カテゴリ:未分類( 64 )

ラスヤトラに行きました

皆様、ほんとにものすごくご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?翻訳がぴったり止まってしまっていて申し訳ございません。こうなっては弁解のしようもありませんね、ほんと。日常の暮らしにすっかり埋もれて時間が過ぎていっていますが、おかげさまでとりあえず元気にしております。仕事を二つ掛け持ちして、ときたま絵を描き、誰に頼まれたわけでもないのにお金にならないプロジェクトのあれこれに手を染め、という具合で、要するに相変わらずです。

昨日は久しぶりにラスヤトラに行ってみました。日記サイトのほうに書いた記事そのままですが、よろしかったらバンクーバーのお祭りの賑わいをご覧ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よく晴れた昨日の午後、スタンレー公園に行ってみました。公園の入り口のところで道路が車両通行止めになっていて、お巡りさんが交通整理をしています。
a0172884_13233595.jpg


亜熱帯気分の華やかなこの海辺で、、、
a0172884_13240132.jpg


ただのんびり寝そべってるだけの人々を守るために車を通れなくしたというわけでは別になく、、、
a0172884_13241597.jpg


実はこの先の道路をハレ・クリシュナの山車がのんびり通ってるから封鎖されていたのでした。私は朝お店で働いて、お昼過ぎくらいに行ったのですが、パレードは公園よりももっと前のほうから海辺の道を2キロほど練り歩いてきていて、私が公園に着いた直前まではそっちの道のほうも通行止めになっていたのです。

山車が3台もあって、空には「ハレ・クリシュナ」と書いた大きな旗をはためかせた飛行機まで飛んでいて、という風にもっとずっと盛大だった一昔前ほどの規模ではありませんが、ハレ・クリシュナのお祭りは今でも十分に派手で大きなお祭りです。
a0172884_13252055.jpg

山車が終点の駐車場のところに来るまでに先回りして待ちました。これはそこにあった菜食レストランの車が引いていたものですが、、、
a0172884_13254414.jpg

なんと、クリシュナ様とアルジュナ様の戦車だったのでした。詳しい説明は省きますが、ご興味のある方はぜひともバガヴァッドギーターを読んでみてください。
a0172884_13263158.jpg

集まっている人々はインド人が多く、この日のために一番上等のサリーを着てきた、という感じの女性たちがたくさんいました。
a0172884_13271711.jpg

山車がやってきました。神像が乗っていて、今は亡き偉いお坊さんの等身大の像も乗っていて、それらのお世話をする重役を授かった人たちも乗っています。山車の下のほうには別のお坊さんの写真がありますが、去年のお祭りの後にお亡くなりになった方なのでしょう。
a0172884_13283128.jpg

偉いお坊さんの像はこちら、プラブパーダ様です。一年に一度、このお祭りのときにだけお寺の外に出ておいでになるのです。私はもう何年もお寺に行ってなくて、こうしてパレードに来てみたのも何年ぶりだろうという感じなので、プラブパーダのご尊顔を久しぶりに仰ぐことができてほんとに嬉しかったです。
a0172884_13295118.jpg

山車が止まってからはちょっとした儀式が行われました。階段の途中にいる人が上にいる人から何か受け取ります。
a0172884_13304712.jpg

火のついたココナッツなのです。たぶん、中の水を抜いて油を入れて芯も入れてあるのだろうなと思いますが、よく分かりません。
a0172884_13315655.jpg

そしてこの火のついたココナッツをプラブパーダと神像の前でぐるぐると回して、それからおもむろに地面に向けて投げつけます。
a0172884_13334885.jpg

実際に投げてるところはこんな感じ。ココナッツは固いと思うのですが、やっぱり思いっきり投げつけたら割れるのでしょうね。ちょっと離れたところから見ていたので分かりませんが、ちゃんと周りの人が怪我しないように隙間を空けてあったのでしょう。


それから一人がプラブパーダを抱えて下ろします。この役目をおおせつかった人は、落っことしたらどうしよう!?!?と思って夕べ眠れなかったりしたでしょうか。私だったら一睡もできない気がします。
a0172884_13351440.jpg
続いて神像も抱え下ろされます。
a0172884_13360464.jpg

プラブパーダと神像には派手派手の傘が差し伸べられます。これはよく見ると下は普通の傘で、上だけこうして派手なカバーがついていました。
a0172884_13365033.jpg

あとは公園内の会場までこうしてプラブパーダと神像を抱えたままで進みます。
a0172884_13393921.jpg

これは途中に生えていた草。たくさんあります。
a0172884_13403525.jpg

パイナップル草という草で、カモミールの一種です。花びらが見当たらないのですが、丸くて黄色っぽいところを手で揉んでみるとパイナップルのような香りがします。この部分だけたくさん集めてハーブティーにすると、うっすらと甘くてパイナップルの香りのするおいしいお茶になります。
a0172884_13411944.jpg

さて、メイン会場です。テントがいっぱい出ていますね。
a0172884_13422850.jpg

こんなのもあるし、、、
a0172884_13444478.jpg

こんなのもあります。普通のカナダ人の間ではハレ・クリシュナの熱心な信徒は減少傾向にある気がするのに、それでもこれだけ大々的なお祭りが可能だというのは、やはりインドからの移民が多くて、必ずしもハレ・クリシュナとは関係なく、ヒンズー教の大事なお祭りとしてのラスヤトラを大事にしているからなのだろうと思います。浄土真宗の人が外国で日蓮宗のお祭りをサポートするような感じでしょうか。
a0172884_13462936.jpg

ステージでは一日中いろんな出し物がありますが、、、
a0172884_13471466.jpg

私が見たときはメキシコ人がいました。しかもよく見ると絶対に中国人にしか見えない「メキシコ人」が混じってスペイン語で歌ってたりするのがとってもカナダです。私がロシア語コーラスやウクライナ語コーラスに紛れ込んで民族衣装まで着て歌ってるのと同じですね。
a0172884_13490634.jpg

会場の脇で一際大声で喋ってる集団はやっぱり中国人たちで、じつは彼らは法輪功の人たちなのです。法輪功について日本ではどれだけ知られているのか分かりませんが、中国では法輪功は激しく弾圧されているそうで、信者の人たちはもちろん長年に渡って激しく抗議しています。でも弾圧している中国政府にも言い分があり、とても危険なカルト集団なので厳しく取り締まっているのだそうです。

