッパ料理
*カボチャのスープ
*野菜グラタン
*ハーブ入りパン
*イタリアの市場のサラダ
*キャロブとファッジのケーキ
*スパイス入りリンゴジュース

ラテンアメリカ料理
*メキシコの青唐辛子のご飯もの
*トウモロコシと唐辛子入りのサツマイモスープ
*チェダーチーズと唐辛子のクッキー
*チーズ入りの豆とトルティーヤの軽食
*パパイヤのデザート

ギリシャ料理
*白い豆と野菜のスープ
*野菜の温サラダと、油とレモンのドレッシング
*ナスビのキャセロール
*シロップ漬けのナッツ入り焼き菓子

ヘルシースナック
*モグール地方のクミン入りのご飯もの
*ヴリンダーヴァン風の野菜シチュー
*マレーシアのサラダ
*焼いたポレンタのスパイシーなトマトソースかけ
*焼いたチアバッタのシリア風のディップかけ
*メープル・フルーツマフィン

その他の世界料理
*ゴーランガのジャガイモ
*パニールの揚げ物
*緑豆と野菜のご飯もの
*コフタのトマトソースかけ
*プーリー
*野菜のクリーミーソースかけ
*タイのご飯
*フォカチア
*野菜と日干しトマトのラザーニャ
*ほうれん草のリゾット
*ピザ
*チェリーのチーズケーキ
*サフロン風味のお米のプディング
*バラ風味のラッシー

「材料の説明」は省略します。

「おわりに」は省略します。「農場共同体」の節と「国際的な食糧援助」は削除されています。

「著者の紹介」(詳細は省略します)
ブータートマー・ダーサ(オースティン・ゴードン博士)
クールマ・ダーサ
ドルタカルマー・ダーサ(マイケル・クレモ)
ムクンダ・ゴスワミ

裏表紙

「ハイヤーテイスト」は、グルメな菜食料理の新しい世界への、そしてより高い目的地への、実践的なすばらしい入門書です。健康面および経済的な利点、道徳的および霊的に重要な論点を、食生活と栄養に対するこのエコロジー的な手法で学んでください。「ハイヤーテイスト」は、食べ方を変えることで人生を劇的に変えるにはどうしたらいいかを示します。

「国際クリシュナ意識協会は、菜食の食べ物が健康的でおいしくて目にも楽しいということを人々に知らしめるのに多大な貢献をしています。」
スコット・スミス、「ベジタリアン・タイムズ」誌

もしも地球を救いたいなら、ただ肉を食べるのをやめるだけでいいのです。それが一番大切な行動です。考えてみたらすごいことです。菜食は一度にいくつもの問題を解決します。エコロジーや、飢餓や、残虐さなどです。」
ポール・マッカートニー卿

本書はISKCON創設者である尊師A.C.バクティヴェダンタ・スワミ・プラブパーダ睨下の教えに基づいています。

ハイヤーテイスト改訂版 以上
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-13 05:39 | 「ハイヤーテイスト」 | Comments(0)

インドのバイオダイナミック農法 (日本語版あり)

こんにちは。食糧問題は個人的に関心のある事柄ですので、ハイヤーテイストは興味深く読みながら翻訳しています。この本の中には直接的な記述はありませんが、第二次大戦後は戦時中に大量生産された化学物質を農業に転用する動きが広がり、植物や動物や土を機械のように扱う農法が世界中に広まりました。60年代の「緑の革命」はその最たるものです。

遺伝子工学と化学農法が本当に人類の幸せのためになるのだと、直接関わっていた科学者たちは本気で信じていたのかもしれません。彼らとて別に悪魔ではなかったでしょう。ただ、してはいけない火遊びをしてしまったのだと思います。急速で大規模な変化は、土壌の荒廃を招きました。遺伝子操作された高価な種や大量の薬品や機械化された農具を買って、夢破れて土地を失った小規模農家は数知れません。他の国は知りませんが、インドでは大勢の自殺者も出ました。これはやがて家庭の崩壊に、そして農村の崩壊につながりました。事情はどこもあまり変わらないのではないかと思います。少なくともうちの田舎では似たようなことが起こっていました。

ところでこれはクリシュナチューブで見つけたビデオです。98分もあって長くて、しかも英語だけなのですけれど、頑張って見る価値はあります。バイオダイナミックというのはオーガニックみたいなものですが、それよりもっと先を行ってて、当然無農薬、遺伝子操作無し、牛の糞も活用するし、水に特定の音や動きを与えて活性化させるし、しかも星の動きに対応した何とかかんとか、、、と、盛りだくさんです。

ぜひ見てください。英語が分からなくても、インドの生きた農村の風景や、インドの農業を復活させようとする農民たちの輝く笑顔を見ることができます。なお、バイオダイナミック農法で作られた作物はとにかく味が良いのだそうです。カフェイン系の話ですが、史上最高値を記録した紅茶はダージリン地方にあるバイオ・ダイナミックの農園のものです。それはそれはダイヤモンドかと思うようなお値段だそうですが、至福の香りが楽しめるそうです。どんなのかな?興味はあるけど、やはり嗅覚はクリシュナに捧げた花の香りをかぐのに使うことにしましょう。
インドのバイオダイナミック農法
調べてみたら、日本語版が出ていました。DVDがあるそうなので、何とか手に入れられるといいですね。この映画の中では水をグルグルとある一定のやり方で何度も混ぜるというのが出てきます。また、変な形をしたソウメン流しというか、わざと水を何度も渦巻きにして流す機械(というか、仕組みというか)も出てきます。しかも、水を混ぜるときに唱える音みたいなのもあって、面白いです。すべては波動でできているということを目の当たりにする感じです。
「ヒト・ウシ・地球」日本語版の予告編
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-12 17:00 | その他 | Comments(4)

第2章 編集済み 

第2章全体を載せました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

第二章 目に見えない肉の値段:食糧不足という俗信

環境の破壊をやめて私たちの天然資源を保護するために取りうる最も効果的な行動は、牛肉やその他の肉の消費を減らすことです。私たちの選択には力があります。私たち個人にとって最も健康的なことは、私たちの貴重な、しかし傷ついた惑星の生命維持システムにとっても最も健康的なのです。
ジョン・ロビンズ。「新しいアメリカへの食生活(Diet for a New America)」の著者。カリフォルニア州サンタクルズにある地球保護協会(EarthSave Foundation)の会長

