バークティ・ヨガ、永遠の愛の術 「はじめに」

Bhakti-yoga --- The Art of Eternal Love
バークティ・ヨガ、永遠の愛の術

はじめに

第1段落
愛とは、私たちが最も多く使い、最も理解していない言葉の一つです。問題は、多くの種類の愛が存在することです。異なる種類の愛を区別するための違いの一つ(One of the distinctions we can make between~)は、時間、期間―――愛がどれくらい長持ちするかということです。ある愛は2~3日もち、あるものは生涯もち、そしてあるものは永遠にもちます。ほとんどの恋人たちは後者を望みますが、徒労に終わります(in vain)。

第2段落
体の間の愛はどうしても一時的です(bound to be、避けられない)。なぜなら、恋人たちの体が一時的なものだからです。ああ、しかし、魂についてはどうでしょうか?恋人たちは永遠の霊的な世界で会って、そこで永遠の(deathless、死のない、終わりのない)愛を楽しむのではないでしょうか?

第3段落
そうかもしれません。しかし問題(question)は、「私たちはどうやって霊的な世界に辿り着くのか?」ということです。それは特別な種類の愛、個々の魂と至高の魂、神との間の愛を必要とします。実際は、どうやって神を愛するかを忘れてしまっているので、私たちは一時的で満足できない愛情関係の網にかかってしまっています。

ですから、個々の魂と至高の魂の間の霊的な愛は、最も大切な種類の愛です。それは、真に永遠な唯一の愛です。実際は、私たちが経験する他のすべての種類の愛は、個々の魂と至高の魂の間のもともとの愛情ある交換の単なる反映です。この特別の愛はサンスクリット語でバークティと呼ばれます。そして、その愛を目覚めさせるための過程はバークティ・ヨガ、永遠の愛の術(art)と呼ばれます。

第4段落
バークティには3つのものが関わります:愛する者、愛される者、そして愛情ある関係です。バークティにおいては、3つどれもが永遠です。愛する者、(すなわち)個々の魂は永遠です;そして愛される者、至高の魂は永遠です;そして愛情ある関係、バークティもまた永遠です。

第5段落
16世紀において、シュリーラ・ルーパ・ゴスヴァーミーという名前の、バークティ・ヨガにおける傑出して発達した熟達者が、その理論と実践に関する手引き(handbook)を書きました。彼はその本を「バークティ・ラサームリタ・スィンドゥー」、すなわち「神聖なる愛の蜜の海」と呼びました。

長い間、その秘密は古い(ancient)サンスクリット語に閉じ込められていました。私たちにとって幸いなことに、バークティ・ヨガの知識と技法の現代の師(master)であるA.C.バークティヴェダンタ・スワミ・プラブパーダ(広くシュリーラ・プラブパーダとして知られる)(校正:原文は閉じ括弧が抜けている)がこの本を英語に翻訳し、弟子(students)たちにその神秘(mysteries)を教え(to train、訓練する)始めました。シュリーラ・プラブパーダは訳書を「献身の甘露」と題されました。

第6段落
愛は、その物質的な顕現において、通常、場所と関わっています―――パリのような都会の春の季節、あるいは人が愛する人と歩いた浜辺などです。同じように、霊的な愛も場所と関わっています。そのような場所の中で最も高いのは、神が霊的な天空においてご自分の永遠の仲間たちと愛情ある娯楽をお楽しみになる永遠の霊的な場所の、地上の顕現である、ヴリンダーヴァンです。

ヴリンダーヴァンには多くの寺院があり、そしてその一つであるラーダー・ダーモダラ寺院は、永遠にルーパ・ゴスヴァーミーと関わっています。なぜなら、彼の身体的な体がそこで埋葬された(to be interred)からです。(サマーディーと呼ばれる)彼への小さな記念碑が、寺院の中庭の一つに建てられています。

第7段落
1965年にアメリカに来る前、シュリーラ・プラブパーダはラーダー・ダーモダラ寺院の中の静かな部屋に住み、そして自室の窓からルーパ・ゴスヴァーミーのサマーディーを見て、それから霊的な刺激を得る(to draw inspiration)ことができました。

7年後、シュリーラ・プラブパーダはラーダー・ダーモダラ寺院に戻られました。そして中庭にて、ルーパ・ゴスヴァーミーのサマーディーの近くで、弟子たちに「献身の甘露」について一連の講義をなさいました。バークティへの深い霊的な洞察に満ちたそれらの講義の一部(selection、選んだもの)は、「献身の甘露」からの抜粋と織り交ぜられ(to be interwoven)、この本の中身を形成しています。

第8段落
バークティ・ヨガ、永遠の愛の術に関するルーパ・ゴスヴァーミーの教えを、師弟継承によって現代の主要な(foremost)信者(follower)から私たちへと下りてきた姿のままに、皆さんと分かち合いたいと思います。もしも私たちがバークティ・ヨガを通して神を愛することを学ぶことができるなら、それなら私たちは他のすべてのものとすべての人を正しい方法で、私たちに最大の幸せ、最良の幸せ、永遠の愛の幸せをもたらす方法で、愛することを学ぶことができます。

編集者(複数)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
こんにちは。「はじめに」だけですけれど、ご覧ください。本文はまたそのうちにお届けします。ところで、私はこのところ現代文明との折り合いがはなはだよろしくなく、あれこれの家電は壊れる、携帯電話は壊れる、コンピューターにはなぜか変なプログラムが入ってしまってどうやっても取れない(マルウェアという迷惑なやつです)など、えらい目に遭ってます。苦労の末、今のところFireFoxの「ツール→アドオン→拡張機能」という順路を辿って「AdBlockPlus」というのをオンにしたら、だいぶおさまっています。こういうのはほんとに苦手なのですが、皆さんも妙な広告が出てきて困る事態になってしまったらお試しください。
[PR]
by ammolitering4 | 2014-03-21 05:40 | 「永遠の愛の術」 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 第1章と第2章 ジャガナータのガラス絵 >>