「知識の王」第1章 前半

ラージャ・ヴィデャー、知識の王

シュリー・グルとゴーランガにすべての栄光あれ

第1章 ラージャ・ヴィデャー:知識の王

(サンスクリット引用)

第1段落
至高主はおっしゃいました。「我が親愛なるアルジュナよ。あなたは決して私をねたまないので、私は
あなたにこの最も秘密の英知を授けます。それを知って、あなたは物質的な存在の悲惨さから解放されるでしょう。」(Bg.9.1)

第2段落
バガヴァッド・ギーターの9章の始まりの言葉は、至高神が語っているということを示しています。ここでシュリー・クリシュナはバーガヴァーンと呼ばれます。バーガは「富」を意味し、そしてヴァンは「持つ者」を意味します。私たちは何らかの神の概念を持っています。

しかし、ヴェーダ文献の中に「神」とは何を意味するかということの明確な描写と定義があり、そして、意味するものはただ一言---バーガヴァーン---という言葉で描写されます。バーガヴァーンは全ての富を持ちます。(校正:,→;)知識、富、力、美、名声そして放棄のすべてです。

これらの富を完全に備えている誰かを見出すとき、私たちは、その人は神であると知るべきです。多くの富裕な、賢明な、有名な、美しい、そして強力な人々がいますが、誰もこれらの富のすべてを持っていると主張することはできません。クリシュナだけがそれらを完全に持っていると主張します。

(サンスクリット引用)

「賢人たちは、私をすべての犠牲と禁欲の究極の目的、すべての惑星と半神の至高主、そしてすべての生命体に恩恵を施す者であり(彼らの)幸せを願う者であると知って、物質的な悲惨さの痛みから(訳注:解放されて)平和を得ます。」(Bg. 5.29)

第3段落
ここでクリシュナは、ご自分はすべての活動の享楽者であって、すべての惑星の所有者(サルヴァロカ・マヘシュヴァラム)であると宣言なさいます。ある個人は広大な土地を持っているかも知れず、そして彼は自分の所有権を非常に誇りに思うかもしれませんが、クリシュナはすべての惑星系を持っていると主張なさいます。

クリシュナはまた、すべての生命体の友(スーリダム・サルヴァ・ブーターナーム)であると主張なさいます。人が神はすべての所有者、すべての者の友、そしてすべてのものの享楽者であると理解するとき、彼は非常に穏やか(peaceful、平和的)になります。これが実際の平和のための方法です。

「私は所有者である」と考える限り、誰も平和を手に入れることはできません。誰が所有権を主張することができますか?わずか2~300年前、赤いインディアンたち(訳注:アメリカ原住民)はアメリカの所有者と思われていました。

今日では、次に私たち(訳注:白人その他のアメリカ人)がその所有権を主張していますが、400年か1,000年か後には、おそらく別の人が来て同じことを主張するでしょう。土地はここにあり、私たちはここに来て、誤って自分がその所有者だと主張します。

この偽りの所有権の哲学は、ヴェーダの命令に添ったものではありません。シュリー・イショパニシャッドは、「宇宙の中のすべての動くものと動かないものは主によって統御され、所有されている(イーシャーヴァーシャム・イダム・サルヴァム)」と述べます。

この言明の真実は事実です。しかし、幻想の下で、私たちは自分が所有者だと考えています。実際には、神がすべてを所有しています。そして、従って主は、最も豊かな方、と呼ばれます。

第4段落
もちろん、神であると主張する多くの人々がいます。例えばインドでは、いつでも、「神である」と主張する12人の人々を見つけるのに難しいことはありません。しかし、もしもあなたが彼らに、あなたはすべてのものの所有者であるか、と尋ねれば、彼らはこれに答えるのに困難を感じます。

これが、私たちが神が誰であるかを理解できるための判断基準です。神はすべてのものの所有者です。そして、そうであるため主は必ず、他の誰よりも、あるいは何よりも強力です。クリシュナがこの地上に個人的に存在しておられたとき、誰も主を征服することができませんでした。