食糧飢饉の解決

第1段落
ベストセラー『小さな惑星のための食生活』の著者でもあり食糧専門家のフランシス・ムーア・ラッペは、かつてテレビ放送のインタビューで、一切れのステーキをキャデラックのように見なすべきだ、と語りました。「つまり、こういうことです。アメリカに住む私たちは、ガソリンは安価なものという幻想に惑わされ、ガソリンを浪費する自動車を使うことに慣れきってしまいました。おなじように、穀物は安価なものという幻想に惑わされ、穀物で育てた家畜の肉を中心とした食生活に慣れきってしまいました。」

第2段落 
米国農業省の資料によれば、アメリカで生産される穀物の90パーセント以上は、食卓をかざる牛、豚、羊、鶏などに与えられます。しかし、肉の生産に穀物を使うという方法は、非常に無駄の多いものです。米国農林省の経済調査部によれば、穀物を16ポンド使っても、得られる肉は1ポンドでしかありません。

第3段落
世界がその天然資源を汚染し続けている中で、家畜を育てるにあたってもう一つ大きな懸念があります。水です。カリフォルニア大学の農業公開講座の土と水の専門家は次のように示しています。
1.牛肉1ポンドを作るには 5,214ガロンの水が必要。(1ポンドは約0.45kg、1ガロンは約4リットル)
2.鶏肉1ポンドを作るには   815ガロンの水が必要。
3.豚肉1ポンドを作るには 1,630ガロンの水が必要。
4.レタス1ポンドを作るには   23ガロンの水が必要。
5.麦1ポンドを作るには     25ガロンの水が必要。

著述家であり活動家でもあるジョン・ロビンズは、「今日カリフォルニアでは、6ヶ月丸々シャワーを浴びないよりも、牛肉1ポンドを食べないほうがもっと水の節約になるでしょう」と書いています。

第4段落
アーロン・アルツル博士著『タンパク質・その化学と政治』の中で、1エーカー当たりのカロリーで見れば、穀物、野菜、豆類に基づく食生活の方が肉を食べる食生活に比べて20倍以上の人々を養える、と述べています。現在では、アメリカおよびヨーロッパ、アフリカ、アジアの諸国では、全耕作面積の約半分が畜肉動物の飼料を生産するために使われています。そのため、地球上の全耕作地を主に菜食のための食糧を生産するために利用すれば、200億人以上の人口をかるく養えます。

第5段落 
これらの事実をもとにして、食糧研究家たちは、世界の飢餓問題は多分に幻想である、と指摘しています。今でも私たちはこの惑星に住むすべての人々を養うのに十分な食べ物を生産しています。

不幸にして、それは効果的に配分されていません。世界飢餓協定(The Global Hunger Alliance)は次のように書いています。「餓死のほとんどは、すでにある食料減の不公平な分配と非効果的な利用によって引き起こされる慢性的な栄養不足が原因です。同時に、工場農業(factory farming)として知られる家畜の集中飼育(intensive livestock operation)などの無駄の多い農業手法が、すべての生命が依存する天然資源を急速に汚染し、枯渇させています。これらの方法によってより多くの食料を生産しようとする試みは、単に水汚染と土壌の劣化の増大と、ひいては飢餓の増大につながるに過ぎません。」

国連の世界食糧会議に提出された報告書は、これに同意を示しています。「富裕層が必要以上に肉を食べることは貧困層の飢えを意味します。この無駄の多い農業は改善されなければなりません。穀物で牛を飼育する飼育場を制限することが必要です。肉牛の数を大幅に減らすことさえ必要です。」

生きた牛は経済的な資産


第1段落
牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなどの高タンパク食品を生産しつづける生きた牛の方が死んだ牛よりも人々に多くの食料を与えることは一目瞭然です。

第3世界の飢餓の危機を解決しようとして、人々はインドのような国を見て、なぜその国の人々が貴重な穀物を巡って動物と競い合うことに甘んじるのか、といぶかりました。なぜ彼らは牛を食べてしまわないのでしょうか?しかし、ほとんどのヒンズー教徒は牛を神聖であると考え、屠殺しません。この文化的な傾向により、食料エコロジストたちは人間と牛の間の共存を研究し、その関係が実際に競争的であるのか、そして飢餓問題が牛を屠殺することで解決できるのかということを理解しようとしました。

ミズーリ大学のステュワート・オデンハルは、インドの西ベンガル地方の牛について詳しく研究した結果、牛は人間の食べ物を奪っているどころか、(モミガラやサトウキビの上部など)収穫された農作物の人間には食べられない残りの部分と草だけを食べている、と報告しています。「基本的に、牛は人間にはほとんど価値のない物を、直接役に立つ製品に変えます。」これは、インドでは人々が牛を殺さないから飢えているのだ、という俗信を打ち消すことになるでしょう。

むしろ、インドにおける食料問題は、牛よりも、時々起こるひどい旱魃や政治的な大変動、あるいは産業化が大きな原因であるという研究結果がでました。これは多くの第3世界の国々に共通しています。

第2段落 
殺さなければ、牛は驚くほどの量の高品質で高タンパクの食べ物を生産します。アメリカでは80年代に乳製品の生産を故意に規制する試みがなされ、政府はバターとチーズと脱脂粉乳を大量に備蓄することを強いられました。その量は毎週45ミリオンポンド(4500万ポンド、20,412,000kg、2万412トン)ずつ増えました。事実、当時アメリカに存在した一千万頭の牛はあまりにも大量の牛乳を生産したので、政府は時折乳製品を無料で貧困層に配給しました。(生きている)牛が人間にとって最も価値のある食料源の一つであるということは、全く明白です。悲しいことに、80年代半ばに、合衆国政府は乳製品を大量に備蓄することで牛乳の値段を支える必要をなくすために、何百万頭もの乳牛を買い取って屠殺しました。 

第3段落
アザラシやイルカ、クジラなどを屠殺から守る運動は盛んです。それでは、牛を保護する運動もあってしかるべきではないでしょうか?経済的な点からだけ見ても、健全な考えであるように見えます。

肉の値段は思っているより高い


第1段落
食肉業者は、経済的にも政治的にも権力をにぎっています。肉食の宣伝に自前のお金を何百万ドルも費やしているだけではなく、税金を不公平にうけとっています。現実的に言って、畜肉業はあまりにも無駄が多く、また高くつくので、この業界がなりたってゆくためには補助金が必要です。

ほとんどの人は、政府が食肉産業に無条件の補助金や好意的な貸付保証をしたり、その余剰製品を買い取ることによって、いかに手厚く支えているかに気がついていません。(しかもその余剰製品は多くの場合は処分されます。)これらの政府助成金の値段札は、私たちの子供たちの健康に表れます。2003年には、合衆国の全国学校給食プログラムは生徒たちに低費用の食事を与えるために、学校に60億ドル(600億円)以上も提供しました。

これは慈善事業のように見えますが、全国学校給食プログラムはもともと二つの目的のために作られました。一つは収入に関係なく子供たちに健康的な食事を提供すること。もう一つは「牛肉への需要を強化すること」によって農業関連産業を助成することです。肉を主体とした食生活が健康におよぼすあらゆる害を考慮すると、これは私たちの子供たちに、そして助成された給食を受け入れる他にほとんど選択の余地がない家庭に、何をしているのでしょうか?