どっちがどうなのかは知りようもありませんが、少なくとも彼らがカナダで何か問題を起こしたという話は私は聞いたことがありません。ただ、この人たちは声がでっかいことは確かで、だいぶ離れたところからでも叫ぶようなその声ははっきり聞こえました。きっと中国人は肺がすごく丈夫なのだと私は思っています。
a0172884_07425409.jpg

お祭りの主役は無料で配られる菜食料理です。行列は途中で折れ曲がってこの3倍くらいになっていて、とてもじゃないけどじーっと待つ気にはなれません。
a0172884_13510791.jpg

忍耐強く待った人たちはここに辿りつく、という仕組みです。
a0172884_13521490.jpg
お料理は最初から諦め、会場をうろうろと見て回りました。衣類を売ってるお店では、「スピリチュアル・ファッション」という名の通り、真言を書いたシャツとか神像の絵がついたシャツとか、そういうのを主に売っています。
a0172884_13525966.jpg

ヨガをしているテント。魂が神様と繋がる、という本来の意味の「ヨガ」ではなく、体操のほうのヨガです。
a0172884_13552586.jpg

牛の保護に関することを説明するテント。
a0172884_13570933.jpg

もちろん宗教書のテントもあります。ここには私の古いお友達であるお坊さんもいて、10年以上振りくらいに会うことができました。Nさん、お元気そうで何よりでした。他にも懐かしい人たちに会うことができ、やっぱり行ってよかったと思いました。
a0172884_13585881.jpg

神像に捧げられたお花のお下がりをいただいて帰りました。ありがとうございます。
a0172884_13594387.jpg
帰りは海辺の遊歩道を通って公園を抜けました。ラスヤトラのお祭りがこれからもこの地で大事に受け継がれていくことを願っています。
a0172884_14002988.jpg


[PR]
by ammolitering4 | 2017-08-22 08:29 | Comments(2)

第3章

3章 主クリシュナは至高の統御者たる至高神である(Lord Krishna Is the Supreme Controller Godhead)


1段落

ラーダークリシュナン博士は、「非人格的なブラーマンだけが、無尽蔵であり、滅びることがなく、生まれることもない、などの超越的な性質を持っている」(訳注:括弧は訳者)と言う(to imply、ほのめかす、暗示する、~という意味を暗に含む)ので、私たちは正しい答えを求めてギーターに目を向けなければなりません(to turn to~、頼りにする)


事実は、非二重性の至高存在のすべての神聖な拡張体は、これらの同じ非常に優れた(superexcellent)性質を授けられています。アルジュナは、バガヴァッドギーター(11.18)において次のように宣言します。


(サンスクリット引用)


「あなたは至高の太古の(primeval)目的地(objective、目標)です。あなたはこの宇宙すべて(all this universe)の究極の休憩所(resting place、本来は一時的な休憩所を指すが、永眠の地、墓場も意味するが、この場合は「永遠の安らぎが得られる場所」)です。


あなたは無尽蔵であり、あなたは最も年長のお方です(You are the oldest)。あなたは永遠の宗教を維持する方、至高の人格神です。これが私の意見です。」


2段落

私たちは、「パラブラーマンをアクシャラ(「滅ぼされることのない」)と描写するギーターの中のそれらの節は、主クリシュナ、至高の統御者である至高神を指しているものだ」と理解すべきです(訳注:括弧は訳者)。主クリシュナは一度も、クシャラ、制約されたジーヴァたちと同列に置かれることはありません(to be equated with ~)


ラーダークリシュナン博士のような偉い(big、有力な、というような意味だが、偉そうな、傲慢な、という意味もある)哲学者だけでなく、主ブラーマーや主インドラのような強力な(mighty)半神たちでさえ、クシャラの区分の中にあります。


主はご自分の離れたエネルギーだけによって(merely by~)宇宙の顕現全体を維持なさいます。ちょうど、火が一ヶ所に位置していてもその光と熱をすべての方向に広げるように、生まれることのない至高主、クリシュナも、ご自分の完全な人格、永遠性、そして不滅性を維持しつつ、ご自分を無数のヴィシュヌの形、ジーヴァ、そして内的および外的な力へと拡張なさいます。


ご自分をこのように拡張することは、完全な全体としての主の立場を決して弱める(to diminish、小さくする、減らす、衰えさせる)ことも、それに何らの影響を与えることもありません。イショパニシャッド(祈り)は、(サンスクリット引用)と宣言します。


「完全な全体から作られる(to be produced of)ものは何でも、同じくそれ自体で完全です(complete in itself)。主は完全な全体であられるので、非常に多くの完全な個体(units)が主から放射しても、主は完全な均衡を保たれます。」


3段落

主は永遠の至高の人格(Person)であり、したがって主の御名、形、性質、娯楽などはすべて永遠です。サンスクリットの「プルシャ」という単語は「楽しむ者」を意味します。楽しむ者は決して、形がなかったり、非人格的であったり、無力(impotent、無気力、能力や効果や体力がない、性的能力がない)であったりする存在ではあり得ません。


確かに主クリシュナには物質的な性質はありませんが、それでも主は楽しむ者であり、すべての霊的な性質の所有者です。


4段落

バガヴァッド・ギーターにおいて、アルジュナは主クリシュナをクシャラ(訳注:アクシャラの間違い?原文は”a ksara”で、”ksara”の部分だけが斜体になっている)、パラブラーマン、そしてアーディ・デヴァ(もともとの至高の人格神)として称えます。(校正:,→.)


ラーダークリシュナン博士は、アクシャラ、「無尽蔵な」という言葉はアヴャヤ、「劣化することのない(without deterioration)」という言葉と同義(synonymous)であると書きます。それでは(therefore)、なぜ彼は主クリシュナと主の体が異なっていると結論するのでしょうか?