主が一度たりとも戦いに負けたという記録はありません。主はクシャトリヤ(軍人)の家庭に属していました。そしてクシャトリヤは弱い者に保護を与えるためにあります。主の富に関して言えば、主は16,108人の妻たちと結婚しました。

すべての妻が自分の独自の別の宮殿を持っており、クリシュナは彼女らすべてを楽しむためにご自分を16,108倍に拡張なさいました。これは信じがたいことに見えるかもしれませんんが、それはシュリマッド・バーガヴァタムに述べられています。そしてインドの偉大な賢人たちはこれを聖典として認識し、クリシュナを神として認識します。

第5段落
この第9章の最初の節で、グーヤタマムという言葉によって、シュリー・クリシュナは、ご自分はアルジュナに最も内密な知識を授けていると暗示なさっています。なぜ主はこれをアルジュナに宣言なさっているのでしょうか?それは、アルジュナはアナユース---妬み深くないからです。

物質的な世界においては、もしも誰かが私たちより優れているなら、私たちは妬みます。私たちは互いを妬むばかりでなく、神をも妬みます。また、クリシュナが「私が所有者である」とおっしゃるとき、私たちはそれを信じません。しかし、アルジュナはそうではありません。

彼は妬まずにクリシュナ(の言うこと)を聞きます。アルジュナはクリシュナの揚げ足を取らず(to cavil、屁理屈をこねる、些細なことにけちをつける)、主のおっしゃることすべてに同意します。これは彼の特別の資質であり、そしてこれがバガヴァッド・ギーターを理解するための方法です。

私たちの独自の精神的な推量によって神とは何であるかを理解するのは可能ではありません。私たちは聞かねばならず、そして私たちは受け入れねばなりません。

第6段落
アルジュナは妬み深くないので、クリシュナはこの特別な知識を彼にお話しになります。これは理論的な知識であるばかりでなく、実際的な知識(ヴィジニャーナ・サヒタム)でもあります。何であれ私たちがバガヴァッド・ギーターから受け取る知識は、感傷や狂信として受け取られるべきではありません。

その知識はジニャーナとヴィジニャーナ、理論的な英知と科学的な知識です。もしも人がこの知識に精通すれば、解放は確実です。この物質世界における人生は本質的に縁起が悪く、悲惨です。モクシャは解放を意味し、約束(されているの)は、「この知識を理解することの力によって人は全ての悲惨さからの解放を得る」というものです。

それなら、クリシュナがこの知識について何をおっしゃるかを理解することが大切です。

(サンスクリット引用)

「この知識は、教育の王、すべての秘密のうちで最も秘密なものです。それは最も純粋な知識であり、それは認識によって自己の直接的な知覚を与えるため、それは宗教の完成です。それは永遠であり、喜びに満ちて行われます。」(Bg.9.2)

第7段落
バガヴァッド・ギーターによれば、最高の知識(ラージャ・ヴィデャー・ラージャ・グーヤム)はクリシュナ意識です。なぜなら、バガヴァッド・ギーターの中で私たちは、「実際に知識のある者のしるしは、彼がクリシュナに服従したということである」というのを見出すからです。

私たちが神について推量し続け、しかし服従しないならば、私たちは知識の完成に至っていないと理解されるべきです。知識の完成とは次のようなものです。

(サンスクリット引用)

「多くの誕生と死のあとで、実際に知識のある者は、私をすべての原因と存在するすべてのものの原因と知って、私に服従します。そのような偉大な魂は非常に稀です。」(Bg.7.19)

第8段落
服従しない限り、私たちは神を理解することができません。神への服従は多くの誕生を必要とするかもしれません。しかし、もしも私たちが神は偉大であるということを受け入れるなら、直ちに主に服従することが可能です。しかし、一般に物質世界において、これは私たちの立場ではありません。私たちは特質上、妬み深く、結果としてこう考えます。