第2段落
今日では、連邦政府は毎年8億ドル(80億円)以上の主に肉と乳製品を買い取り、学校で生徒たちに与えるために提供しています。連邦政府は、肉と乳製品の他に穀物と野菜と果物などすべての農作物を買い取るべきであるとされていますが、ロビー活動(訳注:利害関係者集団による、政治家に対する働きかけや圧力)に直接反応した購買をする傾向があります。

2001年には、USDAは学校に提供するために、牛肉および他の肉製品の余剰分に3.5億ドル(35億円)を支払いました。果物と野菜に払った額の二倍以上です。(そのほとんどは缶か冷凍。)より健康的なメニューを開発するために学校と共同して働いた栄養学者ジェニファー・レイモンドは、次のように言います。「基本的に、それは供給者への福祉プログラムです。。。それは農作物生産者のための価格支援プログラムであり、学校は単に購入された品物を捨てる場所でしかありません。」

この「福祉プログラム」を運営するお金は税金でまかなわれます。そして、市民は自分たちの子供たちの健康にかかる費用も負担します。かつては珍しかった子供の肥満、心臓病、2型糖尿病その他の、高コレステロールと高飽和脂肪の食事に伴う大人のものだった問題と、親たちが取り組まねばならない現状だからです。

第3段落
アメリカ政府は、ほとんど公表されていない動物の病気の問題を調査するために、全国ネットで検査官を保持しています。そのために巨額の税金が毎年、政府から流れ出ています。病気にかかった動物を始末すれば、政府は飼い主に補償金を支払います。

これについて、ニューヨーク・タイムズ紙の社説は、この助成金を「非常識だ」とし、「国民の財産を盗むスキャンダルだ」としました。

現在では、世界中の先進国の政府が、自国の農家が抱える「狂牛」に対して支払いをしています。2001年だけで、イギリス政府は「狂牛」に9,100万ポンド(1ポンド150円として135億円)以上を支払いました。他の政府も同様の出費をしています。

環境破壊

第1段落
肉食のために支払うもう一つの代価は環境汚染です。米国農業調査研究機関は、国内の何千もの屠殺場と飼育場から流れ出す、ひどく汚染された排水と下水が、河川の汚染の主な原因となっていると指摘しています。地球上の淡水の水源が、汚染されてきているばかりでなく枯渇してきているのは、急速に明らかになっています。中でも食肉業界は、著しく破壊的です。

第2段落
ジョン・ロビンズは、自著「食料革命(The Food Revolution)」の中でこう書いています。「合衆国で一年間に処理される鶏のほうが世界の人口よりも多いのです。鶏が76億、人間が60億です。合衆国には人間よりも多くの七面鳥がいます。七面鳥3億に対して、人間が2億8千万です。さらに、現在では合衆国全体で豚が1億頭、肉牛が6千万頭います。これだけたくさんの動物が出す糞便がどうなると思いますか?それについて考える人がいるでしょうか?」

第3段落
動物の糞便(manure、牛糞などの有機肥料)はいつの時代も自然な肥料でしたが、それが山のように貯まると、大変な廃棄物問題になります。不幸にして、その多くは水路に流れ込みます。「肉の大量生産は公害の主要な原因になりました。。。近年では、家畜の糞尿が魚の大量死やフィエステリア(訳注:有毒な藻の一種)などの病気の発生に関わっていると見られています。フィエステリアに汚染された水に触れたり摂取したりすると、記憶の喪失、意識障害、激しい皮膚炎などが起こります。現在、合衆国では家畜は人間の130倍の糞尿を作り出しています。。。これらの巨大農場は急増しており、人口密度の高い地域では家畜の糞尿が飲み水を汚染しています。」(タイム誌、1999年11月8日号)

地球温暖化

第1段落
大気は複数のガスの混合物からなります。その精密は組成は太古の昔から安定していました。しかし、二十世紀から二十一世紀に移行するにあたって、私たちは大規模な危機に直面しています。自然は私たちの大気の中の酸素と二酸化炭素の微妙なバランスを維持してきました。現在のように二酸化炭素が増加すると、結果は表れています。極致の氷冠は解け始め、海面は上昇し、気候の変動は世界中で明白です。

第2段落
地球温暖化に対して最も普通に言われる原因は、私たちが大量の化石燃料を燃やしているというものです。(汚染物質の)排出量は、もちろん産業化された国々が最大です。これらの排出量の大きな原因となっているのが農業です。主に大量の窒素肥料の使用が原因です。最も一般的な形の窒素肥料である硝酸アンモニウムは、実は化石燃料である天然ガスから得られます。合衆国で使われる窒素肥料の4分の1は、家畜の飼料として育てられるトウモロコシに使われます。

第3段落
合衆国政府は地球温暖化の重要性を最小化しようとしましたが、気候の変動はすべての種の生命にとって深刻な重要性があります。控えめな予測によれば、今後100年で地球の気温は4度上昇するだろうと考えられています。環境保全主義者であるデイビッド・スズキは次のように書いています。

「私たちのほとんどは、1度の変化には適応できます。しかし、4度というのは事実上、氷河期と私たちが今いるような温暖期との違いです。そのような変化が自然に起きるには1万年かかります。そして、私たちが問題にしているのは、そのような変化がおよそ100年で起こるということなのです。世界中の種に、農業に、そして気候に依存する他の生活パターンに対して、劇的な混乱を起こすことなく私たちがそれに適応できると考える環境保護論者(エコロジスト)はどこにもいません。」西洋世界の無類の肉食は、この気候変動の大きな原因となっています。
 
社会的な葛藤(conflict、利害の対立)

第1段落
食用のための植物を育てるの農業(vegetable agriculture)よりはるかに広大な土地を必要とする、無駄の多い(訳注:あるいは破壊的な)食肉産業は、過去何千年もの間、社会における経済的な衝突の原因を作ってきました。

