すれ違う人々

さてさて、、、第2章ができたところで、脱線の続きと参りましょう。プラブパーダのお話の中でも家族や親戚や家や財産や、考えうるあらゆるものへの執着のことが出てきますが、自分の生への執着、家族、親戚、そして友人たちなど、私の絵もそれをそのままに表しているなと思います。というわけで、どういうわけか今回の人生において関わりの深かった人たちの絵など続けてご紹介しようと思います。

これはお友達。一番最初の頃の肖像画です。ほんとはとても色白なのですが、メキシコ人のようになってしまいました。
d0152550_1337279.jpg



地球人のお友達。宇宙人風に仕上がりました。
d0152550_13381987.jpg



以前お世話になった方です。セミプロの天文学者なのです。
d0152550_13385642.jpg



ロシア語コーラスの指揮者だったおじさん。最初に会ったときはお兄さんだったのですが。。。
d0152550_13394328.jpg



ロシア会館のメンバーだった方。遺影です。
d0152550_13403466.jpg



これも遺影です。ロシア語コーラスのお友達でした。
d0152550_1341827.jpg



遺影のつもりじゃなかったのに遺影になってしまった絵。ロシア会館のボスでした。
d0152550_1344332.jpg



右側の方がお亡くなりになったときに、左側の方のために描きました。どちらのロシア語コーラスのお友達で、おじいさんのほうが私にキリル文字の読み方を教えてくださいました。
d0152550_13445090.jpg



こちらはまだ生きてるお友達。
d0152550_1346333.jpg



こちらも。でも、やがてどれも遺影になるのです。100%の当たりクジと考えれば、宝くじよりずっといいですね。
d0152550_1347715.jpg



同じくまだ生きているロシア人の友達。若くて可愛かった彼も今ではすっかりおじさんです。
d0152550_13485488.jpg



お会いしたことのない方の肖像画を頼まれたことがあります。そういうのは嫌なのですが、長年の知り合いであるロシア人のおばあさんから頼まれたので、断るに断れずに描きました。でも、ぼんやりした古い写真だけを元にして描いたためか、似てないと言って極めて不評でした。
d0152550_13495781.jpg



90歳近いイギリス人のご夫妻。いつもとても可愛がってくださいます。
d0152550_13522482.jpg



縁あってしばらく一緒にいた人物と、、、
d0152550_13532417.jpg



そのお母様と、、、
d0152550_13543124.jpg



お父様。かっこいいと思うのですが、ご機嫌斜めのときでいらしたようで、息子さんには不評でした。「これは僕に説教しているときだ」とのことです。
d0152550_1355688.jpg



似てないのがはっきりと分かる作品。この方もロシア人ですが、お会いしたことはありません。でも、私はこの人に大きな敬意を持っているのです。NASAが行った取り返しのつかない愚行、ディープインパクトの事件のときに、世界中のメディアで笑いものにされたマリーナ・バイさんという方です。覚えていらっしゃいますか?
d0152550_1443085.jpg

[PR]
by ammolitering4 | 2015-04-23 14:07 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 仮の姿 第2章 >>