「おお、なぜ私は神に服従すべきでしょうか?私は独立しています。私は独立して働きます。」したがって、この疑い(misgiving、不安、懸念)を修正する(to rectify)ために、私たちは多くの誕生の間、働かねばなりません。(訳注:「服従する必要などない」という考えを改めるために何度も生まれ変わって苦しむという経験が必要になる、ということだと思います。)

このことに関して、クリシュナの名は特に重要です。「クリシュ」は「誕生の繰り返し」を意味し、そして「ナ」は「制止する者」を意味します。私たちの誕生の繰り返しは、神によってのみ制止され得ます。誰も神のいわれなき慈悲なくしては自分の誕生と死の繰り返しを止めることができません。

第9段落
第9章の主題はラージャ・ヴィデャーです。ラージャは「王」を意味し、そしてヴィデャーは「知識」を意味します。普通の生活の中で、私たちは、ある分野ではある人が王であり、別の分野では別の人が王である、ということを見出します。

しかし、この知識は他のすべての上に君臨しており、そして他のすべての知識はそれの影響下にあるか、それと比例しています。ラージャ・グーヤムという言葉は、この君臨する知識は非常に内密であるということを示し、そしてパヴィトラムという言葉は、それは非常に純粋であるということを意味します。

この知識もまたウッタマムです。ウドは「超越する」を意味し、そしてタマは「闇」を意味し、そしてこの世界とこの世界の知識を超えるその知識はウッタマムと呼ばれます。それは光の知識であり、そして闇はそれから分離されています。

もしも人がこの知識の道を辿るなら、彼は自分が完成の道(プラテャクシャーヴァガマム・ダールミャム)でどれだけ発展したかを個人的に理解します。ススカーム・カルトゥムは、この知識は行うのがとても喜ばしく(happy)、楽しい、ということを示します。

そしてアヴャヤムは、この知識は永遠である、ということを示します。私たちはこの物質世界において教育あるいは富のために働くかもしれませんが、しかしこれらのものはアヴャヤムではありません。この体が終われば直ちに他のすべてもまた終わります。

死とともに、私たちの教育、高度な学位、銀行の残高、家族---すべて---が、皆、終わります。何であれ私たちがこの物質世界において行っていることのすべては、永遠ではありません。しかし、この知識はそのようなものではありません。

(サンスクリット引用)

「この努力において、損失や減少はありません。そして、この道における少しの発達は、人を最も危険な種類の恐れから守ります。」(Bg.2.40)

第10段落
クリシュナ意識における知識は非常に完璧なので、もしも人がクリシュナ意識で仕事を行い、それでも完成に至らないなら、次の生において彼は、どこであれ止めたところから始めます。言い換えると、クリシュナ意識において行われた活動は恒久的です。

他方、物質的な達成は体に関わるので、死のときに消えます。体の区分に関する知識は永続しません。私は、自分は男である、あるいは女である、アメリカ人あるいはインド人、キリスト教徒あるいはヒンズー教徒---と考えています。これらはすべて体に関する区分です。

そして体が終わるとき、それらもまた終わります。私たちは実際は霊です。そしてそのため、私たちの霊的な活動は、どこであれ私たちが行くところに私たちと共に行きます。

第11段落
シュリー・クリシュナは、この知識の王もまた幸せに行われる、と示します。私たちは、クリシュナ意識における活動は楽しくなされるのである、と、簡単に見ることができます。唱名すること、踊ること、プラサーダ(クリシュナに捧げられた食べ物)を食べること、そしてバガヴァッド・ギーターを論じること、があります。

これらが主な課程です。非常に長い間、非常にまっすぐにして座らなければならない、あるいは非常に多くの体操をしなければならない、あるいは息を統御しなければならない、などの厳格な規則や規律はありません。いいえ。過程は非常に簡単に、そして幸せになされます。

誰もが踊りたがり、歌いたがり、食べたがり、真理を聞きたがります。この過程は本当にススカーム---非常に幸せです。
[PR]
by ammolitering4 | 2012-03-04 19:25 | 「知識の王」 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 第1章 後半 怨念の旗 >>