「人間の栄養のための植物性食品(Plant Foods for Human Nutrition)」に掲載された研究によれば、肉を作るために取り分けられた1エーカーの牧草地と、穀物生産用の1エーカーとでは、後者の方が5倍のタンパク質を生産します。

豆類の場合は1エーカー当たり10倍、ホウレン草では28倍のタンパク質がとれます。このような経済的事実は古代ギリシャでも知られていました。このような経済的な事実は古代ギリシャにおいても知られていました。プラトン(ソクラテスの弟子)は著書「国家」の中で、偉大な哲学者ソクラテスが菜食をすすめていることを書いています。菜食をすれが国家が農業資源を最も知的に利用できるからです。ソクラテスは、人々が動物を食べ始めればさらに広大な牧草地が必要になってくることを警告しています。

ソクラテスはグラウコン(訳注:プラトンの兄)に尋ねました。「昔、十分に国民を養ってきたこの国土も、今ではあまりにも小さくなってしまいました。十分ではないと思いませんか?」するとグラウコンは本当にそうだと答えました。「そして、グラウコンよ、そうなれば私たちは戦に出かけるのではありませんか」という問いに対して、「まさにその通りです」とグラウコンは答えたのでした。

第2段落 
ヨーロッパの植民地開拓時代の戦争に、肉食がどれほど大きな影響をおよぼしていたのかを考えてみるのも、興味深いものです。インドその他の東洋諸国との間の香辛料貿易は、大きな争いの原因でした。当時のヨーロッパ人たちは、塩漬けの肉を食べて暮らしていました。彼らは、単調で不愉快なその肉の味をごまかすために、大量の香辛料を競って購入したのでした。香辛料取引から得られる儲けがあまりにも大きかったので、その原産地を保持するために政府や商人たちは躊躇せずに武器を使用しました。

第3段落 
現在でも、世界の大規模な衝突のほとんどは食糧の不足を中心として生じています。既に1974年には、米国中央情報局(CIA)が「穀物飼育をしている食肉動物の消費を豊かな国々が急速かつ大規模に減少させない限り」近い将来世界中の人口を支えるのに十分な食料が得られない事態が発生するであろうと警告する報告書を提出しています。事態は改善していません。

第4段落
先進国における肉食は、世界の飢餓と確かに関連しています。そしてそのため、それは戦争とも関連しており、それがさらなる飢餓の原因となります。毎日世界中で4万人の子供たちが栄養不良が原因で死亡します。合衆国の家畜は、毎年合衆国の人口の5倍以上を養うに十分な量の穀物と大豆を食べます。ある研究によると、もしもアメリカ人が肉食する量を10%だけ減らせば、毎年1200万トンの穀物を人間が消費するためにまわすことができます。それは、毎年餓死する6千万人の子供と大人を養うのに十分な量なのです。

菜食で節約する

さて、地政学的見方からはなれ、私たちの家計簿に目を向けてみましょう。あまり知られていませんが、穀類、豆類、乳製品は良質の高タンパク源です。同じ重さで比べた場合、多くの菜食の食品は肉よりも、この重要な栄養素(タンパク質)に富んでいます。
 
肉100グラムあたりには、タンパク質は20グラムしか含まれていません。(もうひとつ考慮すべき事実は、肉の重量の50パーセントは水分であるということです。)比較すると、チーズやヒラ豆は100グラムあたり25グラムのタンパク質を含み、大豆は100グラムあたり34グラムのタンパク質を含んでいます。

肉に含まれるタンパク質は菜食の食品中のそれより少量ですが、値段はずっと高価です。

2005年8月にフロリダのあるスーパーマーケットで行われた価格調査では、サーロインステーキは1ポンドあたり7ドル89セント、おいしい菜食料理の主要な材料は1ポンドあたり1ドル50セント以下でした。

8オンス入り(約230グラム)の容器に入った1ドル59セントのカッテージチーズは、1日に必要なタンパク質の60パーセントをみたします。ベジタリアンになれば、一人当たり年間少なくとも数百ドル(数万円)の節約となり、一生を通じてみれば、その金額は何千ドルにものぼります。消費者全体でみれば、年間何十億ドルも節約できることになります。これらすべてを考慮すれば、ベジタリアンにならないでいることは難しいと言わざるを得ません。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-11 01:43 | 「ハイヤーテイスト」 | Comments(0)

第1章 編集済み

achaさんのご協力を得て、第1章の編集を済ませることができました。ありがとうございます。内容は基本的に以前の翻訳に私の追加分を入れただけですが、ところどころ変えている箇所もありますので、お手元に旧版をお持ちの方もぜひ全体を通してお読みください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「人々にバランスの取れた菜食の食事をするように言うのが、なぜそれほど思い切った劇的なことと受け取られるのか、私には分かりません。人間を切り刻むのは医学的には保守的なことだというのに。」
ディーン・オーニッシュ医師。カリフォルニア州ソーサリトにある予防医学研究所の所長、および「ドクター・ディーン・オーニッシュの心臓病を治すプログラム」(原題:Dr. Dean Ornish's Program for Reversing Heart Disease)の著者

第一章 健康と菜食

食生活が健康の回復や維持に大切な役割を果たしていることについての証拠が増えつづける中、さらに多くの人々が、菜食に関心を寄せています。菜食と肉を主体とした食事を比較する場合、二つのことを考えてみなければなりません。人間の体の解剖学的な構造と、肉を食べることが体に及ぼす影響です。

食べるという行動は手と口から始まるので、これらの器官を調べると、幾らかのことが明らかになります。人間の歯は、すべての草食動物と同じように、潰したり噛んだりするように作られています。人間には、肉食動物の特徴である、肉を裂くための牙はありません。

一般に、肉食動物は食物を噛まずに飲みこむので、臼歯や(訳注:食べ物を噛んで潰すために)横に動く顎は必要ありません。同様に、人間の手には鋭い爪がなく、(訳注:他の指と)向かい合わせることのできる親指があります。獲物を殺すより、果物や野菜を収穫するのに適しているのです。

肉の消化

第1段落
いったん胃の中に入ると、肉は消化のために胃酸を多くふくむ消化液を必要とします。人間や他の草食動物の胃酸は、肉食動物の20分の1以下しかありません。

第2段落 
肉食動物と菜食動物の腸も異なります。食肉は死んだ肉であり、肉は死ぬとほぼ直ちに腐敗を始めます。肉が摂取されると、この腐敗物が体を毒します。だから肉食動物は食べたものを急いで排出しなければならないのです。肉食動物の消化器官が体長の3倍しかないのも、このためです。肉を食べない動物と同じように、人間は体長の12倍もある消化器官を持っています。そのため急速に腐っている肉を体内に長時間留め置くことになり、多くの有害な影響を及ぼします。