これは私たちには理解しかねます。275ページでラーダークリシュナン博士は、アルジュナが「主クリシュナはパラブラーマン、バーガヴァーン、完全真理である」と言う、と認めます(訳注:括弧は訳者)。


同じ本の同じページで、彼は大変つじつまの合わない(incoherent、支離滅裂)、虚構の(fictitious、想像上の)ことを書き、それをアルジュナのせいにします(to attribute to~、~に帰する、~の作だとする)。「アルジュナは、至高存在(シュリー・クリシュナ)はブラーマンであり、イーシュヴァラ、完全であり神である、と述べます。」


もしもラーダークリシュナン博士が、バーガヴァーンはブラーマンとは異なると考えるような、ギーターのそんなに不完全な(sketchy、うわべだけの、スケッチのように大雑把な)認識(perception)を持っているなら(訳注:ギーターをろくに知らないと言える程度の認識しかないなら)、それならどうして彼はギーターを読んだと主張することができるのでしょうか?


彼は、バーガヴァーンと超魂クリシュナ(Supersoul Krishna)はマーヤーの産物であり、他方でブラーマンはそうではないと論じるのです!シュリーラ・クリシュナダーサ・カヴィラージャ・ゴスヴァーミーは、そのような推量的な哲学を厳しく批判しました。


チャイタンニャ・チャリタームリタにおいて、彼はこう書きます。「ブラーマン、パラマートマー、そしてバーガヴァーンはすべてクリシュナの性質(features)であることを知らず、愚かな学者は様々に推量します。」


5段落

私たちは、アルジュナとシュリーラ・クリシュナダーサ・ゴスヴァーミーの両者を、ラーダークリシュナン博士よりも優れた権威者として受け入れます。アルジュナはバガヴァッド・ギーターを直接聞き、そしてインドの大統領、ラジェンドラプラサッド博士は、シュリー・チャイタンニャ・チャリタームリタを正統で権威ある聖典として受け入れました。


バガヴァッド・ギーターを、それをアルジュナから伝わる(to come down)師弟継承の中にある者から受け取ることによって理解しようとする者は、実際にその深遠な(esoteric、奥義・秘儀の、難解な)知識を理解することができます。その他の者たちは惨めに失敗します。


バガヴァッド・ギーターとその他の権威ある(authorized)聖典が非人格的なブラーマンについて述べること(what~have to say)を人がよく注意して(attentively)聞くことは、ぜひとも必要なことです(imperative、必須、緊急)。(訳注:~において~について述べられていることを、注意深く学ぶ必要があります。)


聖典は、「ちょうど太陽光が太陽からの光り輝く放射であるように、非人格的なブラーマンは至高主の体の輝きである」と、詳細に(amply)証明します(訳注:括弧は訳者)。さらに、太陽の光が太陽に依存しており、太陽に従属している(subservient)ように、非人格的なブラーマジョティの光輝、主クリシュナの体の光は、主に依存しており、従属しています。ギーター(14.27)において、主はこうおっしゃいます。


(サンスクリット引用)


「そして私は、不死で不滅で永遠で、そして究極の幸せの本来の立場(constitutional position)である、非人格的なブラーマンの基盤(basis)です。」


6段落

ギーターの中の、非人格的なブラーマンに関する主の言葉は明白(unequivocal、あいまいでない)ですが、それでもラーダークリシュナン博士はそれらに満足していないように見えます。彼は14章の27節を嫌々ながら(grudgingly、渋々と)こう翻訳します。「私は不死にして不滅(訳注:the Imperishableだけ最初が大文字。誤植?)のブラーマン、永遠の法、そして完全な喜びの住みかであるからです。」


(原文:“For I am the abode of Brahman, the immortal and the Imperishable, of eternal law and of absolute bliss.”)


主クリシュナは非人格的で形のないブラーマンの基盤であるので、主は確かにそれよりはるかに優れておられます。蚊帳(かや)は家の中にあるのであり、逆ではありません。インク壷はテーブルの上にあるのであり、逆ではありません。小さな少年でさえ、これを理解することができます。


それなら、なぜラーダークリシュナン博士はこの真理を受け入れるのをためらうのでしょうか?聖典の中には、主クリシュナの至高の完全な人格の無数の証明がありますが、ラーダークリシュナン博士は真理の日光の中のフクロウのようです。


彼は、言葉を操ることという暗い雲を作ることによって、真理の太陽を覆い隠そうとします。こうして、真理と知識の代わりに世界の前に困惑(confusion、混迷)がひけらかされます(to be paraded)。(訳注:この場合の「パレード」は、行列のパレードの性質である「次々に現れる、見せびらかす、行進する」という意味が含まれると思いますが、全体としては「困惑するようなことが次々に起こる」という意味かと思います。」


私たちはこの種の活動を強く非難します。直接的にであれ、間接的にであれ、ラーダークリシュナン博士は、主クリシュナがブラーマンの基盤であるという真理を巧みに回避しようとし(to circumvent、迂回、裏をかく)、その過程で彼は打ち負かされました。


もしもラーダークリシュナン博士が本当に主クリシュナを完全な神として受け入れるなら、それなら何が彼に、クリシュナの中にもう一つの存在を見て、「私たちが服従しなければならないのは、人格的なクリシュナではない、、、」と書かせた(to inspire、霊感を与えて何かをさせる)のでしょうか?


7段落

真実は、主によって祝福された者だけが神に関わる霊的な科学を理解する(to fathom、本来は「水の深さを測る」という意味。見抜く、計り知る)ことができるというものです。ラーダークリシュナン博士の本は、反駁(はんばく)できないほどに(irrefutably、議論の余地のない)これを証明します。


マーヤーヴァーディーの哲学者たちは、至高主に対する(to)大変な(big)無礼者(offenders)であり、そして、したがって主は決してご自分を彼らに表わされません(to manifest、顕現)。主ご自身がギーター(7.25)において(サンスクリット引用)と宣言なさいます。


「私は決して愚かな者と非知性的な者の前には顕現しません。彼らにとって、私は私の内的な力によって覆われています。。。」


以前のすべての権威者はマーヤーヴァーディーを非難しましたが、主シュリー・クリシュナ・チャイタンニャ・マハープラブは、彼らを至高主に対する最大の無礼者(offenders)と呼んで、(彼らを)直接的に非難しました(to censure)


