人間の解釈

先日、ふらふらとインターネットで人生の貴重な時間を無駄に費やしておりますと、こちらのサイトに行き当たりました。名古屋の動物園にいるゴリラの記事です。探したらこっちのサイトにもいろいろ写真が出ています。

シャバーニという名前のそのゴリラ、なんとものすごくハンサムなのです。ネギを食べてるところもしぶいわ、精悍だわ、たくましいわ、シャバーニさま~!すてき~!!!と、道ならぬ恋に落ちてしまいそうです。
d0152550_1593876.jpg



ファッションブランドのモデルにもなれます。今時の頼りない人間のオスなど足元にも及ばぬ風格があります。地球の男には飽きたと思っていたけれど、まだまだ素敵な男性はいたのですね。
d0152550_215987.jpg



さて、こんなにかっこいいシャバーニさんの姿を見て、あのお方を思い出したのはこちらの読者の方であれば少なくないはず。そう、ハヌマン様です。あの方はお猿さんとのことですが、きっとシャバーニさんのようなお顔でいらしたのだろうなと思います。そういえばクリシュナの6番目だか7番目だかのお妃様もゴリラでしたね。お父様がゴリラの王様でいらして、それもまたきっとシャバーニさんみたいだったはず。姫のご容貌はあんまり想像がつきませんが、その息子さん、つまりクリシュナの息子のたしかサンバ様とおっしゃる方は、大層かっこよかったとどこかに書いてありました。いいなあ、どんな感じだったのかなあ。昔は熊とか牛とか狼とかも人間のように話ができて、人間と意思の疎通もできていたようですね。おとぎ話みたいなことではありますが、シャバーニさんを見ているとさにあらんという気がしてきます。

ところで、ときどき出てくる「40万種類の人間」という描写について、何のことだろうかと考えた方も多いと思います。これを「人間の心のあり方によって40万種類に分けられる」と解釈している方もあるようですが、それは違います。これは文字通りの解釈をすべきで、プラブパーダのご発言からもホモサピエンスを一つと数えることは明らかです。そうすると残る39万9999種は何なのでしょうか。とりあえず地球に限定するとして、ネアンデルタール人、北京原人、クロマニョン人、ジャワ原人、えーと、それから、、、コロボックル、妖怪、妖精、巨人、、、どこまで拡大解釈しても数が足りません。たぶん、別の次元にいるのだろう、時間というのは関係なくて、地球ができたときから壊れるときまで含むのだろう、ということで納得するしかありません。

逆にその他の生き物の種類は数が足りません。460万のうちの40万が人間で、その残りをさらに幾つにも分けていくので、微生物だけで終わってしまいます。こういうところも???と思うのですが、それでもやっぱり単なる与太話として片付けられないという気持ちがあるのだから不思議なものです。

それにしてもハヌマン様、実際にどんな感じで生きていらしたのでしょうね。私にとって、ヴェーダのいろんな話の中でも一番気になる存在です。
[PR]
by ammolitering4 | 2015-06-29 02:28 | Comments(6)
Commented by 自然農ダースひっきぃ at 2015-06-29 16:17 x
ゴリラ、男らしいですね。

ちなみに、僕も、40万種類の人類やその他の生物を何を基準に分類しているのかが、時々、気になります。

機会があれば、バヌ・スワミに聴いて見たいです。

それから、教えていただいたアドレスにメールさせていただきましたが、送信出来ませんでした。(汗)
Commented at 2015-08-15 13:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぷりんす at 2016-04-17 04:38 x
西山葉子様 
 ますます翻訳の進展を喜ぶとともに、敬意を表します。

さて教えて頂きたいのですが、
「プラーラーダ・マハーラージャの超越的な教え」
の御翻訳とときにお使いになった英語本は何年のものでしょうか。The Bhaktivedanta Book Trust の書はタイトルページの裏の書誌情報が完備していないので、つまり第何刷りであるかを記してないのが通例なので、示しにくいと思います。
それで表紙絵がどんなものであったか、お教え頂けますか。
薄ピンク色が地で、クリシュナとラーダー(?)のカップルが描かれているもの、黄色の枠にごちゃごちゃと何が描かれているのかわかりにくいもの、暗い色調でプラフラーダが釜茹でになっている絵のもの、のいずれかでしょうか。他にも違う表紙絵のものがあるかもしれませんが。
よろしくお願いいたします。
Commented by ammolitering4 at 2016-04-25 11:24
ぷりんす様、お返事が遅くなって申し訳ございません。今は実物が手元にないのですが、たしかこちらでした。一番新しいものではないかと思います。
http://www.vedicgiftshop.com/product/transcendental-teachings-prahlada-maharaja/

プラブパーダの御本は、「一字一句変えるな」という教えを全然守らず、どんどん変更が加えられていると聞きます。本当に腹立たしいことです。
Commented by ぷりんす at 2016-05-07 16:17 x
西山様
ご回答ありがとうございました。リンクして頂いた頁の表紙写真を見ますと、私のみたことのないものでした。ということは様々な版があり、内容もいつも均一であるという保証はないのかもしれません。
編集者が手を加えることは一向にかまわないのですが、その場合は、本の文のどこをどのように変えたかを注記するのが、両親ある編集者の姿です。
憂えている人もおおいので、諸版の異同とか、初版のpdfをアップロードされているのだと思います。

Srimad-Bhagavatam のプラフラーダの超越的教えに対応する部分の和訳を作りました。ご訳書と合わせ読むと、どちらも内容がわかりやすくなると希望しました。

数日中にお届けできると思います。
Commented by 葉子 at 2016-05-08 11:27 x
ぷりんす様、いつもありがとうございます。

内容の変更については、編集の詳細や理由が全く記載されていないのが問題なのだと思います。信頼に関わる問題ですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 第4章 第3章 後半 >>