第3段落 
もっとも大きな悪影響を受けるのが腎臓です。血液を浄化するという重要な役目を果たしている腎臓は、肉を食べることによって発生する多量の毒素によって疲弊します。あまり肉を食べない人でさえ、ベジタリアンの3倍も腎臓を酷使しています。若いうちはこれに対処できるかもしれませんが、年をとるにつれ、様々な腎臓病の恐れが増し、ついには腎不全になる可能性があります。

第4段落
すい臓もまた、毒物によってマイナスの影響を受けます。本当の肉食動物は肉を生で食べます。人間は加熱調理された肉の味のほうを好みます。加熱調理は、肉食動物が肉を消化する助けになる、肉の中の自然な酵素を滅ぼします。したがって、すい臓はより多くの消化酵素を作り出せねばなりません。そのため徐々に負担がかかり、弱って病気を招きます。
 
心臓病

第1段落
人体が動物性脂肪をあまり多く摂取できない事実も、肉食の不自然さを表しています。肉食動物は、ほぼ無制限にコレステロールや脂質を問題なく新陳代謝できます。犬を使った実験によれば、毎日2分の1ポンドのバター(226.8グラム)を2年間与えつづけたところ、血清中のコレステロール値には何の変化もあらわれませんでした。

第2段落 
一方、草食動物は、必要以上のコレステロールや飽和脂肪酸に対して、厳しい限界をもっています。必要以上の量のコレステロールを長期間にわたって摂取すると、動脈の内側に脂肪質の壁が形成されます。これが動脈硬化として知られる、動脈が硬くなった状態です。こびりついた脂肪壁が心臓への血液循環を妨げるので、心臓発作や心臓マヒ、動脈硬化の危険性が非常に高まります。 
 
第3段落
ニューヨーク大学の栄養学部長マリオン・ネッスルは、「アメリカ人の食生活において、飽和脂肪酸の中で肉が占めている割合は異常に高いのです」と述べています。早くも1961年には、「アメリカ医療協会ジャーナル(Journal of the American Medical Association)に、合衆国における死因の半分以上を占める心臓病の症例の97%が菜食によって予防可能である、と述べられています。これらの発見は、飽和脂肪の割合が高い食事が心臓病を引き起こすという、アメリカ心臓協会(American Heart Association)による報告によって裏づけられています。

第4段落
いくつか興味深い統計があります。
1.血液中のコレステロール値が1%低下すると、心臓病のリスクが3-4%減る。
2.ベジタリアンの血中コレステロール値は、非ベジタリアンに比べて14%低い。
3.ベジタリアンの心臓病による死のリスクは、非ベジタリアンに比べて半分である。



第1段落
結腸ガンと肉食を結びつける多くの研究の中にも、さらなる証拠を見ることができます。肉を中心とした食事は、ほとんど必ず高脂肪で低繊維です。これは結腸内での食物の通過を長引かせることになり、有害な廃棄物が腸に悪い影響を与えます。オレゴン州立大学の動物科学者であるピーター・R・チーク教授は次のように書いています。「様々な国における結腸癌の発生率は、一人当たりの赤身の肉(red meat、牛肉などの加熱しても白くならない食肉)と動物性脂肪の消費と強く関連しており、繊維質の消費と反比例しています。結腸癌の病因における肉食の役割を示す証拠の優越によって、最も熱心な動物学者、あるいは肉食支持者も、多少は愕然とするに違いありません。」さらに、肉は消化される際に発ガン物質であるステロイド代謝産物を出すことが知られています。

第2段落
前述のように、本物の肉食動物は生肉をすばやく、およそ3時間で消化管を通貨させます。人間の消化管は長いので、肉を処理して消化するには12-18時間かかります。消化管内の環境は温かくて湿気があるので、肉は腐って遊離基(フリーラジカル)、すなわち不安定で破壊的な酸素原子を作り出します。フリーラジカルは癌や早期の老化や他の消耗性疾患の原因となります。これらのフリーラジカルは、長い消化プロセスの間に体内に放出されます。

第3段落
研究が進むにつれて、肉食と他の癌を関係付ける証拠が恐るべき速さで積み重なっています。フラミンガム健康研究所(Framingham Health Study)および国立心臓・肺・血液研究所(National Heart, Lung, and Blood Institute)の所長であるウィリアム・キャステリ医師は次のように書いています。「植物を主体とした低脂肪の食事は、心臓発作の割合を85%下げるだけでなく、癌の割合も60%下げます。」
 
第4段落
ガンの研究調査でもっとも衝撃的な報告のひとつに、ニトロリアミン反応があります。ニトロリアミンは、例えばビール、ワイン、茶、タバコなどにふくまれる2次的アミンが、肉の防腐剤と化学反応を起こすものです。食品医薬品局(FDA)は、ニトロリアミンについて次のように説明しています。「これまで発見された中で最も危険で不安定な発ガン物質群であり、人間の癌の原因においてそれらが果たしている役割が、専門家のあいだに不安を招いている。」

オークリッジ国立研究所のウィリアム・リジンスキー博士は、実験動物にニトロリアミンを与える実験をしました。その結果、6カ月とたたないうちに、100パーセントの動物に悪性腫瘍が発見されました。彼は「ガンは脳、肺、膵臓、胃、肝臓、副腎、腸などあらゆる部分を侵していました。動物たちは滅茶苦茶になっていました。」と述べています。

第5段落
人間の臓器に対するニトロサミンの影響に関する最近の研究はほとんどありません。それが発がん性であるというのは、かねてから証明されています。どんな形態の肉を食べる人でも、危険にさらされています。

肉にふくまれる危険な化学薬品

第1段落
一般の消費者には知られていない、他の危険な化学薬品も肉や肉の加工製品にふくまれています。ゲイリー・ナル、スティーヴン・ナル共著の『あなたの体の中の毒』(Poisons in Your Body)では、企業経営による動物工場の内情が明らかにされています。「動物たちは、トランキライザー(精神安定剤)、ホルモン剤、抗生物質を始め、そのほか2700種あまりの薬品を続けざまに投与されながら、生き永らえさせられ、太らされます。その過程は動物が誕生する以前から始まり、死んだ後にも続きます。消費者の口に入る時にはこれらの薬品は依然として肉に残っていますが、法律では表示しなくてもよいとされています。」