主は、もしも人が単に哲学をマーヤーヴァーディー(a Mayavadi)から聞けば、彼の霊的な人生は危険にさらされている(in jeopardy)とおっしゃいました。シュリー・チャイタンニャ・チャリタームリタ(マデャー17129132および134135)において引用されているように、主はマーヤーヴァーディーについてこのように語られます。


「シュリー・クリシュナ・チャイタンニャ・マハープラブはお答えになりました。『マーヤーヴァーディーの非人格主義者たちは、主クリシュナに対する大変な無礼者です。したがって、彼らは単にブラーマン、アートマー、そしてチャイタンニャ(訳注:など)の言葉を口にします(to utter)


クリシュナの聖なる御名は、彼らの口の中には現れません(to manifest)。なぜなら彼らは、ご自分の聖なる御名と同一であられるクリシュナ、至高の人格神に対する無礼者だからです。主の聖なる御名、主の形、そして主の人格は、すべて一つであり、同じです。それらの間に違いはありません。


それらすべては完全なので、それらは超越的に喜びに溢れています。クリシュナの体と主ご自身の間、あるいは主の御名と主ご自身の間には違いはありません。制約された魂に関して言えば、すべてが異なっています。人の名前は体や人のもともとの形などとは異なります。


クリシュナの聖なる御名、主の体、そして主の娯楽は、鈍い(blunt)物質的な感覚によっては理解され得ません。それらは独立して顕現します。クリシュナの聖なる名、主の超越的な性質と娯楽および主クリシュナご自身は、すべて同等です。それらはすべて霊的で、喜びに満ちています。』」


8段落

マーヤーヴァーディーはシュリーパーダ・シャンカラーチャーリャを真似しようとします。正統(orthodox)である振りをして、彼らは、「ジーヴァはパラブラーマン、至高主の欠かすべからざる一部である」という真理を退けます(訳注:括弧は訳者)。


彼らは、マーヤーの魔力(spell)の下に落ちるのはパラブラーマンご自身ではなく、パラブラーマンの欠かすべからざる小片の側面(ジーヴァ)だけである、という事実をも否定します。そして、最も悪いことに、彼らはパラブラーマンは至高の人格神に他ならないということを否定します。


彼らのいびつな(lop-sided、一方に傾いた)議論によれば、ジーヴァがムクティ(解放)を得るとき、彼は非人格的なブラーマンと同化し(to merge into~)、自分の個々の自己認識(identity)を失います。この論理によれば、至高主、パラブラーマンがこの物質世界に化身するとき、あるいは神像(theDeity)の形で現れるとき、主は普通のジーヴァになります。


このようにして(Thus)、愚かなマーヤーヴァーディーたちは主と主の形の間に区分をつけ(to draw a distinction)、そしてこうして(in this way)彼らは主に対して大変な非礼を働きます(to commit great offences)


9段落

そのため、主クリシュナと主の形の間にくさびを打ち込む(to knock a wedge)ことによって、ラーダークリシュナン博士は自分の知性の欠如を表しました(to demonstrate)。実に、マーヤーが彼の知性を奪ったのであり、主チャイタンニャ・マハープラブによれば、彼はもっともひどい非礼を為しました(he is the worst offender、最大の無礼者)


バガヴァッド・ギーターにおいて、主はそのような無礼者をムーダーと描写なさいます。なぜなら、彼らは人間の脆さ(frailties、はかなさ)と欠点(faults)を至高主に帰する(to ascribe、~のせいにする)からです。今日、無神論者が多すぎるので(because of an excess of atheists)、世界は地獄になりました。


そして、これはひとえに、至高主の敵によるマーヤーヴァーダ哲学の布教が原因です。主チャイタンニャの使命は、これらの無礼者たちの呪縛(the clutches、しっかりと掴むこと)からジーヴァを救うことです。この使命のことを気にかけない(unconcerned about~)者は、主チャイタンニャに対して非礼を為します。


10段落

マーヤーヴァーディーたちは霊性主義者のように見えようとして大変努力しますが(to try hard to look like ~)、事実は、彼らは全くの物質主義者です。彼らは言葉を操ることで(with word jugglery)大衆を惑わす(to confuse and mesmerize、困惑させ、催眠術にかけたようにする)ことができるかもしれませんが、本当は彼らのいわゆる放棄は猿のそれと同じくらい偽りです。


なぜなら、彼らは名声(distinction)、崇敬(adoration)、地位、そして富を求める単なる物乞いになってしまったからです。彼らは世俗的な発展だけにかまけており(to be busy with~)、霊的な言葉(message)と霊的な目的と理想は忘れられています。


シュリマッド・バーガヴァタム(1.1.2)は、そのような見せ掛けの(show bottle)宗教をカイタヴァ・ダールマ、「騙す(cheating)宗教」と定義しました。そのような騙す宗教団体に魅了される者たちは、彼ら自身、偽り(deceitful、欺瞞的)です。


彼らの霊性の見せびらかし(show)は言語道断(abominable、忌まわしい)です。彼らは解放も、献身と服従も欲しません。彼らは推量に執着しており(addicted、中毒)、決してクリシュナを理解することができません。


11段落

マーヤーヴァーディーが、キールタンを行ったり個人的な名声(name and fame)のためにバーガヴァタムに関する講演(discourses、講話)を催したりするとき、彼らはブラーマン、チャイタンニャ、そしてパラマートマーについて歌ったり、話したりするかもしれませんが、彼らは主クリシュナの御名を口にする(to utter、声に出して言う)ことはできません。


シュリー・バーガヴァーン・ウヴァーチャ(「至高の人格神がおっしゃった」)という言葉がバガヴァッド・ギーター全体に現れますが、マーヤーヴァーディーはクリシュナの御名以外のすべてを言う用意があります(訳注:~だけは口にしようとしません)。


ブラーマンとパラマートマーという言葉は、究極的には主クリシュナを指し、そしてクリシュナは至高の完全人格の主要な名であるというのは、よく知られた聖典の真理です。しかし、マーヤーヴァーディーがクリシュナ、ゴヴィンダ、あるいはハリなどの神の御名を唱えるときでさえ、彼らは、これらは神の主要な名であること、そしてそれらは至高主と異なるものではないこと、という理解と信仰を持たず、そうではなく、それらを唱えることはサーダーナ、すなわち霊的な実践の一時的な方法(means、手段)であるという考えをもって、そうします。


