第4章 第6段落まで

第3段落
これらの罪深い活動を相殺するための物質的な方法はありません。痛み止めを処方することは一時的な安堵(訳注:relief、苦痛を取り除いたり軽減したりすること)を提供しますが(訳注:一時しのぎにはなりますが)、病気の根本的な原因を取り去ることはできません。

同様に、罪深い反応を相殺することを目的としたどんな物質的な努力も、究極的な安堵を提供することはできません。人は至高主に服従することによってのみ、最大の恩恵を得ます。「バークティ・ラサームリタ・スィンドゥー(献身の甘露)」は、私たちに、主への献身奉仕がどのように罪深い反応、罪深い反応の種、そしてすべての罪の根源である無明を滅ぼすかという、おびただしい(numerous)証拠を提供します。

したがって私たちは、敬虔な者は苦しみのときにただ至高主だけに寄り頼む、ということを見ます(to see、知る)。

第4段落
自分の現在の苦しみを取り除こうとする(to relieve、苦しみを取り除く、軽減する)のは、人間の主たる義務ではありません。人生における探求は、物質的な病気を全て(altogether、全く、完全に)癒すその薬---その万能薬(panacea)---を目的とします。

この病(訳注:物質的な病)は、それ自身を誕生、老い、病、そして死など、無数のあり方で顕現させます(訳注:この病は、~など様々に顕現します)。敬虔な人は聖人的な人々との関わりを探し求め、聖典に従います。そしてこのようにして彼は自分の最善の利益のために(for his greatest good)努力します。

献身奉仕の始まりは、聖典と聖人の言葉への信頼(faith)の発達です(訳注:~への信頼を育むことです)。この信頼は、心(heart)の中のすべての望ましくない(unwanted)欲望を滅ぼし、至高主のご意志(will)への人の服従を増します(to increase one's surrender、人がもっと~に服従するようにします)。

第5段落
無邪気な探求者(innocent enquirers)はジジニャース、「知識欲のある(inquisitive、知りたがる)者」として知られます。これらの無邪気な探求者たちは、未来のための社会の希望です。ほとんどの知性的で無邪気な若い子供たちは知りたがりです。

彼らは両親に多くのことについて問い、答えを覚えます。これらの賢い少年少女が自分の質問(queries、疑問)に明快に(lucidly)答えることのできる両親と教師たちから正しい導きを受け取るとき、彼らは簡単にそれぞれの要点(point)を理解し、徐々にすばらしい(fine)脳を発達させます。

これらの知性的な魂のうちから、特に敬虔な者が神と他の霊的な事柄について熱心に(keenly)問い始めます。卑しい(ignoble)物質的な知識を追求する(to pursue)他の者たちは人生において成功することができず、もみ殻を打つ結果になります(訳注:to beat the chaff、殻だけになった穀物をどんなに叩いても実は得られないことから、ここでは徒労に終わることを意味する。一般的な表現ではないように思われる)。

自己と完全真理、ブラーマンについて知りたがる者は、すばやく主クリシュナと主の献身者に服従します。そのような服従は、彼らの前世(previous births)からもたらされた深い敬虔さ(their good measure of piety、measureは程度や大きさを表す)を証明します。

ブラーマンに関する基礎的な問いかけから始まり、彼らはすばやく(swiftly)高い水準に上げられ
(to become elevated)、主が非人格的なブラーマンの源(basis、基礎、土台)であるという、バガヴァッド・ギーター(14.27)における主クリシュナの言明を理解し、主を崇拝し始めます。

第6段落
しかし、貧弱な敬虔さ(meager piety)を備えた人は(訳注:信仰心の薄い人は)、決して至高主の献身者になることができません。聖典にはこのように述べられています。

(サンスクリット引用)

「おお、王よ。ほとんど敬虔さを持たない人は、決して主ゴヴィンダ、主の慈悲、主の聖なる御名、あるいは主の純粋な献身者への(in)信頼を育むことができません。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日の一言、という副題をつけたほうがいいほどほんのちょっとずつお届けしてます。できればまた明日もほんのちょっとだけでもアップしたいと思っています。でも私のことですから漫画を読んでしまうかもしれないし、鑑定団を見てしまうかもしれません。あの番組は面白いですね。うちにも何かお宝がないかと思っても、あるわけないですね。私の全財産は軽トラック一台あれば楽々運べてしまいます。いっそのことロバが一匹いれば上等、というくらいに減らせればすっきりするかもしれませんね。

でも、クリシュナを描いて途中までで終わっているガラス絵があります。これは私の大きな財産ですよね。いつの日か、これを仕上げる心の準備はできるものでしょうか。
d0152550_1456417.jpg



ああ、そういえば明日からは一つ二つ仕事が入っています。本業である喫茶店のおばちゃんという仕事とはまた別で、冷暖房用の特殊な塗り壁のマニュアルを訳すのと、都市計画に関する市民ワークショップの書記という仕事です。葉子さん、正体見たり何でも屋、、、一句できました。
[PR]
by ammolitering4 | 2014-09-22 15:01 | 「英知による放棄」 | Comments(1)
Commented at 2014-09-26 09:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 第4章 8節まで 第3章 (たったの)第2段落まで >>