第2段落
これらの化学物質の一つは、(遺伝子)組み換え型の牛成長ホルモン(rBGH/BST)、すなわち合衆国でジエチル・スチルベストロール(訳注:女性ホルモン作用を持つ合成物質)の代替として近年になって開発された合成成長ホルモンです。ジエチル・スチルベストロールは発がん性があることが分かっています。

rBGH/BSTは、合衆国には牛乳が余っているにも関わらず、牛乳の生産を増すために使われます。rBGH/BST 処理を施した牛乳はヨーロッパ連合とカナダでは、健康に深刻な害があるとして禁止されているだけでなく、 rBGH/BSTは肉食をする者にとっては二つのもっと深刻な健康への害に関連しています。処理された牛の牛乳の中に存在していて、パスチャライズ処理によって取り除かれないだけでなく、 rBGH/BSTは肉の中にかなりの量が含まれるのです。

第3段落
まず第一は、 rBGH/BSTを施された牛は、他の牛よりもかなり高い割合で乳房が腫れ上がります。この問題を打ち消すために、農家は牛に大量の抗生物質を投与します。その抗生物質は、乳脂肪を含む牛の脂肪細胞に検知可能な量が残っています。このプロセスが原因となって、抗生物質に耐性のあるバクテリアが繁殖し、人間の病気を治療するために使われる抗生物質の効果がますます落ちます。FDA(アメリカ食品医薬品局)は、ペニシリンとテトラサイクリン(抗生物質の一種)によって食肉産業は年間に19億ドル(訳注:1ドル100円として1900億円。以下同様)も節約できると推定しています。それは彼らが人間の健康にとって害となりうる可能性を見過ごすに足る理由となっています。

第4段落
第二の健康への害は、ホルモン処理を施された牛乳の中に見られる、インシュリン成長因子(IGF-1)の上昇です。 IGF-1は、人間においても牛においても同じ形をとり、どちらの場合も体の細胞が成長ホルモンに反応するあり方をコントロールします。人間の体に IGF-1が増えると、様々な病気が引き起こされます。その中の少なからぬ症例が、大腸、甲状腺、胃、表皮、および乳房の癌です。

狂牛病

第1段落
正しくは牛海綿状脳症(BSE)として知られる狂牛病は、世界中に恐怖を巻き起こしました。当然のことです。しかし、何が原因でしょうか?科学者たちは、 BSEは脳を蝕む病気の一種だと言います。同種の病気は、羊、ミンク、鹿、エルク(訳注:大型の鹿)、猫、および人間に見られます。実際、カリフォルニア大学の研究者である生化学者スタンレー・プルーズナーが、一片のタンパク質である「プリオン」の数式の中に炎症の源を発見する助けとなったのは、 人間型の BSEでした。 BSEは、人間型がそうであるように、共食いによって伝染することが証明されました。そして、感染した牛肉から人間へというように、種を超えて伝染しうることも証明されました。

第2段落
世界中で、近代的な農家は家畜を飼育場で育て、草の代わりに穀物を与えます。穀物は育てるための費用が大きなタンパク源なので、農家はもっと安いタンパク源を探しました。病気で死んだ家畜、精肉産業と皮革産業で使われなかった部分(動物の体重の約半分)、車にはねられた動物、安楽死させられたペット、および動物管理センターに殺処分された動物は、24億ドル(2400億円)の畜産動物油脂製造業(以下、レンダリング産業)の一部です。
(参考資料、日本畜産副産物協会)http://www.jlba.or.jp/con08_3.html

ロサンゼルスだけでも毎月2千トンの安楽死させられたペットがレンダリング業者に送られます。その数字はイギリスでもほとんど同じです。(訳注:これはイギリス全体を指すのでしょうか?)これらの動物と動物の部位は、脂肪とタンパク質の塊に分離するまで蒸されます。脂肪は化粧品、潤滑油、石鹸、およびロウソクに使われます。タンパク質の塊は、乾燥されて粉にされ、「濃縮タンパク質」として飼育場に売られ、そこで動物の餌に混ぜられます。牛、羊、鶏、および豚は、共食いを強要されるのです。

第3段落
1988年にはイギリスで2千件の狂牛病の症例が報告されました。反芻性動物に反芻性動物のタンパク質を与えることは禁止されているにも関わらず、1992年には新しく3万5千件の症例が確認されました。1993年には、2人のイギリス人の酪農家がクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)、すなわち人間型の BSEで死亡しました。二つのことが明らかになりました。 BSEは牛乳を通して牛から子牛へと感染します。また、感染した肉を食べることで、他の種も病気になります。

第4段落
イギリスは、飼育場の運営や BSEの危険についても、唯一の国ではありません。アメリカの牛もBSEにかかり、アメリカの人々も CJDに苦しんでいます。1996年4月には、テキサスの北東部の一角だけで CJDの症例が8件診断されました。BSEが種を超えて感染する前の、通常の感染の割合は100万人に一人の死亡例というものです。

第5段落
そして、合衆国もイギリスも、農家が反芻性動物のタンパク質を家畜に与えるのを規制した一方で、農家は飼っている草食性の動物に動物たんぱくを与える試みを続けています。伝染性を取り除くための加工がほとんど施されていない、噴霧乾燥(スプレードライ加工)された血液製品の飼料中での使用はますます増えています。この原稿を書いている2006年現在、BSEは新しく合衆国、イングランド、スコットランド、スウェーデン、カナダおよび日本で発生し続けています。危険は去っておらず、問題は解決されていません。

その他の危険

第1段落 
ハム、ベーコン、ボローニャ・ソーセージ、サラミ、フランクフルト、および魚肉を含む肉製品の腐敗を遅らせるために、保存料として用いられる化学物質、硝酸ナトリウムと亜硝酸ナトリウムも、健康に害があります。これらの添加物は、血液と筋肉の中の色素と反応することによって、肉にその鮮やかな赤い色を与えます。これらを使用しなければ、死んだ肉の自然な灰色がかった茶色は、多くの見込みのある客を追い払ってしまいます。
 
第2段落
あいにく、これらの添加物は、死んだ肉の血液と生きている人間の血液とを区別しません。たくさんの人々が誤ってこの添加物を多量に摂取したために中毒死しています。特に幼児や乳児にとっては、もっと少ない量でも有毒です。国連の食糧農業機関(FAO)/世界保健機関(WHO)の食品添加物に関する専門家委員会は、「硝酸塩は決してベビーフードに添加すべきではない」と警告しています。FDAのA・J・レイマンは「硝酸塩の使用量については、安全基準の境界線が非常に微妙である(安全な量と危険な量の間には、少しのゆとりしかない)」と指摘しています。

