仮の姿

皆様、こんにちは。翻訳はどうした、お絵かきサイトに変わったのか、とのご不満もおありのことと思いますが、どうもすみません。なんとなくアートを振り返る気分なのです。そういえば、5月の上旬からしばらく日本に行く予定です。今回は一人じゃないし、あちこち行って家族や親戚に会うので、お寺にも行けませんし日本のお友達ともほとんどお会いできませんが、それでもやっぱり久しぶりに日本に帰るのは楽しみな気持ちがあります。ただ、手放しで嬉しい、わくわくして期待で一杯!という気持ちになれないのは、これは年のせいなのでしょうか。。。何かと落ち着かないご時勢です。とりあえず無事に行って戻ってくることができたら上等、と思っています。

子供の頃はわら半紙や広告の裏などに絵を描くことが多く、よく覚えていないのですが、たいていは可愛い(はずの)女の子を描いていたと思います。目玉が異様に大きくて口は三角で、というよくあるパターンです。自画像というつもりでなくても、そういう架空の人物にはその時なりの自分の理想が反映されているのでしょう。そういうわけで、今回は特に誰もモデルでない人物画を集めてみようと思います。いろいろありますが、本当は写真に撮ることもなく捨ててしまったもののほうがずっと多いです。鉛筆やペンで描いたものなどたくさんあって、そんなのは絵を使って自分の心を分析しているような構図のものが多かったです。
d0152550_1320053.jpg



d0152550_13272938.jpg



d0152550_13275822.jpg






d0152550_13291020.jpg



d0152550_13292834.jpg



これはあえて昔描いていたように目を巨大化させたもの。
d0152550_13295589.jpg



d0152550_13313192.jpg



d0152550_13323659.jpg



d0152550_133366.jpg



d0152550_13333327.jpg



d0152550_1334399.jpg



d0152550_13343097.jpg



d0152550_13463624.jpg



d0152550_13474923.jpg



この変なのは一体何でしょうね。上から描いていて、下の方が入りきらないことが分かったので脚を曲げてしまいました。ご想像がおつきかもしれませんが、実は私はけっこうファッションに興味があります。自分の容姿には全く無頓着で、髪はぼさぼさ、着るものは作業着なのに、人にあれこれ着せるのとかファッションデザインをしたりするのが好きなのです。かつては古着のバイヤーをしていたこともあり、ファブリックデザインの真似事をしてみたこともあります。誰か私のモルモット、いや、モデルになってくれないかな、といつも思っています。ある人に似合うものを探すのはコラージュに通じるものがあり、これだ!と思うものが見つかるととても嬉しいものです。
d0152550_13492816.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-04-29 13:37 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 小さなハリナム すれ違う人々 >>