彼らはまた、聖なる名をそのように唱えることは無礼であるということを認めません。もちろん、彼らの最大の無礼は、主クリシュナと主の形の間に区別をつけることです。そのためギーター(9.11)において、主クリシュナご自身がこれらの無礼者を非難なさいます。


(サンスクリット引用)


「私が人間の形で降臨するとき、愚か者たちは私をあざ笑います(to deride)。彼らは、すべてのもの(all that be)の至高の主としての私の超越的な性質を知りません。」


12段落

ラーダークリシュナン博士がこの節をどのように翻訳したか見てみましょう。それは彼の本の242ページにあります。「幻惑された者は、すべての存在の主としての私のより高い性質を知らずに、人間の形をまとった(clad in human body)私を軽蔑します(to despise)。」


言い換えると、「すべての存在の主」である人(person)が「人間の体をまとう」とき、物質主義的な観点から見る者は、主を普通の、死を運命づけられた者(ordinary mortal)と受け取り、霊的な観点から見る者は、主は至高存在、すべての原因の原因であると理解します。


そのため、もしも主クリシュナを軽蔑する(to despise)のは幻惑された者であるなら、それならラーダークリシュナン博士は自身にとって、自分はこの罪を犯している(guilty of this crime)と認めるときではないでしょうか?


彼がいかに、主を単なる「死を運命づけられた者」(訳注:mortal、括弧は訳者)と同等において、「すべての存在の主」を不当に扱った(to abuse)かということを、彼に認識させましょう。そのような偉大な学者たちが主クリシュナに対して敵意を示す(inimical、反目)のを見るとき、ギーターに従って、私たちは、彼らの知性はマーヤーによって盗まれたと結論づけることができます。


13段落

すべての以前の霊的な権威者たちは、主クリシュナを至高の人格神として受け入れました。シュリーパーダ・シャンカラーチャーリャでさえ、この真理を受け入れました。それなのにラーダークリシュナン博士は、あまりにも幻惑されているので、主クリシュナを普通のジーヴァ、あるいはおそらく卓越したそれと考えます。


14段落

主チャイタンニャより多くの知識を持った人はいません。論理的で科学的なクリシュナ意識の知識は、主チャイタンニャから受け取られなければなりません。ラーダークリシュナン博士は、主チャイタンニャの直接の霊的な系統にあるシュリーラ・ジーヴァ・ゴスヴァーミーの教え(precepts、教訓)に基づいて、どこかで主クリシュナを論じたでしょうか?(訳注:~が~に基づいて~を論じたことが一度でもあるでしょうか?)


私たちはラーダークリシュナン博士に、シュリーラ・ジーヴァ・ゴスヴァーミーのサット・サンダルバーを学ぶ(to study、研究)ことをお願いします(to request)。彼は自分の霊的指導者によって、自分の文筆を学者や哲学者に向けさせ、彼らにこの深遠な(esoteric、難解、奥義)知識を理解させるように、特別に力を授けられました(to be empowered)


彼の水準(stature、成長、進歩、達成、偉業、才能など)の別の(another)哲学者は、まだ生まれていません。事実、未来の誰も、学識(erudition)において彼を超えることはできないでしょう。ラーダークリシュナン博士は哲学者なので、彼がシュリーラ・ジーヴァ・ゴスヴァーミーの教え(precepts)を退けないことを私たちは望みます。


15段落

ラーダークリシュナン博士の文章から、クリシュナ意識の科学を理解しようとする(to fathom、推し量る、見抜く)にあたって彼がいかに混乱している(perplexed)かを、人は簡単に証明することができます。彼は主クリシュナを、卓越した人間でありインドの歴史上の人物として表そう(to present)としますが、バガヴァッド・ギーターはそのような試み(task、課題)を不可能にします。


彼の「入門的な随筆」(30ページ)において、彼はこう書きます。「ギーターにおいて、クリシュナは

至高主、多くの(manifold)宇宙(訳注:複数)の背後に横たわる統一性(unity)、すべての表れ(appearances)の背後にある変化することのない真実、すべてを超越し、すべての中に内在する(immanent)、と記されています(tobe identified with~、~と同一視する、この場合は「描写されている」という意味と思われる)


主は顕現した主、死を運命づけられた者が知るのを容易にします。なぜなら(for)、滅びることのないブラーマンを探し求める者は、疑いもなく、大いなる努力ののちに主に至るからです。主はパラマートマーンと呼ばれます。


(次の段落)どうして私たちは歴史上の個人を至高主と見なす(to identify)ことができるでしょうか?個人を宇宙の自己(the universal Self、普遍的な)と同一であるとすること(the representation)は、ヒンズー教の教えには馴染みのあるものです。ウパニシャッドにおいて、私たちは、完全存在との本当の関係を把握(to apprehend、理解)する完全に目覚めた魂は、それ(訳注:魂)は本質的に後者(訳注:完全存在)と一つであることを知り(to see)、自分はそうであると宣言する、と知らされます。」


(訳注:博士の文章の特徴であるようですが、原文の構造が詩的あるいは散文的で、かなり分かりにくいです。)


16段落

しかし、ジーヴァが主と「本質的に一つ」になることは霊的な人生における最終目的(the last word)ではありません。もちろん、シュリーパーダ・シャンカラーチャーリャは、無神論者が少なくとも認識のこの水準にくるようにするために、この考えを広めました。


しかし、この向こうには至高の完全人格神の領域(realm、王国)があります。超越性の領域(sphere)に入り、もしも人が至高の超越的な人格(personality)を知覚しないなら、人の霊的な実践は汚染された知性が原因で不完全なままとなり、そして人は物質主義の領域(realm)へと戻らねばなりません。


世界は幻想である-ジャガン・ミッテャー-と主張するにも関わらず、そのような非成功な(unsuccessful)超越主義者たちは、やがて(then)政治的、社会的、そして利他的な(altruistic)事柄(affairs)に囚われる(to be entangled、もつれた毛糸のように絡まり、陥る様子)ようになります。