第3段落
屠殺された時の精神的な衝撃も、「痛みの毒」(強力な刺激物)として、肉にしみこみます。これが尿素や尿酸などの動物の血液中の取り除ききれない老廃物と組み合わさり、人がたべる肉をさらに汚染します。

肉にふくまれる病気

第1段落
有害な化学物質に加え、動物自身の病気が肉に含まれている場合も多々あります。不潔な狭い場所におしこめられ、むりやり餌をあたえられ、非人道的に扱われる屠殺を運命づけられら動物は、普通の動物よりはるかに多くの病気にかかります。肉の検査官は不適切な肉を除外しようとしますが、食肉業界からの圧力と検査時間の不足のため(ほとんどの検査は2分以下)、検査に合格した肉は客が考えているよりはるかに不健全です。

第2段落 
USDA(米国農務省 )の肉の検査方法は、どちらにしても疑問の余地があります。それらの方法は、1907年の肉の検査条例に基づいています。それは検査官が汚染の有無を調べるのに視覚、嗅覚、および感触に頼ること、つまり、「つついて匂いをかいでみる」方法を取るように指導しています。しかし、問題は「つついて匂いをかいでみる」方法では大腸菌O157:H7株やサルモネラなどの猛毒の汚染を探知できないことです。1996年にUSDAは検査方針を変更し、精肉業者がより多くの社内検査を行うことを認可しました。結果として、消費者の安全はますますないがしろにされるようになりました。

第3段落 
USDAは、これらの低い水準を適用するにあたっても甘いということが知られています。連邦の取り締まり機関の監査をするアメリカ会計検査院は、米国農務省が屠殺場の違法行為を見逃している、と指摘しています。ネズミなどの糞やゴキブリ、サビなどで汚染された肉が、スイフト社、アルモア社、カーネーション社などの精肉会社で発見されています。

政府説明責任プロジェクトの食品安全理事であるフェリシア・ネスターは、記者たちに次のように語りました。「連邦政府の検査官は、食品ではなく書類をチェックします。そして彼らは、製品が紫色のUSDA認可シールを貼られる前に糞便や他の汚染物を取り除くことを禁じられています。」2004年の調査に返答した206人の食肉検査官は、「USDAの新しい規則が原因で、動物の糞便、嘔吐物、金属の破片、あるいは他の汚染物に対して、業者が直接的な行動をとらないということが、毎週、あるいは毎月起こっていた」と述べました。(訳注:これは調査票の返答を総合したもの)

法律が厳格に施行されれば精肉業者は一軒残らず営業停止になる、として甘さを正当化する検査官たちもいます。

第4段落
産業廃棄物の排水と、水環境へのゴミの投棄によって引き起こされる、高レベルのポリ塩化ビフェニル(PCBs)(訳注:日本では現在は使用禁止)によって、魚介類が汚染されているということもよく知られるようになってきています。一部のPCBはダイオキシンに似た性質を持っています。(ダイオキシンは最も毒性の強い人工の化学物質のひとつ。)一部はホルモンとして機能し、他は神経毒として機能します。それらは、癌、肝臓病、先天性欠損症その他の多くの深刻な病気を引き起こします。

殺虫剤汚染

西洋では、作物のほとんどは家畜の餌として育てられています。動物のために育てられる作物には、人間が直接消費するものよりもかなり高い基準で殺虫剤の使用が認められています。家畜の飼料は、とうもろこし、大豆、綿、および麦から成ります。これらの作物に高い基準で殺虫剤がまかれ、そして家畜がそれを食べると、発がん性の化学物質の残留物質が彼らの生組織に蓄積します。のちに彼らが屠殺されて、使われなかった部分がレンダリングされると、濃縮物は動物の動物の飼料に加えられます。既に濃縮されている残留化学物質はさらに濃縮され、人間の消費するものへと移行します。

1962年に出版された「沈黙の春」の中で、レイチェル・カーソンは、主に飼料作物農業で使うために、除草剤の形で毎年6億3766万6千ポンド(訳注:約3億kg)の合成毒が作られていると述べています。1998年にはその数字は400%増加しており、現在(2006年)では600%になっています。

肉を含まない栄養

第1段落
菜食をしていると言うと、ほとんど必ず、予期した通りに「タンパク質はどうするのですか?」と聞かれます。これに対して、菜食主義者は「象はどうですか?牛は?サイは?」と答えるかもしれません。肉だけがタンパク質を含有しているとか、エネルギーと力のために大量のタンパク質が必要である、とかいう考えは俗信にすぎません。

第2段落
消化される間に、ほとんどのタンパク質はその基本成分であるアミノ酸に分解され、体はそれらをふたたび発育と新陳代謝のためにつかいます。22種類あるアミノ酸のうち、8種類の必須アミノ酸の他は体内で合成され得ます。そしてそれら8種類の”必須”アミノ酸も、肉や魚、卵以外の食品(nonflesh food)にも豊富に含まれています。乳製品、穀物、豆類、ナッツなどはすべて高タンパク食品です。チーズやピーナツ、ヒラ豆を例にあげれてみれば、同じ重量で比較すると(per ounce)、ハンバーガー、豚肉、ステーキなどより多くのタンパク質を含んでいます。ハーバード大学のフレッド・ステア博士とロマ・リンダ大学のマーヴィン・ホーディング博士は、菜食主義者と肉食主義者のタンパク質摂取量の比較を大規模におこない、「両者ともすべての必須アミノ酸を必要量の二倍以上とっており、そのほとんどについては二倍をはるかに超えている」と結論づけました。
 
第3段落
多くのアメリカ人とヨーロッパ人にとって、タンパク質は食事の2割以上を占めます。その量は、世界保健機関(WHO)が奨励する量の2倍近くにおよびます。タンパク質不足は疲れやすくなる原因ですが、体は過剰なタンパク質を利用することができません。体内で利用されなかった余分なタンパク質は、ちっ窒素系の老廃物に変換されて腎臓に負担をかけます。

そして、やがて体から出て行きますが、そのときにカルシウムを奪います。たんぱく質の摂り過ぎと骨粗しょう症の増加を関連づける多くの研究がなされています。骨粗しょう症が骨の中のカルシウムの減少によって引き起こされることを科学者は以前から知っていましたが、彼らは今ではこの欠乏症の主な原因がタンパク質の摂り過ぎであることを理解しつつあります。

