完璧な問い、完璧な答え プラブパーダ睨下

尊師A.C.バクティヴェダーンタ・プラブパーダ睨下

尊師A.C.バクティヴェダーンタ・プラブパーダ睨下は、インドはカルカッタにおいて1896年にこの世に降誕なさいました。彼はご自身の霊的指導者であられるスリラ・バクティスィッダーンタ・サラスヴァティ・ゴスヴァーミーに1922年にカルカッタで初めてお会いになりました。卓越した献愛的な学者であって64のガウディーヤ・マサ(ヴェーダ研究所)の設立者であられたバクティスィッダーンタ・サラスヴァティは、この教育のある若者を好ましくお思いになり、彼の人生をヴェーダの知識を教えるために捧げるよう説得なさいました。スリラ・プラブパーダは彼の生徒になり、11年後の1933年にアラハバッドにおいて正式に洗礼を受けた弟子となられました。

1922年に初めて出会われたとき、スリラ・バクティスィッダーンタ・サラスヴァティ・サークラはスリラ・プラブパーダにヴェーダの知識を英語で広めるように依頼なさいました。その後の歳月において、スリラ・プラブパーダはバガヴァッド・ギーターの解説を書き、ガウディーヤ・マサの業務を補助し、1944年には独力で英語の隔週誌を始め、編集し、原稿をタイプし、ガリ刷りを校正しました。冊子を無料で配布する作業も行い、出版の継続のために苦労を重ねました。一旦発刊されると雑誌は廃刊することなく、現在では西洋の弟子によって継続されています。

スリラ・プラブパーダの哲学的な学習と献愛の念を認識し、ガウディーヤ・ヴァイシュナヴァ協会は1947年に「バクティヴェーダンタ」の称号を戴与しました。1950年、44歳のとき、スリラ・プラブパーダは結婚生活から引退し、4年後に研究と著述により多くに時間を捧げるためにヴァーナプラスタ(引退)階級となられました。スリラ・プラブパーダは聖都ヴリンダーヴァナに旅し、そこで歴史的な中世のラーダー・ダーモダラ寺院において大変簡素は状況で暮らし、数年間にわたって深い研究と著述に従事なさいました。彼は1959年に放棄階級となられました。ラーダー・ダーモダラにおいて、彼は生涯の最高傑作に取り掛かられました。1万8千節からなるシュリーマッド・バーガヴァタム(バーガヴァタ・プラーナ)の複数巻からなる翻訳と解説です。彼はまた「他の惑星への簡単な旅行」もお書きになりました。(訳注、「クリシュナ意識の単語帳」サイトにおいて全文の日本語訳を紹介しています。)

バーガヴァタムを3巻出版した後、スリラ・プラブパーダは彼の霊的指導者の使命を果たすために1965年に合衆国においでになりました。その時以来、睨下はインドの哲学的および宗教的な古典のために40巻以上の権威ある翻訳と解説と要約研究を執筆なさいました。

1965年に貨物船で初めてニューヨークにいらしたとき、スリラ・プラブパーダは事実上一文無しでいらっしゃいました。1966年7月に国際クリシュナ意識協会を設立なさったのは、その後一年近くの大変なご苦労の後でした。彼の注意深い指導のもとで、協会は10年のうちに百近いアーシュラマと学校と寺院と研究所と農園共同体から成る世界的な連合へと成長しました。

1968年にスリラ・プラブパーダはウェスト・バージニアの丘陵地帯に実験的なヴェーダ共同体であるニュー・ヴリンダーヴァナを建設なさいました。今では千エーカー以上の繁栄する農園共同体となったニュー・ヴリンダーヴァナの成功に力を得て、彼の生徒たちは以来合衆国および海外にいくつかの類似の共同体を建設しました。

1972年には睨下はテキサス州のダラスにグルクラ学校を設立して、西洋にヴェーダ式の小学校と中学校の教育を導入しました。学校は1972年に3人の子供達で始動し、1975年の初めには在籍者数は150人に増加しました。

スリラ・プラブパーダはまた、インドのウェスト・ベンガル州のシュリーダーマ・マーヤープールに大きな国際センターを建てるよう激励しました。ここはまた、計画されているヴェーダ研究のための研究所の予定地でもあります。類似のプロジェクトとして、インドはヴリンダーヴァナの華麗なクリシュナ・バララーマ寺院と国際ゲストハウスがあります。これらは西洋人が滞在してヴェーダ文化を直接経験するための施設です。

スリラ・プラブパーダの最も偉大な貢献はしかし、著作物です。その権威と深さと明解さによって学究界で深い尊敬を得ているこれらの本は、多数の大学のコースで必読の教科書として使用されています。著作は11の言語に翻訳されています。睨下の作品のみを出版するために1972年に設立されたバクティヴェダンタ・ブック・トラスト(出版社)は、こうしてインドの宗教と哲学の分野における世界最大の出版社になりました。同社の最新のプロジェクトはスリラ・プラブパーダの最も新しい作品の出版です。スリラ・プラブパーダがわずか18ヶ月で完成させた、ベンガル語の宗教的な古典である「シュリー・チャイタンニャ・チャリタームリタ」の17巻の翻訳と解説です。

過去10年間、高齢にも関わらずスリラ・プラブパーダは講義ツアーで世界を12回も回り、6大陸に訪問なさいました。そのような多忙なスケジュールでありながら、スリラ・プラブパーダは精力的な執筆を続けておられます。彼の著述は、ヴェーダ哲学、宗教、文献、および文化に関する文字通りのライブラリー(図書館、書庫、文庫)を構成しています。
[PR]
by ammolitering4 | 2008-09-10 10:53 | 「完璧な問い、完璧な答え」 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 原文です。 完璧な問い、完璧な答え 終わりに >>