17段落

ラーダークリシュナン博士は、決して直接、至高の超越的な人格、主シュリー・クリシュナを知覚したことはありません。主クリシュナは彼のまん前にいらっしゃるにも関わらず、彼は主を見ることができず、そしてそのため(thus)、幻想から(out of~、~が原因で)、彼は主を歴史上の人物と呼びます。


本物のインドの宗教哲学は、神との一体性と主との違い(difference from Him)の両方があると教えます。同時に一つであり、また異なる、というこの概念は、ヴィスィシュタードヴァイタ、ドゥヴァイタードヴァイタ、シュッダードヴァイタ、そしてアチンテャ・ベーダーベーダ・タットヴァと表現されています(has been termed)


もしもこの深遠な概念が誤り(false)であれば、クリシュナはインド中で、ほぼすべての家庭で崇拝されることはないでしょう。主は歴史上の人物としてではなく、至高主として崇拝されます。至高の人格神としてのクリシュナの立場は、ヴェダーンタ・スートラとガーヤトリー・マントラの自然な解説(commentary)であり真髄である、権威ある文書シュリーマッド・バーガヴァタムによって堅固に確立されています。


ラーダークリシュナン博士よりも遥かに学識の深い多くの学究的な(scholarly)マーヤーヴァーディーたちが大衆(general populace)の信仰を揺るがそうとしましたが、記憶にないほどの昔から、クリシュナの寺院は何百万と築かれてきました(to have mushroomed)-主クリシュナは普通の、死を運命づけられた存在である、と主張するマーヤーヴァーディーと無神論者たちにとって、侮辱的な事実(a slap in the face、びんた、頬を激しく叩かれるにも等しい出来事や事実)です。


未来においても、もっと多くのクリシュナの寺院が不可知論的な(agnostic)人々と不信心者をくじく(to frustrate、挫折、妨げる、失敗させる)ために築かれるでしょう(訳注:~して、~は敗北感を味わうでしょう)。


すべてのヴィシュヌの寺院は聖典とアーチャーリャたちによって正統と認められています(authorized)。ラーダークリシュナン博士のためだけに言えば(just for the sake of~)、インドの人口全体がマーヤーヴァーダ哲学と妥協する(to strike a compromise with~)というのは、ほぼ考えられません(It hardly seems likely)


18段落

インドの歴史は、自らの名声で天を照らした(who lit up the heavens)多くのすばらしい勇者たち(heroes)の話(accounts、記述)で満たされています。多くの賢者や哲学者たちは、これらのまばゆい太陽たちをさておいて、至高新として崇拝するために、なぜシュリー・クリシュナ、シュリー・ラーマ、そして彼らの拡張体(訳注:複数)だけを選んだのでしょうか?


この現象の公平な(unbiased、先入観や偏見のない)研究をするために聖典を詳しく調べた(to delve into~)霊的な教師たち(preceptor)は、ラーダークリシュナン博士よりもはるかに発達した学者たちです。それでも、天国のような惑星の住人でさえ主に関して幻惑されるので、ラーダークリシュナン博士のような普通の、死を運命づけられた存在が主クリシュナに関して幻惑されるのは、非常に理解できること(understandable)です。


シュリマッド・バーガヴァタム(1.1.1)には、ムヒャンティ・ヤット・スーラヤーと述べられています。「主によって、偉大な賢人たちと半神たちさえ幻想に入れられます。」地球(the earth planet)は、この宇宙の体系の中の14の惑星のうち、だいぶ下のほうの(way down)7番目の位置にあり、そのためその住人はほんの少しの(meager)力しか与えられていないのです。


19段落

この貧弱な(meager)地球の国々のうち、バーラタヴァルシャ、すなわちインドは最も優れています。なぜなら、創造の初めから、インドの賢人たちは深遠な(esoteric)霊的な科学を追求する(to pursue)にあたって最も卓越した技を示してきたからです。


(In days of yore)、これらの賢人たちはより高い惑星系と意思の疎通を取ることができました。しかし今ではインドは非常に悪い状態にあるので、私たちは以前の賢人たちの教えに従おうとしません(not willing)


私たちはクリシュナを歴史上の人物として受け入れる意思があります(willing)が、回りくどい(devious、率直でない、よこしまな)手段によって、私たちはややこしい(confusing)哲学的な専門語(jargon、悪い意味で難しい専門的な用語、ちんぷんかんぷん、わけの分からない言葉)で主の教えを歪ませようとします。


これはインドの望ましくない状態の証拠です。インドは今では、本当の神は無しで済まし(to do away with~)、主を多くの偽物の神で置き換えることに熱心になってしまいました。これはインドにとって最も大きな不運です。

............................................................................

本当に大変長々とお待たせいたしまして、まことに申し訳ございません。ようやく次の章ができましたのでお届けいたします。どうしてこう怠けているのだろうと考えると、仕事ばっかりしているからとか、いろいろ理由はあると思いますが、単にちょいと弱っているからかもしれません。今日はオーラが見える方とお会いして、青が多くて弱っている、森へ行ってエネルギーを貰え、と言われました。ほんとに、別に「はっきりと病気です!」ということもぜんぜんないのですが、多少弱ってるなということを実感することも多いこの頃なのです。


無理をせずに、ということを大事にしていきたいと思いますので、次が登場しますのはまたまただいぶ先のことになるかもしれませんが、どうぞ生暖か~く見守っていただけましたら幸いです。皆様もどうぞ体力気力が充実するように健康に気をつけておすごしくださいませ。


葉子


[PR]
by ammolitering4 | 2016-10-11 15:10 | Comments(0)

ラスヤトラの季節

皆様こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。全然更新していなくて申し訳ございません。なんでだろうと自分でも不思議なのですが、あれほど熱心に描いていたガラス絵もすっかり描かなくなったし、波があるのだろうなと思っています。今でも本とノートは持ち歩いていて、隙間の時間などにちょこちょこと翻訳をしていることはしているのですが、以前のように進まないのです。アートのほうも全くやめたわけではなくて、キャンバスに夢の絵を描いてみたり雑誌の切り抜きでコラージュをしてみたりと、形を変えて細々とやっています。