第4段落
体の主なエネルギー源はデンプン質です。体内のタンパク質は、他に利用するものがない時だけ、エネルギー源となります。タンパク質のとりすぎは、実際は体のエネルギー限界量(capacity)を低下させます。イェール大学のアーヴィン・フィッシャー博士による一連の持久力比較テストでは、菜食主義者が肉食主義者の2倍も優れた成績をあげています。菜食主義でない人たちのタンパク質摂取量を20パーセント減量してみたところ、成績は33パーセント向上しました。その他の多くの研究も同様に、適切な菜食の方が肉食より栄養価がありエネルギー源になることを明らかにしています。ブリュッセル大学のJ・アイオテキョー博士とV・キパニは、菜食主義者は疲れ果てる前に肉食主義者より2~3倍も長く体力テストをつづけることができ、疲労回復にも5分の1の時間しかかからなかった、という結果を示しました。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-10 16:37 | 「ハイヤーテイスト」 | Comments(2)

第2章 途中まで

第2章 肉の見えない値段:食糧不足という俗信

環境の破壊をやめて私たちの天然資源を保護するために取りうる最も効果的な行動は、牛肉やその他の肉の消費を減らすことです。私たちの選択には力があります。私たち個人にとって最も健康的なことは、私たちの貴重な、しかし傷ついた惑星の生命維持システムにとっても最も健康的なのです。
ジョン・ロビンズ。「新しいアメリカへの食生活(Diet for a New America)」の著者。カリフォルニア州サンタクルズにある地球保護協会(EarthSave Foundation)の会長

飢餓の問題を解決する

(第1、第2段落は変更無し)

(追加)
世界がその天然資源を汚染し続けている中で、家畜を育てるにあたってもう一つ大きな懸念があります。水です。カリフォルニア大学の農業公開講座の土と水の専門家は次のように示しています。
1.牛肉1ポンドを作るには 5,214ガロンの水が必要。
2.鶏肉1ポンドを作るには   815ガロンの水が必要。
3.豚肉1ポンドを作るには 1,630ガロンの水が必要。
4.レタス1ポンドを作るには   23ガロンの水が必要。
5.麦1ポンドを作るには     25ガロンの水が必要。

著述家であり活動家でもあるジョン・ロビンズは、「今日カリフォルニアでは、6ヶ月丸々シャワーを浴びないよりも、牛肉1ポンドを食べないほうがもっと水の節約になるでしょう」と書いています。

(後は同じ)

生きた牛は経済的な資産

(この節は細かく追加や削除がなされている。ここでは追加分のみ)
(追加1)第3世界の飢餓の危機を解決しようとして、人々はインドのような国を見て、なぜその国の人々が貴重な穀物を巡って動物と競い合うことに甘んじるのか、といぶかりました。なぜ彼らは牛を食べてしまわないのでしょうか?しかし、ほとんどのヒンズー教徒は牛を神聖であると考え、屠殺しません。この文化的な傾向により、食料エコロジストたちは人間と牛の間の共存を研究し、その関係が実際に競争的であるのか、そして飢餓問題が牛を屠殺することで解決できるのかということを理解しようとしました。

(追加2)むしろ、インドにおける食料問題は、牛よりも、時々起こるひどい旱魃や政治的な大変動、あるいは産業化が大きな原因であるという研究結果がでました。これは多くの第3世界の国々に共通しています。

(追加3)悲しいことに、80年代半ばに、合衆国政府は乳製品を大量に備蓄することで牛乳の値段を支える必要をなくすために、何百万頭もの乳牛を買い取って屠殺しました。

肉に払っているお金は思っているよりも高い
(この節も細かい追加や削除あり。ここでは追加分のみ)
(追加1-1)
ほとんどの人は、政府が食肉産業に無条件の補助金や好意的な貸付保証をしたり、その余剰製品を買い取ることによって、いかに手厚く支えているかに気がついていません。(しかもその余剰製品は多くの場合は処分されます。)これらの政府助成金の値段札は、私たちの子供たちの健康に表れます。2003年には、合衆国の全国学校給食プログラムは生徒たちに低費用の食事を与えるために、学校に60億ドル(600億円)以上も提供しました。

これは慈善事業のように見えますが、全国学校給食プログラムはもともと二つの目的のために作られました。一つは収入に関係なく子供たちに健康的な食事を提供すること。もう一つは「牛肉への需要を強化すること」によって農業関連産業を助成することです。肉を主体とした食生活が健康におよぼすあらゆる害を考慮すると、これは私たちの子供たちに、そして助成された給食を受け入れる他にほとんど選択の余地がない家庭に、何をしているのでしょうか?

(追加1-2)
今日では、連邦政府は毎年8億ドル(80億円)以上の主に肉と乳製品を買い取り、学校で生徒たちに与えるために提供しています。連邦政府は、肉と乳製品の他に穀物と野菜と果物などすべての農作物を買い取るべきであるとされていますが、ロビー活動(訳注:利害関係者集団による、政治家に対する働きかけや圧力)に直接反応した購買をする傾向があります。

2001年には、USDAは学校に提供するために、牛肉および他の肉製品の余剰分に3.5億ドル(35億円)を支払いました。果物と野菜に払った額の二倍以上です。(そのほとんどは缶か冷凍。)より健康的なメニューを開発するために学校と共同して働いた栄養学者ジェニファー・レイモンドは、次のように言います。「基本的に、それは供給者への福祉プログラムです。。。それは農作物生産者のための価格支援プログラムであり、学校は単に購入された品物を捨てる場所でしかありません。」

この「福祉プログラム」を運営するお金は税金でまかなわれます。そして、市民は自分たちの子供たちの健康にかかる費用も負担します。かつては珍しかった子供の肥満、心臓病、2型糖尿病その他の、高コレステロールと高飽和脂肪の食事に伴う大人のものだった問題と、親たちが取り組まねばならない現状だからです。

(追加2)
現在では、世界中の先進国の政府が、自国の農家が抱える「狂牛」に対して支払いをしています。2001年だけで、イギリス政府は「狂牛」に9,100万ポンド(1ポンド150円として135億円)以上を支払いました。他の政府も同様の出費をしています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
続きはまた後ほど。ところでachaさん、ファイルはお寺にもないそうですので、お言葉に甘えて手助けをお願いしたいと思います。日本語版の1章と2章をタイプしてメールで送っていただければ嬉しいです。私のメールアドレスはお持ちと思いますが、なければこちらのコメント欄でご連絡ください。お世話になります。
[PR]
by ammolitering4 | 2010-01-09 14:21 | 「ハイヤーテイスト」 | Comments(1)