今日はダウンタウンを歩いていてラスヤトラの広告を見つけました。ラスヤトラ、懐かしいなあ。お祭りにもお寺にももう何年も行ってないし、これからもまた行くことはないと思うのですが、こうして見かけるとやっぱり嬉しいです。それにしても、お金がかかってますね。バス停のこういう広告って、幾らくらいするものか分かりませんが、決して安いものではないと思います。バンクーバーの場合、市の政府、ラジオ局やテレビ局、銀行などが協賛していて盛大に行われ、カナダの首長であるイギリスの女王様の代理の人以下、各種の偉い人たちがこぞって祝辞を送ったりして参加し、パワフルなインド人社会に愛想を振りまきます。

一般市民の間ではハレクリシュナが広まっているという印象はあんまりなく、むしろ衰退する一方であるような気もするのですが、少なくともヒッピー時代からうん十年経った現在では「昔から続いている宗教」というイメージが定着していると言っていいと思います。今年もまたきっと行かないだろうとは思いますが、成功のうちに終わるといいなと思います。
d0152550_05431768.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2016-08-08 06:00 | Comments(0)

今年もどうぞよろしくお願いいたします

皆様、明けましておめでとうございます。ここカナダではまだ夕方ですが、日本はもう新年になりましたね。

一年間お付き合いくださいましてどうもありがとうございます。かなり停滞してしまってほとんど進まず、ほんとに申し訳ありません。趣味で描いている絵のほうもあんまり進んでなくて、それじゃあ仕事に心血を注いでいるのかといえばそうでもなく、なんとなくだらだらした一年でした。来年はもうちょっと真面目にやりたいと思いますが、どうもエネルギーの流れのようなものがあるような気がするので、無理せずマイペースでやっていこうと思います。またまたお待たせするかと思いますが、どうぞ気長にお付き合いくださいませ。

世相はますますカリユガの気配が濃厚になってきていますね。これからその方向性が変わるとも思えず、私たちにできることは何なのだろうと考えると、何よりもまず魂である自分の身を守ることなのだと思います。飛行機で事故のときに酸素マスクが下りてきますね。子供がいれば、あれをまず自分につけてから子供につけてやるというのが正しい順番です。これからの時代はゆっくりと落ちていく飛行機の中にいるようなものと覚悟していきたいものです。皆様の魂の未来が平安でありますように。

葉子
d0152550_11252529.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2016-01-01 11:24 | Comments(0)

ラザロ様の絵ができました

翻訳でなくて恐縮ですが、ラザロ様のガラス絵ができました。依頼主の方にお届けしたらとても喜んでくださり、これから教会に持っていく、とおっしゃいました。教会に21日間置いておくことで、ただの絵が本物のイコンとして認められるのだそうです。長年イコンが欲しかったとおっしゃる依頼主の方のもとで、私の描いた絵が本物のイコンになって彼の信仰のお役に立てると思うと、ほんとに光栄です。
d0152550_10424791.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-11-29 10:46 | Comments(0)

聖ラザロのガラス絵

こんにちは。相変わらず世界ではいろいろと不穏なことが起こっていますね。世界的な戦争が始まりそうな気配が濃厚になってきました。これから世界はどうなるのだろうと思いますが、長期的に見ればカリユガが進む一方ということを知っていることで一種の安らぎが得られる気がします。

翻訳が滞っていて申し訳ありません。ぼちぼち、ぼちぼちと進んでいます。いろんなことが停滞する時期なのかな、という気もします。アートのほうもちょこちょことやってますが、これは同じくのんびりと進んでいるガラス絵です。ご覧のようにテーマは聖書で、聖ラザロを描いたセルビア正教会の聖画をもとにして描いています。これで最初の層はできあがりなので、あとはこれに色を加えていこうと思っています。

聖ラザロは死んでましたが、しかも4日も経って死体が腐って臭くなってたはずだったのですが、イエス様が「出てきなさい」と言ったら蘇って、言われるままに墓から出てきました。死ぬ前に家族の人がイエス様に助けてくれるように頼んでいたのですが、イエス様は何かの用事で忙しかったらしくて、遅くなってしまいました。それで「ごめんね~」と言って家族のもとに行って、「今から治すから」とおっしゃいました。それを聞いた家族は「でももう腐ってます」と言いましたが、イエス様は「大丈夫」と言って、実際大丈夫だった、という顛末です。そのため、聖ラザロはセルビアでは家族の守り神として祭られているのだそうです。

この絵は、お店の常連さんであるセルビア人のおじいさんに頼まれたものです。おじいさんには妻や子はいらっしゃらないようですが、それでも甥や姪などの家族がいて、仲良くしていらっしゃるようです。彼の家族を守る絵になるように、心して丁寧に仕上げようと思っています。
d0152550_1212010.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-11-20 12:12 | Comments(0)

こんにちは

全然更新してないのに見捨てないで見に来てくださる皆様、こんにちは。いつもありがとうございます。お寺や献身者との関わりからすっかり遠ざかってしまって久しく、プラブパーダのお顔を見るのにも罪悪感が邪魔して直視できない情けない日々ですが、翻訳そのものはほんとに少しずつですが進んでいます。気持ちの波というのはあるようで、一瞬の暇も惜しんで訳していた頃のような熱意は影をひそめています。今は何を一生懸命にやってるのだろうと考えると、特にこれといってないのですが、関心のあることと言えば難民問題です。なぜか非常に気になっており、ヨーロッパのメディアのニュースに毎日べったり貼り付いて進退を注目しています。これを境にして新しい時代になるような気がするのです。

それから、彗星に酸素が発見されましたね。私は彗星のことにも強い興味があります。オカルトなのかもしれませんが、人間が数年前に彗星を破壊したのはとても不吉なことだったと思います。やってしまったことは仕方が無いので結果を受け入れるしかありませんが、あの事件の際に大多数の人々が拍手喝采をしたのを見たら、人間がこれほど馬鹿ならわざわざ破滅を招くのもむしろ良いことかもしれないと思ってしまいました。

魂と肉体のバランスをとり続けなければならない物質世界で生きている、終わりのあるこの人生。先日は健康そのものだったはずの比較的若い友人がころりと死んでしまいましたが、一方では「なぜまだ生きているのだろう」と不思議でならないお年寄りの友人もいます。いつでも終わりかねず、なかなか終われないかもしれない矛盾の中で、どうバランスを取ればいいのでしょうね。やっぱり、柔軟性のある長期計画を立てておくのが大切なのだろうと思います。そのために最近は多少遅ればせながらファイナンシャルアドバイザーの方からお話を聞いたりもしていますが、一方ではスピリチュアルアドバイザーであるプラブパーダのお話に耳を傾けることを忘れずにいたいものです。
[PR]
by ammolitering4 | 2015-11-01 13:10 | Comments(0)

人間の解釈

先日、ふらふらとインターネットで人生の貴重な時間を無駄に費やしておりますと、こちらのサイトに行き当たりました。名古屋の動物園にいるゴリラの記事です。探したらこっちのサイトにもいろいろ写真が出ています。

シャバーニという名前のそのゴリラ、なんとものすごくハンサムなのです。ネギを食べてるところもしぶいわ、精悍だわ、たくましいわ、シャバーニさま~!すてき~!!!と、道ならぬ恋に落ちてしまいそうです。
d0152550_1593876.jpg



ファッションブランドのモデルにもなれます。今時の頼りない人間のオスなど足元にも及ばぬ風格があります。地球の男には飽きたと思っていたけれど、まだまだ素敵な男性はいたのですね。
d0152550_215987.jpg



さて、こんなにかっこいいシャバーニさんの姿を見て、あのお方を思い出したのはこちらの読者の方であれば少なくないはず。そう、ハヌマン様です。あの方はお猿さんとのことですが、きっとシャバーニさんのようなお顔でいらしたのだろうなと思います。そういえばクリシュナの6番目だか7番目だかのお妃様もゴリラでしたね。お父様がゴリラの王様でいらして、それもまたきっとシャバーニさんみたいだったはず。姫のご容貌はあんまり想像がつきませんが、その息子さん、つまりクリシュナの息子のたしかサンバ様とおっしゃる方は、大層かっこよかったとどこかに書いてありました。いいなあ、どんな感じだったのかなあ。昔は熊とか牛とか狼とかも人間のように話ができて、人間と意思の疎通もできていたようですね。おとぎ話みたいなことではありますが、シャバーニさんを見ているとさにあらんという気がしてきます。

ところで、ときどき出てくる「40万種類の人間」という描写について、何のことだろうかと考えた方も多いと思います。これを「人間の心のあり方によって40万種類に分けられる」と解釈している方もあるようですが、それは違います。これは文字通りの解釈をすべきで、プラブパーダのご発言からもホモサピエンスを一つと数えることは明らかです。そうすると残る39万9999種は何なのでしょうか。とりあえず地球に限定するとして、ネアンデルタール人、北京原人、クロマニョン人、ジャワ原人、えーと、それから、、、コロボックル、妖怪、妖精、巨人、、、どこまで拡大解釈しても数が足りません。たぶん、別の次元にいるのだろう、時間というのは関係なくて、地球ができたときから壊れるときまで含むのだろう、ということで納得するしかありません。

逆にその他の生き物の種類は数が足りません。460万のうちの40万が人間で、その残りをさらに幾つにも分けていくので、微生物だけで終わってしまいます。こういうところも???と思うのですが、それでもやっぱり単なる与太話として片付けられないという気持ちがあるのだから不思議なものです。

それにしてもハヌマン様、実際にどんな感じで生きていらしたのでしょうね。私にとって、ヴェーダのいろんな話の中でも一番気になる存在です。
[PR]
by ammolitering4 | 2015-06-29 02:28 | Comments(6)

ハリナムを見かけました

今日、バスに乗っていたらハリナムの歌声が聞こえてきました。あっ、ハリナムだ!と思いましたが、なにぶんバスの中からなので写真もちょっとしか写らなかったし、音もものの20秒くらい聞こえただけです。それでも、たったそれだけでも今日は良い日だったという気持ちになります。

なかなか更新していなくてすみません。1章分の翻訳ができてはいますが、まだ清書していないのです。先日までは3週間ほど日本に行ってました。日本は人がフレンドリーで清潔でとても過ごしやすかったのですが、社会からの無言のプレッシャーというのも大きいですね。不気味だなと感じる要素は多々あります。実家の近所には高齢化と過疎化に伴う空き家が多く、ある家では犬がつながれたままになっています。空き家の主が時折やってきてエサをやったり散歩に連れて行ったりしているそうですが、その「時折」というのがどれくらいのものなのかは分かりません。田んぼの真ん中のその家は、前を通る人もあまりなくて犬は一日中淋しい思いをしていることでしょう。犬はやせていて、まわりにはたくさんのフンが落ちています。これは明らかに動物虐待なので、どこかに通報するなり保護を求めるなりしたいのですが、そう言うと母は「誰にも何も言うな」と言いました。

母も犬をかわいそうに思っているのに、明らかな問題に対して声を上げると「誰が言ったのか?」という問題になることを恐れているのです。事情があるのだろう、仕方がないのだろう、と言う母の意見を無視して、ちょっと訪れただけの私が何かすることはできません。私は去っていきますが、母は私の言動の結果を受け止めて狭い田舎の社会で生きていかなくてはならないのです。犬は近所の人が見かねてときたま散歩に連れ出したりもしているようですが、このままだとそのうちに死ぬでしょう。かわいそうな人生だったなと思います。

明らかにおかしいことがあるのに、誰も何も言えない空気が充満している気がします。
d0152550_12283460.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-06-14 12:45 | Comments(14)

小さなハリナム

夕方ダウンタウンに行ったら、ハリナムをしている人たちがいました。このあともう一人増えて3人でなさってましたが、この前は女性一人でなさっていました。毎日夕方から行っているそうです。
d0152550_12541368.jpg



いろんな国の言葉で書かれた本も並んでいます。
d0152550_12555811.jpg



日本語のもありました!古い本なのでしょうか。誰か適切な人の手元に届けばいいなと思います。
d0152550_12563164.jpg



ハリナムの方にプラサーダムを頂きました。スパイシーで酸っぱくて塩味で予想外の味でしたが、けっこうおいしかったです。
d0152550_132781.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-04-30 13:03 | Comments(0)